2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLESURE PLESURE

2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE

【Rihwa ライヴレポート】
『Rihwa's Tour 2018
"WILD INSIDE"』
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL
SHIBUYA PLESURE PLESURE

2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
2018年12月5日 at Mt.RAINIER HALL  SHIBUYA PLESURE PLESURE
 シングル「MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~ / Sun Comes Up」、アルバム『WILD INSIDE』をリリースしたあと、大阪・東京・札幌で行なわれた『Rihwa's Tour 2018 "WILD INSIDE"』。観客の心を温かく解き放った東京公演初日の模様をレポートする。

 大きな拍手で迎えられて登場したRihwaが、アコースティックギターを弾いて歌い始めた1曲目は「Finally」。サポートメンバーが奏でるバンジョー、ベースに彩られながら雄大に響き渡った歌声は、カントリーミュージックへの愛を核にしつつ独自の表現を追求した最新アルバム『WILD INSIDE』の魅力を改めて実感させてくれた。

 その後も多彩なナンバーを実に楽しそうに披露し続けたRihwa。彼女自身を含むバンドの編成は、2本のギターとベースを基本とした最小限だが、豊かな質感に満ちた世界を生み出していた。最初はどこか照れくさそうにしていた観客も、いつの間にか自ずと手拍子をしたり、ともに歌ったりし始めていた風景は、“あるがままの自分の解放=WILD INSIDE”を、まさしく体現したものであった。”ありのままのあなた以上に素晴らしいものはないんです。最後に一緒に歌って最高に美しい景色を作りませんか?”と彼女が観客に呼びかけて、本編ラストに届けられた「MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~」は、あの場にいたすべての人を優しく包んでいた。

 アンコールでは、まだサビしかできていないのだという新曲「一秒」が弾き語りで披露されたあと、再び3ピース編成となって届けられた曲は「フレ!」と「CHANGE」。明るい笑顔を浮かべながら彼女がステージをあとにした時、何とも言えず穏やかな昂揚感が会場全体に漂っていた。このライヴで心を解き放った体験は、ひとりひとりの観客にとっての大きな活力に繋がったのではないだろうか。

撮影:Yuuki Harada/取材:田中 大


セットリスト

  1. 1.Finally
  2. 2.Hidey-Ho!!
  3. 3.WILD INSIDE
  4. 4.Sun Comes Up
  5. 5.Swing Swing♪
  6. 6.Shooting Star
  7. 7.Wedding Day
  8. 8.Too Late To Change My Mind
  9. 9.Last Love
  10. 10.ミチシルベ
  11. 11.PutYourGunDown
  12. 12.Sky Rocket
  13. 13.Snowing Day
  14. 14.Having a Good Time
  15. 15.MY LIFE IS BEAUTIFUL 〜1パイントの勇気〜
  16. <ENCORE>
  17. 1.フレ!
  18. 2.CHANGE
Rihwa プロフィール

リファ:北海道・札幌出身のシンガーソングライター。中学卒業後に単身カナダに留学、滞在中に音楽に目覚める。帰国後、北海道内を中心にライヴ活動を開始。2012年7月TOY’S FACTORYよりメジャーデビュー。14年ドラマ主題歌「春風」がiTunes5週連続1位、各年間総合チャートでも上位を獲得しロングヒット。17年7月にはデビュー5周年を迎え、記念アルバム『Rihwa The Singles』、続けて映画『ユリゴコロ』主題歌「ミチシルベ」をリリース。一度聴いたら忘れられない透明感のある伸びやかで明るい歌声と太陽のような笑顔が魅力。Rihwa オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着