「臼井孝のヒット曲探検隊
~アーティスト別 ベストヒット20」
ストイックな姿勢を貫き続ける
B'zのヒットを探る

CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、第5回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

平成の音楽シーンを牽引した
トップセールスのアーティスト

B’zはまぎれもなく平成の音楽シーンを牽引してきたトップクラスのアーティストと言えるだろう。特にそのCDセールスは、シングル約3600万枚、アルバム約4700万枚で合計約8300万枚(2018年末現在、いずれもオリコン調べ)とアーティスト別でダントツで、2017年のシングル「声明/Still Alive」までオリコン49作連続1位を継続中 いくつかの作品で、諸事情から発売日を変更したものや、2週目に急遽購入特典が付けられたものも見られたが、そういった施策が奏功することも含め、“持っている”アーティストだと思う。

B'z 25th Anniversary DIGEST 1988-2013

また、『LIVE-GYM』と称する彼らのLIVEも大人気で、大規模なドームツアーやスタジアムLIVE、さらには離島など遠隔地のホールから海外ツアーまで、その開催地や開催規模も多種多様で、しかも空中落下やバイクでのフライング、遂にはクルマの爆破までド派手な演出をやってしまうなど、まさにLIVEに命を賭けているとも言える。B’zと同じく国民的アーティストであるサザンオールスターズやDREAMS COME TRUEのLIVEは、どこかピースフルな雰囲気を醸し出しているが、B’zの場合は自分の限界と闘いながらパフォーマンスをしていて、どこかアスリートに似た雰囲気が漂う。デビュー30年を超えてもなお、そのストイックな姿勢が貫かれているのも人気の秘訣なのだろう。もちろん、それでいてパワフルなハイトーンの歌声を維持する稲葉浩志や、印象的なギターフレーズを奏でる松本孝弘の実力あってのことだ。

ミリオンはシングル15作に
アルバム19作、
ゴールドディスク大賞を何度も受賞

そんなB’zのデビューからの流れをざっくりと振り返ってみよう。B’zはボーカル・稲葉浩志(1964年生まれ)とギターの松本孝弘(1961年生まれ)によるユニットで、1988年にシングル「だからその手を離して」とアルバム『B’z』で同時デビュー。

89年に発売したミニアルバム『BAD COMMUNICATION』がロングヒットし、翌年の3rdアルバム『BREAK THROUGH』が初のオリコンTOP10入りを果たし、その勢いに乗ってカメリアダイヤモンドCMソングとなった同年のシングル5作目「太陽のKomachi Angel」が初のオリコン1位を獲得。以降は、シングルが49作連続1位、うち15作がミリオンセラー、アルバムも2017年のオリジナル『DINOSAUR』まで28作で1位、19作がミリオンセラーとなっている。また、そうしたメガヒットを連続したことで、事務所のしがらみなく、純粋な音楽セールスから決定される日本ゴールドディスク大賞では1991年から2014年にかけて大半の年で、ヒット作品またはヒット・アーティストとに選ばれている。

49作目のシングル1位となったB'z / 声明

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。