今日の一言は「音楽は決して耳障りであってはならない。寧ろ耳を満足させなくてはならない。」

これは歴史的な音楽家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトさんの言葉だそうです。

リスナーさんから「大野くんは何か習い事をしていましたか? 習い事のエピソードを教えてください。」というお便りでのお話。

大野くん、習字だけ習い事をしていたようで、小学校2年生から4年生まで習って4段を持っているとのこと。

あと1段合格すれば教える資格が取れたそうです。

習字を習っていた時、ハマったのが「しんにょう」を書くことだったそうで、「しんにょう」の最後のはらいを書くところが難しく、うまく書けなかったことが悔しかったとコメント。

先生に教えてもらった通りにやっていたらうまく書けるようになって嬉しかったともコメントしていました。

年が明けたらお習字をやろうかなと大野くんは思っているそうです。

実家にはお正月が終わってから帰ろうと思っている大野くん、お正月は自宅でお習字を書こうかなと考えているようで、「(お正月にお習字を)やったらまた報告します。」と話を締めくくっていました。


■関連記事

アーティスト