篠塚将行(それでも世界が続くなら)

篠塚将行(それでも世界が続くなら)

それでも世界が続くなら・篠塚、
バンド継続を決める
ソロ名義での初ワンマンを発表

Dr脱退のため活動中止を発表した、それでも世界が続くならのボーカリスト篠塚将行が、ソロ名義でのワンマンを来年2月3日に東京・下北沢club Queにて決行することを公式Twitterにて発表した。

2013年のメジャーデビュー後、2016年にはベルウッドレコードに移籍し、不登校やいじめの実体験をリアルな言葉とグランジやシューゲイザーの系譜の色濃いサウンドで、独自の活動を行なってきた伝説的オルタナティブ・パンクロックバンド・それでも世界が続くなら。「活動中止以降、バイトだけしかせず自分の音楽から離れた生活を、「ある種の廃人」とメンバーに心配されて、1回くらいライブしろと言われている」という篠原のツイートから、この「生存確認」ライヴが実現した形となる。

11月11日が篠塚の誕生日ということで、メンバーからのファンへの誕生日プレゼントとして準備されていた発表となった。ソロ名義でのワンマンは初となり、今後の予定は未定という。

それでも世界が続くならは、来年2月11日に、Dr栗原の進退次第で活動の継続についての発表を行う予定。活動報告直前となる2月3日のソロワンマンなだけに、注目の集まる公演になりそうだ。チケットは11月12日より先行発売が開始となるので、ぜひチェックして足を運んでほしい。

『篠塚将行・初ワンマンライブ
「生存確認」』

2月3日(日) 東京・下北沢CLUB Que
<チケット>
前売り:¥3500、当日:¥4000
先行販売:11月12日(月)10:00~11月18日(日)18:00
※イープラス  http://urx2.nu/NmjG
一般発売:11月25日(日)10:00~
篠塚将行(それでも世界が続くなら)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。