【インタビュー】DAIGO、カバーアル
バム完成「僕の中で“Beingサウンド
”は大きい」

DAIGOが12月5日、ZARDT-BOLAN、WANDS、大黒摩季DEEN、REV、ZYYG、FIELD OF VIEW倉木麻衣らの1990年代の大ヒット曲や名曲をカバーしたアルバム『Deing』をリリースする。収録されているのはDAIGO自身が中学生のときに夢中になって聴いていた曲やカラオケで歌っていたフェバリットソングばかり。なお、本作の制作指揮をとったのはDAIGOがBeingに所属する転機を作ったキーパーソンであり、1090年代にミリオンヒットを次々と世に送り込んだBeingの創設者にして敏腕プロデューサーである長戸大幸氏だ。
アルバムにはオリジナル曲のアーティストである森友嵐士(T-BOLAN)、大黒摩季、池森秀一(DEEN)がゲスト参加し、DAIGOとのデュエットを披露。WANDSのヒット曲「もっと強く抱きしめたなら」のミュージックビデオを同曲オリジナルミュージックビデオと同じロケ地で撮影したり、ジャケット写真でZARDやT-BOLANを意識するなど、アートワークもふくめてDAIGOの“Being愛”が溢れ出す仕上がりとなった。

音楽に目覚めた少年時代の思い出を振り返りつつ、40歳になったDAIGOと設立40周年を迎えたBeingの全面協力によって再構築された全11曲にまつわる想い、制作中の裏エピソードなど、たっぷり話を聞いた。

   ◆   ◆   ◆

■普遍的なメロディだから
■今聴いても全然色褪せない

──Beingから発信されたヒット曲の数々を収録した初のカバーアルバム『Deing』は、DAIGOさんからの提案で実現したものなんですよね?

DAIGO:そうですね。Beingが1990年代にリリースしたヒットソングや名曲たちを僕はリアルタイムで聴いていた世代なんです。カラオケでも歌っていた大好きな曲たちばかり。そんな背景がありつつ、BREAKERZとしてBeingに所属して10年が経って、いつか大先輩たちの曲をカバーしたいなという想いがあったので、出すならタイミングが大事だなとは思っていたんです。

──前から構想はあったわけですね。

DAIGO:はい。ソロデビュー15周年記念ライブ(※2018年7月21日@中野サンプラザ<DAIGO VS DAIGO☆STARDUST>)にはスペシャルゲストとしてT-BOLANの森友嵐士さん、大黒摩季さん、倉木麻衣さんが出演してくださったんです。大先輩に助けていただいて、共演することでより関係性が深まったなという感覚があったのも大きかったですね。さらに今年はBeingが会社創立40周年で僕も40歳になって、このタイミングしかないんじゃないかと。運命なんじゃないかと思うぐらいのリンクの仕方だったので、15周年ライブが終わってからBeingの社長に「“Deing”というタイトルでカバーアルバムを出したいんです」って直電したんです。

──DAIGOだから“Deing”って。タイトルまで決めていたんですか?

DAIGO:そうなんですよ。すごくいいんじゃないかなって。そしたら「じゃあ、カバーする曲を決めよう」っていう話になり。
▲『Deing』初回盤A

──先ほど「中学生のときに大好きで聴いていた」というお話が出ましたが、当時の思い出というと?

DAIGO:確か当時、カラオケボックスが世の中に流行り出したんですよ。それ以前はカラオケというと夜のイメージ。大人が行くスナックとかに置いてあることが多かったと思うんです。

──お酒を飲みながら、他のお客さんの居る前で歌う形ですよね。それが、カラオケボックスとかカラオケルームが出始めて、友達や家族だけで楽しめるようになった。

DAIGO:そうです、そうです。その時代からポピュラーなものになっていたので、CDシングルのカップリングにカラオケ音源が収録されるのが主流の時代だったじゃないですか。僕も家でカラオケバージョンを流しながら歌って練習していたし。WANDSさんを好きになったキッカケが今作に収録されている「もっと強く抱きしめたなら」(1992年発表)で、その直後に中山美穂さんとデュエットした「世界中の誰よりきっと」(1992年発表)が大ヒットしましたよね。WANDSさんの初期のアルバムもめちゃくちゃ聴いていましたよ。それからT-BOLANさんやZARDさんを好きになって。もちろんCDも持っていたんですけど、仮に持っていなかったとしても、テレビとかラジオや街でいつも流れているから、自然と耳に入ってきて歌えちゃう時代でしたよね。

──DAIGOさんがバンドに目覚める前というか、デヴィッド・ボウイなどの洋楽を聴く前のことですよね?

DAIGO:そうですね。ロックを好きになったのは氷室京介さんだったり、BOOWYだったりするんですけれど、音楽に興味を持ったという意味では、僕の中でBeingサウンドが大きいですね。

──DAIGOさんの少年期のいろいろな思い出が、今回のカバーアルバムには詰まりまくっているわけですね。

DAIGO:ええ。よく聴いていたので、各アーティストの方で1枚のカバーアルバムが作れてしまうぐらい。名曲や代表曲が多すぎるので、1曲ずつにしようって。WANDSさんは2曲ですけど、単体のバンド名義は1曲なので。
──ミュージックビデオについてもお聞きしたいのですが、WANDSのカバー「もっと強く抱きしめたなら」はオリジナル映像とまったく同じ場所で撮影していますね。

DAIGO:ええ。今回は“This is Being”を全体テーマに制作したかったのでオマージュです。どうせなら同じ場所で撮影したいって。ただ撮影スケジュールが1日しかとれなかったんです。当日の天気予報は雨だったんですが、“なんか、できる気がする”という予感があって、結果撮影の日は雨が降ったり止んだりしていたんですが、運良く同じ幕張の公園で撮影することができました。

──メンバーの立ち位置も同じですもんね。

DAIGO:そう。キーボード、ギター、ボーカルの3人編成で。

──DAIGOさんバージョンとオリジナルのWANDSのミュージックビデオを見比べると、スカイツリーが映っていたりと東京湾岸の変遷も楽しめます。

DAIGO:そうですね。25〜26年経ってますからね。でも、変わらない公園の緑の中で歌えるのは嬉しかったですね。ジャケット写真も当時のオマージュなんですよ。“Being角度”という微妙な顔の角度や表情があって、試行錯誤しながら撮影しました。

──今年夏にリリースした、GLAYTAKUROさんが作詞作曲を手がけたソロシングル「真夏の残響 / 今夜、ノスタルジアで」では、大人なDAIGOさんが引き出されていたし、今作の布石だったのかなとも思いました。

DAIGO:40歳という2度目の成人式を迎えて、自分自身、模索している部分はありますね。自分が作詞にも作曲にも携わっていない曲をどう歌いあげることができるのかなとか。今回のカバーアルバムもその一環ではあると思います。

──12月15日からスタートするツアー<DAIGOソロデビュー15周年記念ライブツアー“Deing”>はこのアルバムが中心となるんですよね。ゲストの方の出演も?

DAIGO:みなさん年末はお忙しいので、そこはわからないですが。いつもと違う雰囲気のライブになると思いますし、この名曲たちをしっかり届けたいですね。僕のことを応援してくれる方々はもちろん、1990年代のBeingサウンドが大好きな方にもぜひ遊びに来ていただきたいです。何より僕がシンプルに歌いたいと思って作ったアルバムだから、そこは中学時代の“この曲をカラオケで歌いたい!”という想いに近いものがあるんですよ。ライブも楽しみたいですよね。

──最後に、2018年はDAIGOソロ15周年をはじめ、BREAKERZとしても大忙しの1年でしたが、2019年はどんな年にしたいですか?

DAIGO:大先輩たちの名曲を歌わせていただいて、いざ歌ってみたら“こういう譜割りだったんだ”と思ったり、自分の解釈がオリジナルと違っていたり、ホントに勉強になったんです。僕自身、いちミュージシャンとして時代に関係なく、いつ聴いても色褪せない名曲をいつか作りたい。そのために頑張っていきたいとあらためて思っています。

取材・文◎山本弘子
■Beingカバーアルバム『Deing』

2018年12月5日(水)リリース

▲初回限定盤A


【初回限定盤A (CD+DVD)】ZACL-9107 3500円(税込)
特典DVD:「もっと強く抱きしめたなら」Music Clip+Music Clip Off Shot

▲初回限定盤B


【初回限定盤B (CD+DVD)】ZACL-9108 4300円(税込)
特典DVD:ソロデビュー15周年記念ライブ<DAIGO VS DAIGO☆STARDUST>LIVE SELECT
・「ら・ら・ら」 Being Special Guest:大黒摩季
・「Secret of my heart」Being Special Guest:倉木麻衣
・「離したくはない」Being Special Guest:森友嵐士 (T-BOLAN)

▲通常盤


【通常盤 (CD ONLY)】ZACL-9109 2700円 (税込)
封入特典:通常盤初回生産分のみ「DAIGOカード(全4種の内ランダムで1枚封入)」
▼CD収録曲 (※全形態共通)
1.世界中の誰よりきっと
2.もっと強く抱きしめたなら
3.突然
4.永遠
5.離したくはない Guest Vocal 森友嵐士(T-BOLAN)
6.君が欲しくてたまらない
7.あなただけ見つめてる Guest Vocal 大黒摩季
8.甘い Kiss Kiss
9.このまま君だけを奪い去りたい Guest Vocal 池森秀一(DEEN)
10.Secret of my heart
11.果てしない夢を 森友嵐士(T-BOLAN), 大黒摩季, 池森秀一(DEEN) &DAIGO

▼「もっと強く抱きしめたなら」「このまま君だけを奪い去りたい」音源先行配信
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1441097912?app=itunes&ls=1
https://itunes.apple.com/jp/album/id1441098443?app=itunes&ls=1
・mora https://mora.jp/artist/346238/
・レコチョク http://recochoku.jp/album/A1011033952/
・BEING GIZA STUDIO https://sp.being.co.jp/music/daigo/ZACL-9109


■<DAIGO ソロデビュー15周年記念ライブツアー>

12月15日(土) 大阪・バナナホール
12月16日(日) 愛知・名古屋ReNY limited
12月24日(月・祝) 東京・神田明神ホール

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。