「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」
決勝大会進出メンバーが決定!1位岡
田奈々、次いで小田えりな、立仙愛理

AKB48国内6グループの中でもっとも魅力的な歌い手を決定する新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」。 予選の模様が11月30日(金)、 12月1日(土)にTBSチャンネル1で生放送され、 AKB48岡田奈々ら全21人が決勝大会への切符を手にした。

今大会に立候補したメンバー155人による予選では、 事前に収録した生ピアノ伴奏による歌唱VTRを音楽家3人が見て採点。その結果、 DREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」を圧倒的な表現力で歌い切ったAKB48・STU48兼任の岡田奈々が予選をトップで通過。

2位以降も僅差でAKB48小田えりな、 AKB48立仙愛理らがランクイン。3人を含める得点上位15人と、審査員特別枠として選ばれたNMB48明石奈津子ら6人、合計21人が決勝大会へ駒を進めた。

予選の審査を務めたのはAKB48グループの楽曲も数多く手がけている作曲家・井上ヨシマサ。 幅広いジャンルのアーティストをプロデュースするミュージシャン・十川ともじ。 ゴスペラーズのツアーメンバーなどを務めるキーボーディスト・佐藤雄大。3人とも「ハイレベルだった」と口を揃え、 決勝大会に期待を込めた。

「歌の中の詞 、想いを届けられる表現
者を目指して頑張ります」

1位の岡田奈々は自身のSNSで「予選1位通過ありがとうございます … ! ! ! ! !歌の中の詞 、想いを届けられる表現者を目指して頑張ります」とコメント。

決勝当日には舞台出演と重なっている2位の小田えりなは自身のSNSで「2位でしたね!びっくりです…自分的には普通すぎたのでまさかでした。決勝では歌えないと思うけど、ここからまた改めて頑張っていきたいと思います」とコメント。

チーム8に加入して1年も経っていない、まさにダークホース的存在の立仙愛理。自身のSNSで「2位通過。ありがとうございます。びっくりしています。番組が終わり次第、ショールーム配信をするのでこの気持ち、言葉にして伝えたいので良かったら見に来てください!本当にありがとうございます!」とコメントしていた。

<予選結果>

順位:名前(グループ名)/予選歌唱曲
1位:岡田奈々(AKB48、 STU48)/「やさしいキスをして」DREAMS COME TRUE
2位:小田えりな(AKB48チーム8)/「手紙~拝啓 十五の君へ~」アンジェラ・アキ
2位:立仙愛理(AKB48チーム8)/「愛をこめて花束を」Superfly
4位:坂本愛玲菜(HKT48)/「渡良瀬橋」森高千里
5位:矢野帆夏(STU48)/「君って」西野カナ
6位:山崎亜美瑠(NMB48)/「瞳」大原櫻子
7位:武田智加(HKT48)/「愛のうた」倖田來未
8位:野島樺乃(SKE48)/「いい日旅立ち」山口百恵
8位:山内鈴蘭(SKE48)/「KissHug」aiko
8位:豊永阿紀(HKT48)/「いい日旅立ち」山口百恵
11位:横山結衣(AKB48チーム8)/「Flavor Of Life」宇多田ヒカル
11位:歌田初夏(AKB48チーム8)/「渡良瀬橋」森高千里
11位:神志那結衣(HKT48)/「プラネタリウム」大塚愛
14位:高柳明音(SKE48)/「好きになって、 よかった」加藤いづみ
14位:秋吉優花(HKT48)/「愛を込めて花束を」Superfly

審査員推薦枠(6人):明石奈津子(NMB48)、門脇実優菜(STU48)、大竹ひとみ(AKB48)、矢作萌夏(AKB48)、白雪希明(SKE48)、白間美瑠(NMB48)

優勝者にはオリジナルソロ曲

決勝は来年1月11日(金)に東京・TBS赤坂ACTシアターにて開催。フルバンドの演奏をバックにその歌声を披露。

優勝者には秋元康プロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られるとあって、予選以上の熱い戦いが期待される。 歌の力で大きなチャンスを手にするのはいったい誰なのか。TBSチャンネル1では決勝大会の模様を完全生中継。

<放送情報>
放送チャンネル:CS放送TBSチャンネル1
【決勝】2019年1月11日(金)午後6時30分~(予定)
予選1位通過の岡田奈々(中央)、 2位通過のAKB48小田えりな(左)、 3位通過のAKB48立仙愛理(右)

予選1位通過の岡田奈々(中央)、 2位通過のAKB48小田えりな(左)、 3位通過のAKB48立仙愛理(右)

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。