【FIRE BALL with HOME GROWN・山人
音楽祭 2018】あなたの幸せ願う気持
ちをレゲエミュージックに託す渾身の
ステージ

山人音楽祭 2018【赤城ステージ】 FIRE BALL with HOME GROWN
会場に「ヤーマン!」という言葉が飛び交う中でスタートしたのは、レゲエミュージックの素晴らしさを現代へと継承するFIRE BALL with HOME GROWN。威風堂々としたオープニングナンバー「LIGHT UP THE FIRE ~FB:着火のテーマ~」を皮切りに、HOME GROWN が鳴らすグルーヴ感溢れるバンドサウンドにのせて、“ハマの火の玉”の異名をとるFIRE BALLが鮮やかなマイクパフォーマンスを繰り広げる。
FIRE BALL with HOME GROWN
「お手を拝借!」と、常夏の太陽が似合うようなトラックでフロアを楽園へと変えた「Call This Love」では、「レゲエの根底にあるのは愛ですよ。みなさんの愛を見せてください」と呼びかけて、“ラブ”のコール&レスポンスで会場を一体にすると、続く、レゲエ讃歌 「Raggamuffin」では、ダンスホール・レゲエの昂揚感に包まれてお客さんは一斉にジャンプする。
FIRE BALL with HOME GROWN
MCでは、CHOZEN LEE が「ここに立っている全員ギリギリで到着しました(笑)」と、道路が渋滞していたため、電車に乗り換えようかと思ったという裏話を明かすと、その気持ちをボブ・マーリーのカバー「Stop the Train」にのせて4声の美しいハーモニーで聴かせる場面も。そして、軽やかな裏打ちのリズムが弾んだ「俺とお前とボブマーリー」など、ボブ・マーリーが後世に遺した“愛”と“闘争”のテーマを、ルーツ愛に満ちたパフォーマンスで伝えていく。
FIRE BALL with HOME GROWN
メンバー曰く「いちばん見せ場」となったダンスホール・ナンバー「Don't Turn Dat Down」では、会場に集まったお客さんが自由に体を動かす心地好い空間を作り上げると、「みんなの人生が楽しくなることを願ってます。今の楽しさと、みんなのパワーがあれば、乗り越えられるんじゃないかと思ってます。日本は自殺率がいちばんだって?でも俺は孤独なやつなんていないと思うよ。こんな良い音楽があるんだもん。孤独な人を孤独にさせないために、せめて一緒に歌いませんか?」と語りかけて、「みんなのうた」を披露。“お前はひとりじゃねえ”と、陽性のバンドサウンドにのせた熱いメッセージは、強い信念を持つ彼らが歌うからこそ響くものだったと思う。
FIRE BALL with HOME GROWN
そして、「今日という日に!」と言葉を添えたラストソング「Wonderful Days」へ。語りかけるようなメロディにのせた、“あなたに出会えたから、わたしのこの人生は価値がある”と伝える温かい想いは、人とのつながりを大切にしながら時間を重ねてきた山人音楽祭に捧げるのに相応しい歌だった。

文=秦理絵 撮影=HayachiN
FIRE BALL with HOME GROWN

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。