L→R たく(Ba)、ikoma(Gu&Cho)、PON(Vo&Gu)、LOVE大石(Dr)

L→R たく(Ba)、ikoma(Gu&Cho)、PON(Vo&Gu)、LOVE大石(Dr)

【ラックライフ インタビュー】
あなたの心に刺さって
抜けない歌を歌いたい

TVアニメ『ツルネ –風舞高校弓道部–』のOP主題歌となっているニューシングル「Naru」は、ラックライフの王道と言えるロックナンバー。曲を作るにあたってアニメの内容と自分たちがリンクしたとPON(Vo&Gu)が語る、そのこころとは?

「Naru」は高校弓道部の青春模様を描いたTVアニメの主題歌ですが、歌い出しの《放て胸の深くまで 刺さって抜けない音になれ》という歌詞を聴いて、パッとイメージが浮かんだんじゃないかって想像したのですが。

弓道のアニメって言われた時、ラックライフのことを歌うしかないと思いましたね。ライヴでいつも“あなたの心に刺さって抜けない歌を歌いに来ました”って自己紹介してるんですよ。だから、実は監督と打ち合わせさせてもらった時にはほぼできていて、このままいけたら最高だなって思いながら話を聞いてたら、“疾走感があって”とか“風が吹いているイメージで”って。これはもうぴったりだと(笑)。でも、自分たちがずっとステージで言い続けてきたことを改めて歌にするのは結構勇気がいりましたね。

勇気がいったというのは?

ポリシーとして掲げていたものを歌にして、その歌が良くなかったら“今まで掲げていたものって何やったんや?”ってなっちゃうじゃないですか。だから、それがちゃんとかたちになって良かったというか、安心したというか。

では、良い曲になったと。

手応えはめちゃめちゃあります。今回も本間昭光さんにサウンドプロデューサーとして入ってもらったんですけど、前アルバム『Dear days』の「走って」を一緒に作った時は本間さんに主導権を握っていただいて、いろいろ提案をしてもらったんです。でも、今回は“こういうイメージでいきたいんです”って僕らが主導権を握って、それに対して本間さんが“だったらこうしてみよう”って、前回とは違ったバランスでできたのが良かったですね。どういうふうにやったらいいか分からなかったことをかたちにしてもらえたんです。

中には表題曲だけを聴ければいいという人もいるのかもしれませんが、今回は特に「Naru」だけではなく、カップリングの2曲もちゃんと聴いてほしいと思いました。

ほんと、そうなんですよ。ラックライフのカップリングをナメるなよって思います(笑)。

特に2曲目の「棚の上の僕」なんて、PONさんの正直な気持ちが表われているじゃないですか。

あぁ~(笑)。自分のことはちょっと置いといて、周りのことをやいのやいの言ってみました。ちなみに、これ、自分らの中で平成最後に出す曲かなと思ったんですよ。いこちゃん(ikomaの愛称)がリフを持って来てくれて、そこからセッションしながら作っていったんですけど、その中でサビの掛け声が生まれて、じゃあ“Hey Say”って言ってみようって(笑)。僕ら今年30歳なんですけど、平成とともに生きてきた世代として、世の中に物申してみようってところから歌詞を書き始めたんですけど、遊び心も入れつつ言いたいことを散々言ったあと、“ほんとに自分のことを棚に上げてんな”って思ったんで、最後に《ごめん僕もそうでした》って(笑)。そんなところも含め、PONらしい。世の中を斬るような歌詞を書いたらカッコ良いと思うし、聴く分にはいいんですけど、自分が歌うのは違うって書いてみて思いました。これで気を悪くされたら嫌だなって。そういう曲、あるじゃないですか。“これ、俺のこと言ってんの!?”って。そう思われたら、この曲を作った意味がなくなっちゃうなって。

そんなところも正直なわけですね。ikomaさんが持ってきたというリフがちょっとラテンファンクな感じで。

いこちゃんが持ってきた時、“やった!”と思いました。前アルバム『Dear days』を作っている時から言ってたんですよ。“何でもいいからアイデアをくれ”って。そんなふうに曲作りに僕がひとりで苦しんでる姿を見てたから、たぶん考えてきてくれたんじゃないかな。これが続けばいいんですけどねぇ(笑)。

そして、フォーキーな3曲目「おんがくのえき」なのですが、昔の自分に今の自分が歌っているのかなと。

そうです。小4の時に『ミュージックステーション』で観たKinki Kidsに憧れたPON少年に、まんま手紙を書いたみたいな。『ミュージックステーション』に出たいという夢は今も変わってないけど、まだその途中なわけじゃないですか。もちろん、あの頃よりは近づいてるし、あの頃に憧れてたテレビの中の世界以外にも素晴らしいものがあったって言いたかったんです。ライヴハウスでいろいろな人に出会ったり、自分の歌を好きと言ってくれる人がいたりって、こんなにも素敵なことだったんだ。“小4の頃は見えてなかったけど”って自慢したかったというか、聞かせたかったというか。最初はやさしい曲調で尖ったことを言う曲にしようと思ってたんですけど、書いてるうちに“狙ってやってるのバリさぶい。そんな自分がキモい”って思って、半分ぐらい書いてたのを全部消して書き直しました。

そんなところもPONさんらしいと思います。最後に11月28日にマイナビBLITZ赤坂で行なう10周年記念ツアーの追加公演の意気込みを聞かせてください。

赤坂BLITZで23歳の時に一度、チャットモンチーと七尾旅人さんの2マンライヴにオープニングアクトとして出演させてもらって、すげぇ面子の中で震えながら歌ったことを覚えてるんですけど、今度は自分たちのお客さんで埋め尽くした中で歌えると思うと、やっぱり震えますけど(笑)、ツアーの集大成になるよう頑張りたいですね。今回のツアーは全公演でセットリストを変えたんで、そこで感じた空気感もあるんですよ。自分たちが一番いいと思うセットリストを改めて組んで、赤坂BLITZっていう規模感でもちゃんと伝わって、熱があって、ということを意識しながらできたらと思ってます。

取材:山口智男

シングル「Naru」2018年11月14日発売 Lantis
    • LACM-14807
    • ¥1,404(税込)

『10th Anniversary Tour “Winding Road”追加公演』

11/28(水) 東京・マイナビBLITZ赤坂

ラックライフ プロフィール

ラックライフ:2005年、同じ高校のクラスメイトで結成された大阪・北摂出身の4ピースギターロックバンド。前身バンドを経て08年3月にバンド名を現在の“ラックライフ”に改名。大阪、東京を中心に活動を続け、16年3月にはラックライフ8周年記念イベントを大阪なんばHatchにて開催し、800人を動員した。同年5月、シングル「名前を呼ぶよ」でメジャー進出を果たした。ラックライフ オフィシャルHP

L→R たく(Ba)、ikoma(Gu&Cho)、PON(Vo&Gu)、LOVE大石(Dr)
L→R たく(Ba)、ikoma(Gu&Cho)、PON(Vo&Gu)、LOVE大石(Dr)
シングル「Naru」

シングル「Naru」30秒SPOT

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」