D-51ってやっぱり良い!15周年のアルバムで沖縄マインド拡散。

D-51ってやっぱり良い!15周年のアルバムで沖縄マインド拡散。

D-51ってやっぱり良い!15周年のアル
バムで沖縄マインド拡散。

イメージはオーストラリアじゃなく…
──デビュー15周年おめでとうございます!
YU&YASU:ありがとうございます!

──なぜこの時期に『Late Summer』というタイトルで、15周年アルバムを作ろうと思われたのでしょうか?
YASU(吉田安英):『Late Summer』って日本語で晩夏っていう夏の終わりを言います。世間的には晩夏でも、沖縄はまだ全然夏です!っていうアルバムにしたくてこういうタイトルにしました。

──そこのアピールだったんですね(笑)!15周年と夏を紐づけたのには何か理由があるんですか?
YU(上里優):15周年だからという訳ではなくて、『Late Summer』を作ったときに偶然、15周年イヤーだったっていう感じです。僕ら的には意識はしていないですね。

──なるほど。沖縄の夏っぽさというのは、やっぱり収録曲全体を通して意識していた所?
YASU:そうですね。沖縄でドライブしながら作った曲とか。沖縄ってクリスマスシーズンも暖かかったりするので、そのギャップを書いた曲です。

──『南の島のメリークリスマス』の舞台は沖縄だったんですね!私、オーストラリアが舞台だと思ってました…。
YU&YASU:(笑)
YU:オーストラリア!?
YASU:縁もゆかりもないですけど!!

──オーストラリアってクリスマスは夏だっていうじゃないですか。だからかなって!
YU:なるほど!そっちの方がオシャレな感じしますね(笑)

──沖縄のクリスマスもそんなに暖かいんですか…?
YASU:そうっすね!割と暖かいです。県外みたいに着込むことはないです。

──ヘェ〜!そんな『南の島のメリークリスマス』ですが、どんなシチュエーションで聴くのがベストですかね!?
YU&YASU:(笑)
YU:沖縄に北谷って場所があるんですけど、僕らがずっとストリートをやっていた場所で。観光でも人気のスポットなんです。そこのちょっと上に砂辺っていう所があって、そこを思い浮かべながら書いたんです。どこで聴く時も砂浜を思い浮かべながら聴いてほしいですね!

──現在って、沖縄に住んでらっしゃるんですか?
YASU:僕はまだ沖縄で、YUは東京です。
YU:僕が月1前後で沖縄に行ってますね。
YASU:よくこの距離が大丈夫かって言われますけど、割と仲は良い方だと思います(笑)

──お二人で作詞作曲をされていると思いますが、曲の作り方のフローはどういった形になりますか?
YASU:曲はお互いが書いたりもするんですけど、YUが書い送って来たものを聴いて、“こっちはこういう感じにした方が良いんじゃないか?”っていうやりとりで進めることもあります。
基本僕が歌詞を書くので、歌詞を書きながらちょっとメロディーを変えたりもします。それをYUに送り返してっていう感じもありますね。レコーディングは沖縄でおこなっているので、制作のときはYUが来て一緒にやっています。

沖縄×友達=『Take it easy』
──曲順に関してこだわられたことはありましたか?
YASU:そこまで深くは考えてないですけど、出来た曲を並べて大体決めていきます。『Take it easy』は今回のアルバムのテーマを一番歌っている曲なので、レコーディングをしていく中で“これ、1曲目の方が絶対いいな”って思ってそうしました。

──『Take it easy』からアルバムが始まるのが良かったなってすごく思います!タイトルとメロディーがぴったりですよね!
YASU:お!嬉しい!ありがとうございます!
──『Take it easy』は、曲も詞も吉田さんだと思いますが、曲と詞は同時に出てきた感じでしょうか?
YASU:そうですね。これ、友達と沖縄をドライブしているときに作ったんです。友達が運転をしていて、僕が助手席にいて携帯のアプリのピアノでアルバムの曲を弾いていて、友達の反応を見ながら、“これどう?”“いいね!”っていう感じで作っていきました。

──そのやりとり含め、沖縄っぽい~!!
YU:完全に沖縄っぽいっすよ(笑)
YASU:沖縄の南部をドライブするんですけど、割と肥料臭いというか。あの臭い中で作った曲です…。
YU:(笑)

──そのように、曲を作られる際にお友達の反応は結構参考にされるんですか?
YASU:割とそうですね。デモ段階で聴かせたりもして、“こういうのどう?”って聴かせて、“ああ、イイね!”って言ってもらったり。それがないと心配になっちゃいますね!

──『Take it easy』は歌い方も特徴がありますよね。Bメロのあたりの「少し肩の力を」って歌詞の部分とか、「すこぉぅし かぁた のぉ〜」って!
YU:(笑)!あそこ、めっちゃ難しかったんですよ~。僕が作る曲とやっちゃんが作る曲って全然違っていて、今回の『Take it easy』はやっちゃん節ですね。Bメロがめっちゃ歌い辛い、波感の強いメロディーですね…。

──必然的に、こういう歌い方になったような。
YU:そうですね。歌ったときはハマらなかったので、練習してハメていきました。

──この曲はドライブでのときに作られたのことでしたが、おふたりは落ち込んだときに必ずここに行く!っていうような場所はありますか?
YU:落ち込まないな~(笑)
YASU:僕は友達誘って遊ぶ事が多いですね。
YU:近所のコーヒー屋さんとかで1人ボーっとしてます。意外と何時間も入れるタイプです。携帯見たりとか、人間観察をしたりとか。

人見知りから派生したナンバー?
──2曲目の『We could be good friends』は作詞が吉田さんで、曲はおふたりなんですね!この曲に関してはどのように制作されていったんですか?
YASU:YUが曲を僕に送ってきて、僕は歌詞を書きながら“メロディーはこっちの方が良いんじゃない?”って言ったりしています。
──『We could be good friends』に限らずですけど、サビがキャッチ―ですね!
YASU:そうですね。あんまりマニアックな音楽が好きじゃなくて、キャッチ―な方が好みなんです。
YU:サビきたー!っていうのがなんか好きです。

──歌詞に関しては、『We could be good friends』から学ぶことって多いなって思います。初めての人と会うときは、こういうマインドを持っていった方が良いし、この心意気で行けば人生って豊になるんじゃないかな!って!(キラッ)
YU&YASU:(笑)
YU:同じくです。そうだな~!って思うし。
YASU:割と最近僕が感じた事を書いた話なんです。僕が結構人見知りなので、友達繋がりで全然知らない人が来ていると喋らないタイプなんです(笑)。でも最近は、“この年からでも友達は作れるし、割とそういう友達でも自分のヒントにもなるし、助けてくれる人もいる。人見知りで話さないのは損しているな”って思うようになったんです。

──そうだったんですね。自分に言い聞かせている部分もあるような。
YASU:そうですね。同じ気持ちを言ってますね。
YU:決めつけるのやーめよ!って思いますね。第一印象が悪くて、絶対俺と合わないなって思う人もいるけど、これを聴いたらもしかしたら俺と合うかも!って思えるんですよね。

「みんなのうた」の書き下ろし
──3曲目の『忘れないよ』はシングルでリリースされた曲ですね。これは「みんなのうた」の為に書き下ろされたのでしょうか?
YU:そうですね。書き下ろしです。沖縄の友達とは居酒屋で飲む事が多かったんですけど、周りがどんどん結婚していって家飲みをする事が多くて。大体子供が寝静まったぐらいのときに“子供は可愛いぜ!”って話をしたりとかも最近しているんですよね。「みんなのうた」の話が来たタイミングと、そういう状況が重なったので一曲こういう感じの曲があってもいいかなって思ったんです。

──周りのお子さんが産まれてくる頃ですよね!
YU:沖縄、早いんですよ。20代で結婚してたりするし。

──20歳すぎてこの曲を聴いて想うのは自分の幼い頃ではなくて、将来生まれるであろう子供の事だったりもしますよね。でも、大人にこそ自分と親との関係を振り返って欲しいなって思いました。
YU:子供の一瞬一瞬の喜びを忘れないでって感じで書いているんですけど、自分の母ちゃんとかがこういう風な気持ちで育てたのかなと振り返る事が出来る曲ですね。

──『忘れないよ』の中で、“これは自分でも泣きそう”っていうようなフレーズはありますか?
YU:「みんなのうた」が来て、作り始めたときに何をテーマにするとかはなかったんです。サビがきたときに、一発目で「忘れないよ」ってワードが出てきたんです。「忘れないよ」というワードを中心に書いていった感じですね。親はどういう目線で自分を育てたのかなって。あのとき、めっちゃキレてたけど、やっぱり俺が悪かったなって思ったり(笑)。
──アレンジとかは「みんなのうた」で流れるのを意識されましたか?
YASU:そうですね。そこらへんは、暖かい感じがいいなって思いました。

──この曲は子供が口ずさんでいたら泣いちゃいますね!
YU&YASU:(笑)
YASU:かわいいーってなりますね!

YASUの歌詞を徹底解剖!
──4曲目の『ノクターン』はタイトルとのギャップがあるなと!『ノクターン』はクラシックで夜の感じなイメージだけど、このメロディーは目が覚めますね(笑)。
YU&YASU:(笑)
YASU:『ノクターン』は曲が出来たあとにタイトルもつけたんです。『ノクターン』って夜想曲って意味なんですけど、夜に聴く曲ではなくて、昨夜の楽しかったなーっていう曲を思い出す曲らしいんですよ。僕がこの曲を書いたイメージが、夜な夜な若者がデパートの陰で、ダンスを練習していたりとかそういうシーンなんです。若いときって携帯を片手に、みんな集まって何かをやっていたりもするし。
──キラキラした明るいメロディーですが、歌詞は深い事を言っていますね。「孤独を集めて 別れを告げたら」とか凄い歌詞ですよね!どうやったらこんな表現が出てくるのかと(笑)
YU&YASU:(笑)
YASU:思春期って割かし寂しいじゃないですか?その孤独を持っている奴が集まって、その孤独にさよならするっていうイメージです。

──孤独にさよならするんですね!カッコいいです!!
YU&YASU:(笑)
YASU:恥ずかしい…。

──あと「履き慣れたスニーカーと自由」ってかしの表現がめっちゃカッコいい!
YU&YASU:(爆笑)
YASU:恥ずかしすぎる(笑)

──なぜ、履き慣れたスニーカーと自由を結びつけたのか教えて下さい!
YASU:履き慣れたスニーカーって、いつもの自分のままっていう意味で(照)。

──あと1つ気になった部分なんですけど、ほとんどカタカナの和製英語だったり日本語で構成されていますが、「Shooting star」だけ英語表記なんですね…。
YU&YASU:(笑)
YASU:カタカナにしたかったんですけど、カタカタにしちゃったらShooting star感がなくなったんですよ。

──全体の歌詞を通して思いますが、YASUさんってスレていない、キラキラした心をお持ちなんですね!(笑)
YU&YASU:(笑)
YU:15年経ってここまで褒められるの初めてですよ!!

学生時代の恋愛事情
──『ラストシーン』は実体験ですか?
YASU:そうですね。
──切ない!!
YU&YASU:(笑)
YASU:学生時代の卒業式ですね。

──「最初で最後の写真は胸にしまうよ」というフレーズはYASUさんが、めちゃくちゃエモく歌い上げていたので、絶対に実体験だと思いました(笑)!!
YU:気付いちゃいました!?
YASU:(笑)

──YASUさんは人見知りだという事ですが、学生時代にもやっぱり好きな子を奪いとるような事が出来なかったと…。
YASU:そうっすね(笑)、高校のときなんでまだピュアでした。
YU:ガツガツなんていけないよな(笑)!好きな子がいても“お幸せに!”ってするし!逆にそれは行った方がいいんですか?

──想うだけは辛いから、私なら何とかしたくなりますね(笑)。
YASU:今だったらあの手この手で行きますけどね(笑)!でも割と男子ってこういう人の方が多いですよ!
YU:たまにガツガツしている人を見るとびっくりしますよ!“え、いくんだ…!”って(笑)でもそういう人の方がモテるんですよね。

──ちなみに『ラストシーン』で歌われている相手の女性は、収録曲の『Cindy』ではないんですか?
YASU:違いますね!!

──よかった…悲しい恋だけしかされていない方かと思いました…(笑)
YU&YASU:(笑)
YASU:『Cindy』は実体験ではないので!

BEGINの島袋が作曲の『Cindy』
──そんな『Cindy』ですが、BEGINの島袋さんが作曲という事で。メロディーがシブくて良いですね!
YU:そうですね!最近よく飲んでてめっちゃ仲良くさせてもらっているんですけど、1曲書いて欲しいなって思ったんですよ。飲んでて酔っ払ってきたときに、“次、アルバム出すんで、1曲書いて欲しいな~”って言ったら「全然書く!」って言ってくれて!その日にイメージしたものを一週間ぐらいで作ってもらったんです。
──島袋さんの曲を歌ってみて、いかがでしたか?
YASU:楽しかったですね。初めての歌い方でもあったし、どういう感じにするかとか模索していったので。

──歌い方に関しては、島袋さんの方からリクエストはありましたか?
YU:いや、二人に任せるよって感じでした!

──では、そんな中でおふたりが特にレコーディングで意識したことはありますか?
YU:この曲は頭の『Cindy』っていうワードの部分が全てというか、サビは感動する感じなんですか、頭の『Cindy』をどう歌うかがポイントになってくる所です。
僕の歌い方とやっちゃんの歌い方が全然違くて。1番、2番の歌い方のタイミングをずらして歌ったりとか、素直に歌うようにとかしています。

──この歌詞のように、離れた人を想い続けられる人ってすごいですね!私には無理だわ~(笑)。
YU&YASU:(笑)
YU:女子ってそうですよね~!辛くなったりもしないですか!?

──痛くなる前に絆創膏を貼っておくんです!!
YU&YASU:ああ~!!なるほどね!
YU:痛くなる前に絆創膏を貼っておくんですね、名言(笑)

最後に…
──今後このアルバムを引っ提げてツアーを周りますね!見どころや意気込みをお願いします!
YASU:今回、沖縄のバンドメンバーで回ります。より『Late Summer』な雰囲気になるのかなって思います。会場によっても音の響きが変わるので、テンポも変えていったりしていきたいと思います。

──最後に、インタビューを読んでくださった読者の皆さんにメッセージをお願いします!
YU:今回の『Late Summer』は色んなタイプな曲が出来たのと、1曲1曲がカラオケで歌いたくなる曲たちが詰まっていると思います。沢山良い曲が出来たので、ぜひ『Late Summer』よろしくお願いします!
YASU:10代、20代っていったら旅行もすると思うので、沖縄で聴いたらまた違う感じが見えると思います。ぜひ沖縄にこの『Late Summer』を持っていってほしいです。旅行が無理な方はライブは数千円です(笑)沖縄の気分を味わいに、ライブに足を運んできてください!!
TEXT:愛香
PHOTO:橋本美波&愛香
プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
11/4 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen