KREVA

KREVA

KREVA初のライヴアルバム『SPACE TO
UR』、その全貌が明らかに!

ソロ活動10年目に突入しているKREVAが、コンサート本編とアンコールの全楽曲を収録した自身初のライヴアルバム『SPACE TOUR』を12月4日に発売することがわかった。
今年2月に発売した6thアルバム『SPACE』を引っさげて開催された全国20都市22公演のホールツアー『KREVA CONCERT 2013「SPACE TOUR」』。その東京公演を収録した本作では、“半生バンド"スタイルで魅せた貴重なステージのライヴ音源が楽しめる。アルバム『SPACE』収録曲はもちろん、最新ヒット曲「BESHI」「Na Na Na」「OH YEAH」「王者の休日」や、名曲「音色」「スタート」「アグレッシ部」などを網羅した、まさにベストアルバムと称しても過言ではない内容となっている。コンサートで披露した全33曲が漏れなく収録されたCD2枚組という仕様からも、自信作であることが窺える楽しみな作品だ。

2004年6月のソロデビューからコンスタントに楽曲の発表を続け、そのたびにライヴツアーを開催してきたKREVA。“夏フェスキング”と言われるほど毎年全国各地の夏フェスに出演し、常に新しいアプローチでライヴを展開してきたそのライヴパフォーマンスには定評がある。

初回限定盤のDVDには、KREVAの神懸かり的なパフォーマンスを収録。アルバム『SPACE』の収録曲をそのままの曲順で鑑賞できるスペシャルなライヴ映像となっている。さらに、初回限定盤には全会場のライヴ写真などで構成された写真集付き。KREVA『SPACE TOUR』に参加できた人もできなかった人も、そのツアーを存分に体感できる一枚になっているようだ。

アルバム『SPACE TOUR』

2013年12月4日発売
【初回限定盤】※CD2枚組+DVD+豪華ブックレット付き
PCCA-03936/¥4,200(税込)
【通常盤】※CD2枚組
PCCA-03937/¥3,000(税込)

<収録曲 DISC 1>
01.space4space 1
02.SPACE
03.Feel It In The Air
04.基準
05.ストロングスタイル
06.俺はDo It Like This
07.I REP
08.調理場
09.言ってなカッタカナ?
10.OH YEAH
11.space4space 3
12.I Wanna Know You
13.瞬間speechless
14.EGAO
15.ma chérie
16.スタート
17.音色
<収録曲 DISC 2>
01.イッサイガッサイ
02.ひとりじゃないのよ feat.SONOMI
03.遠くまで feat.KREVA
04.成功
05.C'mon,Let's go
06.Changing Same
07.Link
08.アグレッシ部
09.KILA KILA
10.space4space 4
11.Na Na Na
12.王者の休日
13.BESHI
14.あかさたなはまやらわをん
15.Space Dancer
16.Have a nice day!
<DVD>※初回限定盤のみ
01.space4space 1
02.SPACE
03.Feel It In The Air
04.ma chérie
05.王者の休日
06.space4space 2
07.俺は Do It Like This
08.調理場
09.言ってなカッタカナ?
10.OH YEAH
11.space4space 3
12.Space Dancer
13.Link
14.space4space 4
15.Na Na Na

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着