JUJUのプレミアムライブに久保田利伸
がサプライズ出演、コラボ曲「Engli
shman In New York」をライブ初披露

12月3日(月)に東京・丸の内 コットンクラブにて開催されたJUJUのプレミアムライブに久保田利伸がサプライズ出演し、二人のコラボ楽曲「Englishman In New York (Duet with 久保田利伸) 」をライブ初披露した。
このライブは、JUJUの大ヒットJAZZ ALBUM『DELICIOUS』シリーズ最新作『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』(12月5日発売)のリリースを記念して開催されたもの。
JUJU 撮影=塚田亮平
JUJU 撮影=塚田亮平
今作の裏テーマは、JUJUの第二の故郷とも言える“New York”という事で、ライブは「New York New York」からスタート。MCでJUJUは「今回のアルバムは、私のNew York日記みたいな内容になっています。私がNew Yorkに行って、どんな生活をしていたのか、どんな想いを胸に秘めて、どんな気持ちだったのか思い浮かべながら、このアルバムを楽しんで頂けたら嬉しいです」と語った。
久保田利伸、JUJU 撮影=塚田亮平
久保田利伸 撮影=塚田亮平
そして、ライブ終盤では、リリースを祝し、サプライズゲストとして久保田利伸が登場すると会場はどよめき、割れんばかりの歓声で出迎えた。
共にNew York在住経験があり、実はその時から親交のあった2人。「出会ったのはNew York、遊び仲間も一緒だった」と2人は当時の事を楽しそうに語り、
JUJU「それを経て、今日兄さんとこうしてご一緒させてもらえていること、本当に嬉しいです。スティングのこの曲が子供の頃から大好きでした。ぜひこの曲を兄さんと唄いたくて、コットンクラブにまで来てくださって、ありがとうございます!」
久保田「この曲を一緒に唄えて本当に良かったです」
とNew Yorkでの運命的な出会いから、「Englishman In New York (Duet with 久保田利伸) 」が完成したことへの想いを熱く語り、ステージにて生歌初披露となった。
久保田利伸、JUJU 撮影=塚田亮平
更にもう一曲と、JUJUからのリクエストで久保田利伸の「Indigo Waltz」をデュエットし、スペシャルコラボレーションは幕を閉じた。会場には180名のファンが集まり『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』収録曲をメインに計9曲を堪能。豪華サプライズあり、興奮に包まれた一夜となった。
なお、この『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』を携えたブルーノート公演も発表されている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。