【インタビュー】UNCHAIN、緻密なア
レンジやメンバーが織りなすハイレベ
ルなプレイが凝縮したAL『LIBYAN GL
ASS』

UNCHAINが『LIBYAN GLASS』と名づけられたフル・アルバムを完成させた。ブラック・ミュージックに通じる洗練された味わいを核としつつ随所にオリジナリティーが注入された、スタイリッシュな楽曲群は実に魅力的。緻密なアレンジやメンバー全員が織りなすハイレベルなプレイなども奏功して、“シティポップ”という一言では括れない、独自の心地好い音楽を創りあげることに成功している。そんな『LIBYAN GLASS』について、メンバー4人に大いに語ってもらった。

■月や星空が美しいという夜の砂漠の情景から
■イマジネーションを膨らませて作ったのが「Libyan Glass」

――新しいアルバムを作るにあたって、テーマや構想などはありましたか?

谷川正憲(以下、谷川):最初はそういうものがなくて、漠然と制作を進めていったんです。僕らは音源を作るときにテーマを掲げるときもあれば掲げないときもあって、前作や前々作は目指すものがなんとなくあって作り始めたんですけど、今回はネタ切れというか(笑)。10年間で10枚アルバムを作ってきたこともあって、そういうときもあるんです。なので、特に何も決めない状態で曲作りに入っていきました。そういう中で、曲出しミーティングをしたら、まったく聴いたことのないサウンドが流れてきたんですよ。誰かのCDを流しているのかなと思ったら、ドラムの吉田君が作った曲のデモだったんです。それが、今回の表題曲になった「Libyan Glass」です。良い曲ですよね。吉田君はバンド人生22年の中で曲を作ったことがなかったから、みんなビックリしました(笑)。吉田君はメロディーを考えて、トラックはDTMができる人と一緒に作ったらしくて。彼が凝ったデモを作るとは思っていなかったから、そういう面の驚きもありましたね。

佐藤将文(以下、佐藤):順番に曲を聴いていって、最後に「Libyan Glass」が出てきたんですよ。音が良すぎて、“作家さん、キターッ!”と思いました(笑)。

吉田昇吾(以下、吉田):メンバーをビックリさせたくて、デモを作っていることがバレないようにコソッと作ったんです(笑)。「Libyan Glass」を作ったときは、夜の砂漠のイメージから入っていきました。僕は最近自然が好きで、自然の映像とかをよく見ているんですけど、たまたま夜の砂漠の動画があって、感動するくらいきれいだったんです。それで、淋しさがありつつ、月や星空が美しいという夜の砂漠の情景からイマジネーションを膨らませて作ったのが「Libyan Glass」です。

谷川:吉田君からいい曲があがってきたので、この曲をもとにしてアルバムを膨らませていこうということになったんです。だから、今回のアルバムは「Libyan Glass」ができたことが、大きなポイントになりましたね。
――ブラック・ミュージックに通じる洗練感やロマンチックさを纏った「Libyan Glass」は、アルバムを象徴する1曲といえますね。それに、本作はスタイリッシュな味わいで全体を覆いつつ、様々な表情を見せていることも印象的です。

佐藤:そういう作品になりましたね。僕の中で特に印象深い曲を挙げるとしたら、4曲目の「butterfly effect」かな。僕は歌詞を書くことは得意ではなくて、歌詞を書きたいと思うことはあまりないんですけど、この曲は書かせてもらいました。谷川君が持ってきたデモのピアノ・リフを聴いたときに、歌詞を書きたいと思ったんです。ピアノのリフから蝶々の羽ばたきを連想して、自分の中に“パパパパッ”と世界観が浮かんできたから。それは今までになかったことなので、強く印象に残っています。

――「butterfly effect」の歌詞はダイレクトな表現ではなく、象徴的な言葉で痛みや哀しみを表現しているのがいい。それに、今作の中ではブラック・ミュージック感が希薄で、独自の翳りを帯びた曲調も注目です。

谷川:この曲はピアノのリフが一番最初にあって、そこから膨らませていきました。僕は、そういうことが結構多いんですよ。最初に出てきたリフをどういうふうに使うかということと、リフからの展開がうまくできれば、音楽として面白いものになるというのがあって。この曲もそういう考えのもとに試行錯誤して、いい感じのサビをつけられて良かったなと思います。それに、これは黒っぽくないから違うかな…みたいなことは考えなかった。もちろん黒っぽい音楽は好きだけど、意識してそちらに行こうとは今回は考えていなかったから。そもそもうちのメンバーはみんなブラック・ミュージックが好きなわけではなくて、バラバラなんですよ。

――えっ、そうなんですか?

谷川:はい。むしろ、好きなのは僕くらいです。

――……驚きました。そういうメンバーで、いい感じにブラック・ミュージックを香らせていることからは、皆さんのスキルの高さがわかります。

一同:本当ですか?

佐藤:僕はブラック・ミュージックも好きで聴きますけど……。

谷浩彰(以下、谷):僕は、本当に感覚でベースを弾いているので、よくわからないです。

谷川:UNCHAINは、そういうバンドなんですよ。でも、昔からバラバラで、バラバラのものを集めて自分達の音楽を創るというのがUNCHAINなので、それでいいと思っています。特に今回はそういうスタンスが活きた曲が多くて、最初にテーマを決めなかったのは良かったんじゃないかなと思いますね。

谷:いろんな曲ができたからね。僕の中で印象の強いのは歌詞つながりになりますけど、「アイスクリーム」という曲です。この曲は谷川に“アイスクリーム”というテーマだけを提示されて、歌詞を書いてほしいと言われて。“マジか?”と思ったけど、“アイスクリーム”は食べるアイスクリームと、叫ぶという意味の“I Scream”の両方に取れることに気づいたんです。意味としてはまったくつながらないけど、両方を使って書いてみようと思って、それはうまくできたかなと思います。

谷川:“明日に向かって走れ”という前向きなメッセージを発信しているようで、実はちょっと後ろ向きというところもいいと思う(笑)。今回の制作で最初に作ったのが「アイスクリーム」だったんです。新しいアルバムで個人的にやりたい感じというのが、ヒップホップの要素を入れたものだったんですよね。90年代の洋楽のヒップホップ……TLCみたいに1グルーブのヒップホップはカッコいいなと思って、そういうものをUNCHAINなりにやってみたくて作りました。僕らの場合、誰かをイメージして曲を作っても、絶対そういうものにはならないというのがあって。いつもちょっと違うものになるんですけど、それがオリジナリティーにつながるので、いいかなと思っています。

吉田:僕は「Libyan Glass」以外で1曲挙げるとしたら、「FLASH」ですね。曲もカッコ良くて好きですけど、この曲はねごとのアオヤマサチコさんが歌詞を書いてくれて。サチコちゃんの歌詞が、すごくいいんですよ。お願いして、できた歌詞を最初に見たときに、もうバッチリだと思いました。メロディーに対する言葉の乗せ方がうまいですよね。

谷川:そうだね。“楽しくやろうよ”という内容で、ライブに合うというのもいいと思うし。「FLASH」は楽曲的には、ちょっとネタ切れ状態の中で、苦しんで苦しんで絞り出して、これは結構うまくいったと思えた曲です。吉田君が書いた「Libyan Glass」があがってくるまでは、これがリード候補でした。アオヤマさんに歌詞をお願いしたことで、より化けたという印象がありますね。
▲谷川正憲

――今作の出だしの「Libyan Glass」から「FLASH」へと移る流れは、すごく心地好いです。

谷川:ありがとうございます。みんなが挙げた曲はどれも気に入っているけど、僕の中で印象が強いのは完全に「33」です。メンバーみんなは多分この曲はあまり好きじゃなくて、スタッフも好きじゃないんですよ。でも、僕はこの曲が一番好きです。この曲は僕が33歳のときに作った曲で、売れていないバンドマンは30歳で音楽をやめようと決断できればやめられるけど、33歳までいってしまうと、もう戻れないという心境になるんですよ。かといって、前を見ると高い壁が立ちはだかっていて、挟まれた状態になっている。それに、体力も落ちてきて、アイディアもなくなってきて…みたいなところで苦悩している内面を、そのまま反映させた曲です。

――「33」の無機質かつ幻想的な世界観も魅力に富んでいて、強く惹き込まれました。異色ということでは、インストゥルメンタルに近い「-Beyond The World-」もアルバムのいいフックになっています。

谷川:この曲は、僕らの中ではインストとして捉えています。本当は2曲くらいインストを入れたかったんですけど、1曲が「33」になってしまったという(笑)。
▲佐藤将文

――なるほど(笑)。「-Beyond The World-」はベースとドラムだけになるAメロのグルーヴィなベースやBメロのジャジーなギター、後半に出てくる4ビートなど、それぞれの見せ場があって楽しめます。

谷:ベースがやっていることはシンプルだし、ほんの4小節のループなんですよね。でも、ニュアンスがすごく大事で、淡々と弾くと面白くともなんともないというのがあって。そういうことを意識して弾いて、いい味を出せたと思います。

佐藤:ジャジーということは、意識しました。曲を作っていく中で、そういう話になったんです。僕はジャジーなものは得意ではないんですよ。でも、本物にならないというか、なれない感じがいいんじゃないかなと思って、あえて突き詰めないようにしました。「-Beyond The World-」は、そんなふうに、いい意味で肩の力が抜けているところを楽しんでもらえればと思います。

吉田:4ビートも出てくるのは一瞬だけだし。サラッとした感じに仕上げたのは良かったんじゃないかなと僕も思います。

――同感です。それにしても、『LIBYAN GLASS』に収録されている楽曲は、緻密なアレンジも光っています。皆さん、完成形に近いデモを作られるのでしょうか?

谷川:佐藤は、結構作り込んできますね。

佐藤:前は、ギター1本と歌だけでメロディーが突き抜けていいものということがテーマになっていた時期があって、その頃はラフな感じで持ってきていたんです。でも、今回は自分がやりたいことを最初の段階で見てもらったほうがいいなというのがあって。なので、今回は結構アレンジを詰めた状態のデモを作って、みんなに聴いてもらいました。

谷川:でも、弾き語りみたいなデモでも問題ないですね。作曲者の中に完成形のイメージが強くあるときは別として、僕らはわりと作り込んだデモがあってもガラッとアレンジを変えてしまうことが多いんですよ。そういう意味では、メンバーそれぞれの個性が活かされている曲が多いです。
■疾走感や軽やかさを出そうということが
■バンドのテーマのひとつとしてあるんです

――続いて、今作のそれぞれのプレイや音作りなどについて話しましょう。

佐藤:ここ最近はハネるグルーブにバンドが馴染んできたというのがあって、今回はそういう曲も多いです。心地好いグルーブを身につけるために積み重ねてきたものを、しっかり着地できるようにしたいという気持ちがありましたね。クサくならないように、疾走感や軽やかさを出そうということが、バンドのテーマのひとつとしてあるんです。ライブを重ねていく中で、それが身体に入ってきている感覚があったので、それをちゃんとパッケージすることを意識してギターを弾きました。

――今作の人間味に溢れたグルーブは、本当に気持ちいいです。

谷川:前作に比べて、今回は生っぽさを出すようにしました。最近は生々しさとデジタルを融合させたいという気持ちが強くあるんです。アナログとデジタルをハイブリッドさせた感じがいいなと思っていて。そういう中で、今回はアナログの割合がちょっと多くなっています。

佐藤:こういう音楽性なのでギターは楽曲に溶け込む必要があるけど、溶け込み過ぎると自分が弾く意味がなくなってしまう。バックに徹するプレイヤーでもいいのかなと思う瞬間もあるし、そういう作品もあるんですけど、やっぱり出たいところは出たいという気持ちがあるんです。なので、そのバランスをうまく取るようにしました。若かりし頃は1曲通して、ずっと出ようとしていたんですよ(笑)。最近はそうじゃなくて、いいところを突けているような気はします。
――「アイスクリーム」や「33」のリバース・ディレイを使ったフレーズや効果的なフェイザーの使い方など、いい形で個性を出していますね。

佐藤:ありがとうございます。あと、使用ギターのクオリティーがギュッと上がったというのがあって。今回は、Don Grosh(ドングロシュ)のテレキャスター・タイプを使ったんです。今までもいいギターを弾いているつもりだったけど、“あれっ?”という(笑)。Don Groshだけを使ったわけではなくて、今まで弾いていたギターも使っていて、それぞれの音の違いがすごくわかりやすいんですよね。今回は曲に合わせた音色の使い分けや音のバリエーションという面の手応えも強くあって、いいレコーディンになったと思います。

――いい出会いがありましたね。ギターに関しては「Libyan Glass」や「Traveling Without Moving」などで聴ける、フュージョン感覚のギター・ソロも注目です。

佐藤:僕はフュージョンが大好きで、ペンタトニック押しみたいなフレージングは苦手なんです。苦手というか、しっくりこない。きれいなメロディーだったり、雰囲気のあるソロにしたいという気持ちがあるんです。

――まさに、そういうソロになっています。ジャズ/フュージョン系のギタリストはスケールに基づいてソロを構築することも多いようですが、その辺りはいかがでしょう?

佐藤:理論はわからないので、感覚です。ギター・ソロのオケに合わせて何度も弾いて、いいところを抽出して、それぞれのフレーズをどうやってつなげていこうかなと考える。そういう感じで作ることが多いです。
▲谷浩彰

――ということは、フュージョン感のあるフレージングが身体に入っていると?

佐藤:そうですね。自分がいいなと思うところに寄せていくと、自然とフュージョンっぽいソロになるんです。

谷川:佐藤君はメロディーが良くて、歌心もあるソロを弾くんですよね。中でも「Libyan Glass」のギター・ソロは、UNCHAINの歴史の中でナンバー1と言っていいんじゃないかなと思っています。

一同:うん、あのソロはすごくいい。

谷:ベースでは「FLASH」が印象に残っています。この曲はキーがE♭なんですよ。それで、半音下げチューニングにして弾きました。ドロップDはやったことがあったけど、半音下げは初めてだった。谷川もベースだけ半音下げというのは新しいんじゃないかと言っていて、半音下げて録って。その後ツアーに向けたリハーサルが始まったら、レギュラー・チューニングで弾いてほしいということになったんです(笑)。

谷川:ベースを持ち替えたり、チューニングを変えたりするためにライブ中に間が空くのが、ちょっと嫌だなということで。それで、「よし、レギュラーでやれ」という(笑)。

――でも、レギュラー・チューニングでEフラットというのは、結構しんどくありませんか?

谷:しんどいです。しかも、リハの当日に言われたんです(笑)。なので、「FLASH」は、ライブに向けて練習し直します(笑)。あとは、「Libyan Glass」は、僕のベースの師匠である名村(武)さんがプロデューサーしてくださいました。久々にご一緒できて、いろいろ教えてもらったことへの恩返しというか、成長した姿を見せたいという気持ちがありました。アルバム全体に関しては、今回は曲によってヒストリーのプレシジョン・タイプとジャズベース・タイプを使い分けたし、ラウンド弦とフラット弦も使い分けました。「Libyan Glass」や、10曲目の「Da,Da,Da,Da,」はフラット弦ですね。ちょっと修行しようかなと思って、ここ1年くらいフラット弦も使っているんです。

谷川:ライブでもフラット弦を使ったりしているよね?

谷:うん。もしかしたら、全部フラット・ワウンドに切り替えるかもしれない。弾くのが大変だけど、音が好きなんです。
▲吉田昇吾

――UNCHAINのような音楽性で、さらにベースがフラット・ワウンドというのは最高にカッコいいです。渋いベースを聴かせる一方、「33」のサビではベースにトレモロ・エフェクトを掛けるというトリッキーなアプローチも見せていますね。

谷:あれは、後がけです。デモがああいうベースになっていて、いいなと思って。録りのときは普通の音で弾いて、あとは谷川に任せました。

谷川:サビのベースは3年前に曲を作ったときから、そうしていました。あのベースは自分の中で結構大きなポイントなので、取り上げてもらえて嬉しいです。

吉田:今回のドラムは、どうだろう? ……プレイ的には、そんなに考えていないですね。

谷川:うちの楽器陣は、みんな感覚派なんです(笑)。

吉田:そう(笑)。感覚で叩いているから、どうなんだろう? 僕のドラムを聴いて、どんなことを感じました?

――いくつかありますが、まずはゴーストがめっちゃ気持ちいいです。

吉田:ゴーストは、曲によっては結構入れていますね。ゴーストを入れるのはちょっとクセみたいになっているところがあって、気づくと入れているんですよ。ゴーストを入れるとリズムがいい感じにロールするので好きです。

――それに、スクエアかつ繊細なハイハット・ワークが素晴らしいです。

吉田:いや、正確ではないです。本当に、正確ではないですね(笑)。

――でも、吉田さんのハイハットは、すごく気持ちいいと思います。

谷川:気持ちいい。でも、たしかにスクエアではないんですよ。ちょっとナマっていて、それが逆に心地好さを生んでいるんです。

吉田:だから、曲にもよりますけど、同期ガッチリみたいな曲は、あまり得意じゃないんです。

――先ほど話が出たように、バンドのグルーブが固まりつつあることがわかります。それに、スネアがやや後ノリというのもいいなと思いました。

吉田:それ、BRADIOのベースの亮ちゃん(酒井亮介)にも言われました。

谷川:ファンク系の黒人ドラマーはスネアが後というよりは、1拍目が前という感覚なんですよね。吉田君のビートはちょっとそれに近い感じがあって、僕はそこもいいと思っています。

吉田:いや、そんなにいいもんじゃない(笑)。自分では自分の嫌なところがわかるので、日々精進だなと思っています。今回ドラムの面で印象が強いのは、「Libyan Glass」ですね。音の話になりますけど、僕はドラムの中でも特にスネアが好きで、スネアを何台か持っているんです。チューニングにも興味があって、レコーディングのときはいろいろ試したりするんですよ。レコーディングではミュートして、倍音をなくして録る人が多いと思うけど、僕はあまりそういうことをしたくなくて倍音を活かすし、チューニングも曲のキーに合わせるんです。「Libyan Glass」もそうしたんですけど、この曲は途中で転調しますよね。だから、そこでちょっと、“あっ!”という感じになるという。それは、どっちかなんですよね。合わせるときれいになるけど、合わせないと“ハッ”とする感じになる。そういうことを改めて感じて、面白いなと思いました。すごく細かいというか、マニアックな話ですけど(笑)。

谷川:歌は、どうだったかな? ……吉田君と同じく、感想を聞かせてもらっていいですか?(笑)

――まずは、どの曲もエモーショナルですよね。それに、甘く歌う曲もあれば、情熱的に歌うシーンもあるというレンジの広さが光っています。

谷川:なるほど。それぞれの曲に一番合う歌を歌いたいというのはありますが、なにせ曲ができてから歌入れをするまでの時間がすごく短いんですよ。本当に、歌入れの日に初めて歌う曲とかもあって。でも、3~5テイクで終わらせるようにしています。それまでに掴めないとダメだと自分の中で決めているんです。今回も、そういう録り方でした。

――短時間でニュアンスを決めて、ここまで歌えるというのはさすがです。

谷川:いえ、まだまだです。今回の歌では「Libyan Glass」がUNCHAIN史上、一番難しかったかもしれない。あと、「I Am」は印象が強いですね。僕はゴスペルが大好きなんですけど、歌も含めて、ここまでゴスペルっぽくしたのは初めてだったんです。元中ノ森BAND中ノ森文子さんを始めとして、いろんな方達の力を借りて仕上げることができました。メイン・ボーカルを僕以外に中ノ森さんと、アシュリーさん、それに山本という人に歌ってもらったんです。アシュリーは普通の大学生だし、山本はレコーディング・エンジニアなんですけど(笑)。山本は僕らと同い年で、もう3年くらいエンジニアをしてもらっていて、彼は声楽をやっていた経験があるんですよ。それで、歌ってもらうことにしました。「I Am」はいろいろな個性が一ヶ所に集まっているものをイメージしていて、曲中のセクションに合わせた自分の歌の表情づけも含めて、そういうものにはなったかなと思います。

――イメージ通りの曲になっています。さて、様々なジャンルの要素を活かしたアレンジや皆さんのハイクオリティーなプレイなどが活きて、『LIBYAN GLASS』は独自の魅力を湛えた、良質なシティポップ・アルバムに仕上がりました。

谷川:そう言ってもらえると嬉しいです。ここ最近のミュージック・シーンでは、シティポップがものすごく膨れ上がってきていて。UNCHAINがシティポップの中に入れてもらえることで、興味を持ってくれる人もいると思うんですよ。そういう人が聴いたときに、他のバンドとはちょっと違うと感じてもらえるといいなというのはありますね。
――きっと感じるでしょうし、すごく惹かれると思います。それに、『LIBYAN GLASS』を引っ提げて9月から10月にかけて行うツアーも楽しみです。

谷川:ライブでこそ、さっき話したアナログとデジタルのハイブリッドということをやりたいと思っています。ここ2~3年そういう手法を採っていて、その集大成というか、完成形みたいなものを見せたいですね。あとは、“LIBYAN GLASS”という言葉の意味合いを話すと、砂漠の中にひとかけらだけ光るものがあって、それを見つけるというイメージなんです。つまり、それは個性ですよね。人はそれぞれ個性だったり、光るものを持っていて、それを見つけて集めたい。僕にとって、ライブというのはそういう場なんです。なので、今度のツアーも、お客さんも含めていろんな個性が集まって、ライブで一つの共同体になれるといいなと思っています。

吉田:今はツアーに向けたリハの真っ最中ですけど、正直まだツアーがどういうものになるかは見えていないです。ただ、年末にHULIC HALL TOKYOでライブをすることが決まっていて、今年はそこに向かっていく1年ともいえるので、必ず成功させたいという思いがバンドとしてありますね。そのためは、今度のツアーはすごく大事になると思うんですよ。だから、ホールに向けた通過点みたいな感覚はないですね。1本1本全力でライブをしていって、いい形でホール・ライブにつなげたいです。

谷:僕の中には、もっとバンドとしてグルーブを極めていけるといいなというのがあって、今回はそこを意識したツアーになると思います。ベースという楽器は普通の人はなかなか聴きとれなくて、音が変わっても気づかなかったりします。でも、ベースを感じてほしいという思いがあるんです。そのためには身体を揺らせてあげたら、これがベースなんだと染みてくると思うんですよ。だから、気持ちいいグルーブを極めていきたい。あとは、キーがE♭になった「FLASH」を、がんばります(笑)。

佐藤:さっきも言いましたけど、ここにきて個々の音の太さというか、存在感みたいなところが増してきているんですよ。それが一体になって、バンドとして一つの塊として見せることが大事だと思うんです。そうすることで、お客さんと気持ちいい空間を共有することができるから。だから、谷君も言ったように、やっぱりグルーブですよね。今度のツアーではもう1ステップ上がったUNCHAINのグルーブを披露できると思うので、ぜひそれを味わいにきてほしいです。

取材・文●村上孝之
リリース情報

『LIBYAN GLASS』
2018年9月26日(水)発売
CRCP-40561 ¥2,963+tax
※初回生産分のみスリーブケース付き
【収録楽曲】
1.Libyan Glass
2.FLASH
3.Traveling Without Moving
4.butterfly effect
5.Miracle
6.-Beyond The World-
7.Behind The Moon
8.アイスクリーム
9.Just Marry Me
10.Da,Da,Da,Da,
11.33
12.I Am

ライブ・イベント情報

<Finding “LIBYAN GLASS” Tour 2018>
2018年9月28日(金) 札幌 BESSIE HALL
2018年10月5日(金) 福岡 Queblick
2018年10月8日(月・祝) 岡山 CRAZYMAMA 2ndRoom
2018年10月12日(金) 仙台 enn 2nd
2018年10月13日(土) 新潟Live Hall GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2018年10月19日(金) 名古屋 CLUB UPSET
2018年10月21日(日) 心斎橋 Music Club JANUS
2018年10月26日(金) SHIBUYA STREAM HALL ※ファイナル

<UNCHAIN presents You & U ~4 to 1000~>
2018年12月22日(土) 有楽町 HULIC HALL TOKYO

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。