映画『東京喰種2(仮)』窪田正孝主演
で続編、人気キャラ"月山習"に松田翔

映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』が、2019年夏に全国公開される。主演は前作に引き続き窪田正孝、新キャストには松田翔太。
原作「東京喰種 トーキョーグール」は、全世界累計発行部数3700万部を誇る人気コミックス。人を喰らう怪人"喰種(グール)"がのさばる東京を舞台に、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフになってしまった主人公・金木研(カネキ ケン)と、喫茶店「あんていく」に集う喰種たちの葛藤、さらに喰種と人間の対立・共存を描いた作品。
2017年7月に公開された実写映画『東京喰種 トーキョーグール』は、世界29カ国で公開され、人気を博した。本作はその続編となる。
人間と喰種のハーフとなってしまった金木は、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、喰種たちの駆け込み寺である喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらとともに生活をしている。そんな中「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習が「あんていく」を訪れる。月山は金木の特殊な「におい」に異常な興味をもち、彼を「グールレストラン」に誘い出すが・・・
前作に続き主人公の金木研を演じるのは、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』や、映画『犬猿』など数多くの作品に出演している人気若手俳優の窪田正孝。前作では人間でありながら喰種の能力を開花させてしまうという難しい役どころを見事に演じ、世界中の原作ファンから絶賛された。
また、原作において圧倒的な人気を誇るキャラクター・月山習(ツキヤマ シュウ)が本作で初登場となる。月山を演じるのは、その独特の雰囲気と存在感で人気を博す松田翔太。金木に異様な執着を見せる"狂気の美食家喰種"をどのように演じるのか期待が高まる。
さらにヒロインの霧嶋菫香(キリシマ トーカ)には、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』などに出演した人気急上昇中の若手女優・山本舞香。本作で披露されるトーカのアクションシーンにも注目したい。
主人公・カネキが通う大学の先輩にして、喰種の西尾錦(ニシオ ニシキ)役には、前作に引き続き、白石隼也の続投が決定。前作を受けて「ニシキ死んじゃったね」と映画を観た人から言われたと話す白石は、「何とか生還することが出来ました。彼は不死身なのです。続・東京喰種ではなく新・東京喰種をお楽しみに。」と、新作に対して意気込みを語っている。
続編では、最愛の恋人・貴未を守るために月山に立ち向かい、カネキとも共闘する西尾錦の姿が描かれる。人間と喰種の間に芽生えた愛情に揺れるという役どころで、ロマンス溢れるシーンにも挑戦する予定だ。
また、主人公カネキの親友ヒデこと永近英良役も、「超特急」のカイこと小笠原海が続投する。カネキが唯一心を許せる貴重な存在のヒデは、カネキとは正反対の明るい性格で、原作でも人気の高いキャラクター。続編で再びヒデ役を演じることについて小笠原は、「心から幸せな時間」とコメントした。
食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。
映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』
公開日:2019年夏全国公開
原作:石田スイ 東京喰種トーキョーグール」(集英社「ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝、松田翔太、山本舞香
配給:松竹

アーティスト