sukekiyo

sukekiyo

DIR EN GREYの京が新バンド・sukeki
yoを結成!元日にMVを世界111カ国で
配信決定!

DIR EN GREYのヴォーカル・が、新たなプロジェクトとしてバンド「sukekiyo」を結成。 来年元日にMVを世界111カ国で配信することが決定した。
10月下旬にバンドのオフィシャルサイトがオープンするも、サイトにはシルエットのアーティスト写真のみが公開され、メンバー名も一切不明のままであったが、12月29日にSHIBUYA-AXで行なわれるSUGIZO TOUR 2013「THRIVE TO REALIZE」のオープニングアクト出演、12月30日に幕張メッセ国際展示場1~8ホールで開催される「rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 13/14」への出演がアナウンスされ、いきなり大舞台に登場する謎のバンドに大きな注目が集まっていた。

2本のシークレットライヴを終えて、本日オフィシャルサイトにて新たなアーティスト写真が解禁され、sukekiyoが京の新プロジェクトであることが判明した。今年は初の写真集「失格」と「for the human race」を2冊同時に発表し、京都と東京で個展を開催するなど、絵や写真で、歌や詩とは異なる表現方法を追求してきた京。「生きる為に表現し、表現する為に生きる」京が始動させたsukekiyoのメンバーは、京(Voice)、匠(Guitar/Piano)、UTA(Guitar)、YUCHI(Bass)、未架(Drums)の5人。

そして、1月1日に初音源「aftermath」のMVが全世界111カ国のiTunes Storeにて配信されることも発表された。京が原案を考え、イメージ、展開、出演者の選出までをすべてこなしたsukekiyoの初映像作品となり、「歪みのなかの美しさ」を表現した作品とのことなので、まずはこのMVでsukekiyoの世界を体感していただきたい。

なおDIR EN GREYは1月22日にシングル「SUSTAIN THE UNTRUTH」をリリース、2月にファンクラブ会員限定ツアー“FINEM LAUDA -「a knot」only-"、3月8日と9日に日本武道館にて2DAYS公演“DUM SPIRO SPERO"を行なうことが決定している。sukekiyoの今後の活動予定はまだ明らかになっていないが、DIR EN GREYとsukekiyo、2つのバンドを通じて京がさらに表現の幅を広げていくに違いない。

「aftermath」MV

2014年1月1日配信
¥400

DIR EN GREY ファンクラブ会員限定ツア
ー「FINEM LAUDA -「a knot」only- 」

2月06日(木)  大阪 なんばHatch
2月07日(金)  大阪 なんばHatch
2月13日(木)  愛知 名古屋ダイアモンドホール
2月14日(金)  愛知 名古屋ダイアモンドホール
2月17日(月)  神奈川 CLUB CITTA'
2月18日(火)  神奈川 CLUB CITTA'
※本ツアーはオフィシャルファンクラブ「a knot」会員限定ツアーとなりますので、チケットの一般発売はございません。
※1月20日までにファンクラブにご入会いただいた方は、チケットお申込みが可能です。

「DUM SPIRO SPERO」

3月08日(土) 東京 日本武道館
3月09日(日) 東京 日本武道館
※全公演チケットSOLD OUT

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着