『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』アメリカプレミアの模様

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』アメリカプレミアの模様

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [
新編]叛逆の物語』USプレミア上映開
催でハリウッドも大熱狂

2013年12月6日(金)から全米45館、カナダ35館で公開される『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』のアニプレックス・オブ・アメリカによるプレミア上映が、現地時間12月3日(水)19時より、ロサンゼルス、ハリウッドのエジプシャン・シアターにて開催された。
ハリウッドで歴史あるエジプシャン・シアターでのプレミア上映は、600席のチケットが発売後数時間で完売し、グッズコーナーも完売になるほどの盛況ぶり。上映前に行われたレッドカーペットイベントには、日本から久保田光俊(有限会社シャフト)、岩上敦宏(株式会社アニプレックス)の両プロデューサー、アメリカでTVシリーズの吹き替えを担当した声優、音響監督、そしてプレミア上映のゲストとして「HEROES」などでお馴染のマシ・オカも来場した。

日本のキャストからのビデオメッセージを経ての本編上映では、魔法少女の変身シーンや、魔法少女たちが全員でとなえる決めポーズ“ピュエラ・マギ・ホーリークインテット”のシーンで拍手と熱狂的な大歓声があがるという、終始ファンの盛り上がりが絶えない内容に。また、トークセッションにて、本年度のアカデミー賞に関する質問がよせられると、岩上プロデューサーは「アカデミー賞に出品することができただけで光栄です」とコメントした。

なお、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』は、すでに上映されている台湾、香港、韓国、フランスに加え、今後、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドでも公開予定。現状では9カ国107劇場での上映が決定しているが、さらに上記他のアジア各国やヨーロッパ各国での公開も加わり、さらに拡大されていく予定とのこと。そして日本国内では公開当初と変わらず、全国129館で絶賛上映中となっている。

--------------------------------------------------------

■『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』アメリカプレミア

開催日時:2013年12月3日(水)夜(現地時間)
会場:エジプシャン シアター(ロサンゼルス・ハリウッド)
キャパ:600人
登壇者:久保田光俊(有限会社シャフト)、岩上敦宏(株式会社アニプレックス)

※アメリカでの配給はイレブンアーツとなります

----

■『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』

大ヒット公開中

運命に叛いたとき、物語は新たなる結末へ。待望の完全新作、映画化第三弾。
「魔法少女まどか☆マギカ」の真のクライマックス! 物語は想像を絶する“途方もない結末”へ

少女は、自らの願いと引き換えに魔法少女になる。魔法少女たちは、絶望をまき散らす災厄の遣い・魔女と戦い、やがては自らも絶望に沈み、最後には魔女そのものへと変貌してしまう―。永きにわたり繰り返された、希望と絶望を巡る残酷な連鎖は、鹿目まどかの貴い犠牲によって断ち切られ、世界は新しい理へと導かれた。しかし、魔法少女は戦い続けなければならない。それが、奇跡を願った対価だからだ。まどかへの想いを果たせぬまま、取り残された魔法少女・暁美ほむらは再編された世界でたったひとりで戦い続ける。その少女の想いは、新たなる物語を紐解くのだった。「……覚えているのは、私だけなの?」

2011年に社会現象を巻き起こした全12話のTVアニメシリーズ「魔法少女まどか☆マギカ」。2012年、物語を再編集した劇場版『[前編]始まりの物語』、『[後編]永遠の物語』は異例の大ヒットを記録。2013年、満を持して公開される劇場版第三弾『[新編]叛逆の物語』は、TVシリーズ/劇場版前・後編の正統続編にして劇場版初の完全新作である。円環の理となって概念と化した鹿目まどか、魔力を使いきって命を散らせたはずの美樹さやかと、すでに存在するはずのない二人の登場は何を意味するのか。戸惑いの表情を浮かべる新たな魔法少女・百江なぎさ、彼女はいかなる真実を語るのか。そして、新たに現れる、神の理に抗い世界を蹂躙する存在とは。「魔法少女まどか☆マギカ」の真のクライマックスがついに描かれる。

<キャスト>
鹿目まどか=悠木 碧
暁美ほむら=斎藤千和
巴マミ=水橋かおり
美樹さやか=喜多村英梨
佐倉杏子=野中 藍
キュゥべえ=加藤英美里
百江なぎさ=阿澄佳奈

<スタッフ>
原作=Magica Quartet
総監督=新房昭之
脚本=虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクター原案=蒼樹うめ 
監督=宮本幸裕
キャラクターデザイン=岸田隆宏、谷口淳一郎
総作画監督=谷口淳一郎、山村洋貴 
エフェクト作画監督=橋本敬史
副監督=寺尾洋之
異空間設計=劇団イヌカレー
異空間美術=南郷洋一 
美術監督=内藤健(stちゅーりっぷ)
美術設定=大原盛仁
色彩設計=日比野仁、滝沢いづみ 
ビジュアルエフェクト=酒井基
撮影監督=江藤慎一郎
編集 松原理恵(瀬山編集室)
音響監督=鶴岡陽太
音響制作=楽音舎
音楽=梶浦由記
主題歌=「カラフル」ClariS、「君の銀の庭」Kalafina
挿入歌=「misterioso」Kalafina
アニメーション制作=シャフト
配給=ワーナー・ブラザース映画

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion


関連リンク:

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
http://www.madoka-magica.com/

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着