PUFFY、『ちびまる子ちゃん』ED曲「
すすめナンセンス」待望のフル尺配信

PUFFY(大貫亜美・吉村由美)が、フジテレビ系列テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』エンディング主題歌「すすめナンセンス」のデジタル配信を各音楽配信サイトにてスタートさせた。

◆「すすめナンセンス」デジタル配信用 サムネイル

この「すすめナンセンス」は、昨年2017年10月より現在もテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』エンディング主題歌として使用されており、音源リリースが待ち望まれていた。テレビでは90秒のテレビバージョンがオンエアされているが、今回はフルサイズで配信される。ちびまる子ちゃんの主題歌として老若男女誰からも愛される「おどるポンポコリン」と同じく、作詞を「ちびまる子ちゃん」の原作者で、惜しくも8月に逝去したさくらももこ、作曲を織田哲郎が担当。今回のフルサイズ配信にて、テレビバージョンには含まれない、さくらももこのコミカルかつナンセンスワールド全開の2番、3番の歌詞を聴くことが出来る。

「すすめナンセンス」デジタル配信用のサムネイル画像は、まる子とPUFFYの亜美、由美が手をつなぎ、3人からの吹き出しに「ずっとも」と書き込まれたイラストを配したデザインだ。このイラストは、大貫亜美の自筆によるもので、PUFFYのちびまる子ちゃんへの思いがこもった作品となっている。
この配信に併せて、PUFFYのスペシャルなライブも発表された。1998年に発売され153万枚を売り上げたPUFFY最大のヒットアルバム『JET CD』の収録曲を全曲披露する再現ライブを、同作の発売20周年を記念し開催する。このライブは10月に熊本で開催されたライブ<J:COM×SPACE SHOWER TV PUFFY Precious Live in 熊本>にて『JET CD』を再現するセットリストを披露したところ、各所からの大反響があり、東京でも実現することとなった。今回は<祝!『JET CD』発売20周年記念! 『JET CD』 再現ライブ~アミラとユミラの逆襲~>と銘打ち、2019年02月10日(日)、11日(月・祝)の2日間にわたり東京グローブ座にておこなわれる。

同ライブのオフィシャルホームページ先行受付が、12月15日(土)よりPUFFYオフィシャルホームページでスタートする。またオフィシャル・ファンクラブ“デジタルアセス”ではオフィシャルサイト先行より一足先の12月8日(土)より特別先行受付を実施(これからの入会でも先行応募受付対象)。詳しくはPUFFYオフィシャルホームページをチェックして欲しい。

■配信「すすめナンセンス」

アーティスト:PUFFY
作詞:さくらももこ
作曲:織田 哲郎

配信URL
https://puffy.lnk.to/snPu

※フジテレビ系列テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」エンディング主題歌
『ちびまる子ちゃん』
毎週日曜日 夕方6時~ フジテレビ(FNS)28局ネットにて放送中
番組ホームページ http://chibimaru.tv/

■<祝!「JET CD」発売20周年記念!
「JET CD」 再現ライブ~アミラとユミ
ラの逆襲~>

2019年02月10日(日) 開場17:00/開演18:00
2019年02月11日(月・祝) 開場16:00/開演17:00
会場:東京グローブ座

チケット料金:全席指定¥5,940(税込)
一般チケット発売日:2018年12月22日(土)
ファンクラブ先行予約受付:12月08日(土)12:00~12月13日(木)23:59
オフィシャルホームページ先行受付:12月15日(土)12:00~12月19日(水)23:59
問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着