【短期集中連載】第一回・BugLug優の
“解体新書”

BugLug は2009年に華々しくヴィジュアル系シーンに登場し、精力的に活動を続けてきた。しかし2016年一聖(Vo)が事故で重症頭部外傷を負い一時意識不明の状態に。そして日本武道館にて復帰、再スタートを切るなどヴィジュアル系バンドの中でも数奇な運命をたどってきた。
そんなBugLugが9月1日に日比谷野外大音楽堂にてワンマンライブ<KAI•TAI•SHIN•SHO>を行う。このライブの開催に寄せて、BARKSではソロインタビューを行いメンバーは今何を思うのか探った。全5回、メンバーそれぞれを紐解く“解体新書”になれたらと思う。第一回目は優(G)にフィーチャーする。

   ◆   ◆   ◆

■野音はかなりデカいターニングポイント
■正直、武道館でファン減るだろうなって思った

――まず最初に触れておきますけど、野音という場所に対して優さんの思い入れや印象深いエピソードなどがあったりしますか?

優:個人的には一番好きな場所の1つではありますね。今までライヴをやった場所として、順番をつけるとしたら一番好きかも。武道館より。

――どうしてですか?

優:やってて気持ちいいから(笑)。野外だから当たり前だけど、開放感があっていいですよね、空も見えるし。あと、人のライヴを観に行ってもお祭り感があるというか、そこにいるだけで楽しくなるじゃないですか。

――なるほど。バンドが野音に至るまでの道のりをちょっと振り返ってみたいんですが、BugLugはここまでバンドとして予想もしなかった道のりを辿ってきたのではないかと。

優:全然予想してなかったですね。でも自分の人生の中で考えると、そこまで大きな出来事があったという感じではないんですけど。

――そうなんですか? 一時は活動の危機に追い込まれたバンドですけど。

優:もちろん一聖(Vo)が怪我したのは大きな出来事だったけど、そこまで焦る感じでもなく。どちらかというと「あ、そうなんだ。じゃあどうしようか」みたいな考え方だったんですよ。俺、たぶん物事に対してそこまでのめり込むタイプじゃないんでしょうね。だから一聖が復活できるとしても2年かかるって言われた時も「2年か、じゃあそれまでどうやってバンドをキープするか」っていう発想に切り替えて」。
▲優(G)

――起こった事実にどう対処するかっていう。

優:そうですね。次に自分がどうすべきか、普通に考えてましたから。

――冷静なんですね。

優:バンドの中でも一歩引いてるタイプだと思います。

――それは何事にも対してもそうなんですか?

優:わりとそうですね。バンドやってて思うのは、自分は目立ちたがり屋なんだけど恥ずかしがり屋でもあるというか。そういう性格だってことをバンドやってるうちに気づいて。今のBugLugでの立ち位置は、そういう自分を自覚して作り上げたものだと思います。目立ちたいとか自分の好き勝手やりたいっていう気持ちもあるんだけど、BugLugでの俺の立ち位置はそこではなくて、それは一聖がやればいいやと思ってるんで。

――自分ではなく彼が?

優:バンドで「俺はこう思ってるんだ」とか「世間にこういうことが言いたいんだ」とかは、一聖だけが表現すればいいと俺は思ってて。だから自分は一歩引いて考える側に回ってるんだと思います。

――どうして彼だけが表現すればいいと思ったんでしょうか。

優:俺も10代の時は自己主張とか承認欲求があって、詞も書いて曲も自分で書かないと気が済まなかった。でもバンドをやってくうちに自分より面白い奴と出会って。一聖もその一人だし、とにかく自分が超普通の人間なんだなって気づかされて。そんな奴が歌詞とか書いても当たり前のことしか書けないし。それに比べて一聖って面白い奴だと思いません? 言ってることもあっちこっち行って矛盾したり。

――一聖くんは思ったことをそのまま口にしたり、行動してしまうようなフロントマンという印象があります。

優:でもそこが面白いなって。曲もそう。怒りの感情に任せて人の悪口を言ってるだけの曲もあれば、次の日に愛に満ち溢れた曲を書いてきたり。俺からするとなんだこいつは!?って感じなんですよ。でもそういう奴が好きにやってた方がバンドって面白くなるじゃないですか。俺はそれを端から見て茶々入れるのが楽しいというか。
――「ファーストアルバムみたいに」ということは、イチからバンドをやり直そう、みたいな気持ちだったと?

優:あ、そうかもしれない。たぶんヨンナナ含め、イチからやろうっていうのがBugLugにとってテーマだったのかな。で、その成果みたいなものを野音で見せたいと思って、今は意気込んでるんでしょうね。

――じゃあ野音も『KAI・TAI・SHIN・SHO』みたいに、初期衝動というか、自分たちの好き勝手にやってもいいのでは? 「ファンが納得できるもの」とか意識するのではなく。

優:一聖だけは好き勝手にやればいいと思ってます。アイツはそれでいい。そのぶん俺らがちゃんとしないといけないっていう意識ではありますけど。

――なるほど。

優:そうじゃないとアイツの良さって、映えないと思うんですよ。いいところでもあり悪いところでもあるんだけど、アルバムのインタビューでも変にカッコつけてもっともらしいこと言おうとして矛盾しちゃうんです。「自分のやりたいようにやりました」って言えばいいのに。

――確かに(笑)。

優:だからやりたいようにやらせるのが一番で。本当はめちゃめちゃ内気だから、一聖って。石橋を叩いて壊すタイプというか、たぶん周りが彼に自信をつけてあげないといけないんですよ。

――すごく……彼のことを理解してるんですね。

優:しようとはしてます。ちゃんとできてんのかはわかんないけど(笑)。やっぱりお互い人間性で集まったバンドなんで、細かいところでぶつかるところはありますけど、根本的なところでは肌が合う5人だと思ってます。

――メンバーそれぞれキャラも立ってるし個性も強いバンドだけど、自分よりバンドのことを大事だと思ってるんでしょうね。

優:そうでしょうね。でも本当は……俺のギターソロの時だけ火とか出して欲しいですけど(笑)。

――はははははは!

優:さすがにそんなことできないですから(笑)。

――そういう自分たちのバンドに対する思いがちゃんと前に出てるステージになるといいですね。

優:そうですね。

――ちなみに秋の野音は嵐とか大雨に見舞われたりして、それが逆に伝説のライヴを生む要因の一つになったりすることもあるんですけど、今のBugLugにはそういうシチュエーションが似合うかもしれないって思ったんですけど。

優:雨か……。俺、オデコが広いから雨はちょっと不安ですね……(笑)。ていうかもうこれ以上伝説は要らないです(笑)。

――でもそういう出来事をここまで乗り越えてきたから今があるわけで。

優:まぁそうなんですけど。でも、あんまりそういう部分を大ぴっらにするのもどうかと思っちゃうタイプなんで。ま、俺はバンドが楽しくやれればそれでいいって思ってるんで、そこまで苦労とか大変だったことを自分からフィーチャーするのもどうかな?って思っちゃうんですよね。

――そういえばそうですね。大変なことがあっても、音楽だったりバンドをやることを楽しむことを忘れないでいようとするのは、BugLugのいいところだと思います。

優:俺もそう思います。でも、次に出そうと思ってる新曲とかも、楽しいだけじゃないところ――例えばネガティヴな部分を爆発させてみようかなって思ってますけど。

――いいですね。ぜひ野音でもそういうBugLugの一面が観たいです。そのためにもぜひ当日は台風の中で伝説を作って欲しいです。

優:じゃあ……帽子を用意しといてもらっていいですか?(笑)。

取材・文◎樋口靖幸(音楽と人)

<BugLugワンマンライブ「KAI・TAI・SHIN・SHO」>

9月1日(土)日比谷野外大音楽堂
開場 17:00/開演 18:00
チケット 前売¥5000/当日¥6,000

一般発売中
・チケットぴあhttp://w.pia.jp/t/buglug/
・ローソンチケットhttp://l-tike.com/buglug/
・イープラスhttp://eplus.jp/buglug/

(問)NEXTROAD 03-5114-7444(平日12:00~18:00)


<BugLug主催Fes「バグサミ」>

8月9日(木)新木場STUDIO COAST

【出演】
BugLug/甘い暴力アルルカンAnli Pollicino/A9/キズCLØWDザアザアThe THIRTEENジャックケイパーぞんびダウトDIAURADaizyStripper/Neverland/BAROQUERAZOR(全17バンド・50音順)

開場 12:30/開演 13:30
前売 5,500円/当日 6,500(税込/ドリンク代別)

一般発売 7月14日(土)
・ローソンチケット http://l-tike.com/bugsum/
・イープラス http://eplus.jp/bugsum/
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/bugsum/

バグサミ特設サイト
http://buglug.jp/special/bugsum/

(問)NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:00~18:00)

<BPR vs レジレコ TOUR「シバきあい!
!」>

8月04日(土)名古屋ダイアモンドホール
8月05日(日)なんばHatch
8月11日(土)高松festhalle
8月12日(日)広島BLUE LIVE
8月19日(日)福岡DRUM LOGOS
8月26日(日)Zepp Tokyo

【出演】
BugLug/DOG inTheパラレルワールドオーケストラBlu-BiLLioN己龍/Royz/コドモドラゴン

チケット一般発売中:¥4,800(税込/ドリンク代別)

シバきあい!!特設サイト
http://shibakiai.com/

(問)NEXTROAD 03-5114-7444(平日12:00~18:00)

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」