USEN「純烈のドラマチック歌謡」3度
目の公開収録、紅白出場の鏡開きなど
お祝いムード

有線音楽放送USEN C-42チャンネル「元気はつらつ歌謡曲」にて放送中の番組「演歌男子。+純烈のドラマチック歌謡」公開収録イベント<~純烈の歌舞伎町で逢いましょう~>が12月7日、東京・新宿ロフトプラスワンで開催された。

「演歌男子。+純烈のドラマチック歌謡」公開収録は、2017年の7月、11月に続いて3回目となる。この日は12月と2019年1月に放送される2回分を収録。サブカルチャー関連のトークイベントでおなじみの会場、新宿ロフトプラスワンは、抽選で選ばれた150名の純烈ファンで満員となった。
小田井涼平
後上翔太
酒井一圭
白川裕二郎
友井雄亮
2018年で結成から9年目を迎える純烈は、10月に新曲「プロポーズ」がゴールドディスクに認定され、11月には、「NHK紅白歌合戦」の初出場が決定。メンバー達がステージに登場すると、客席から「紅白出場おめでとう!」という熱いコールが起こった。オープニングのトークでは、リーダーの酒井一圭が、以前、新宿ロフトプラスワンで働いていたことを明かした。純烈結成当時もお店の鍵を持っており、メンバー達と歌とダンスの朝練に使っていたという話も感慨深い。
12月放送分の収録は、「紅白歌合戦への今の思い、本番に向けて始めたこと」や、「純烈 紅白企画会議」と称して、各々が紅白歌合戦の舞台でやってみたいことなどを語った。途中、友井雄亮がマイクを持って客席に降り、ファンのアイデアを聞くというコーナーも公開収録ならでは。その後、12月11日に誕生日を迎える白川裕二郎を祝い、皆で「ハッピーバースデートゥーユー」を歌うとケーキが登場。会場は温かいムードに包まれた。
1月放送分の収録は、「お正月の思い出」というテーマでスタート。酒井、白川らがコマ回しをする貴重な姿も見せた。「純烈カルタを作ろう」というコーナーでは、いのしし年にちなんで、各々が「い」「の」「し」「し」で始まる言葉を色紙に書いて発表。純烈らしいセンスが光る秀逸な出来栄えに、爆笑が起こった。その後のゲーム「叩いてかぶってじゃんけんポン」という勝負では、ファンに優勝者を予想をしてもらい、正解した人にプレゼント(純烈かるたの色紙)が渡された。
公開収録後は、紅白歌合戦初出場を記念しての鏡開きと歌のコーナーとなり、「今夜はドラマチック」、「プロポーズ」が披露された。番組の放送は12月17日~31日、1月1日~13日の予定。公開収録イベントの詳細レポートは年始に公開予定です。

関連リンク

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト