ビリー・ジョー+ノラ(ビリー・ジョー・アンド・ノラ)

ビリー・ジョー+ノラ(ビリー・ジョー・アンド・ノラ)

ビリー・ジョー・アームストロング(
グリーン・デイ)とノラ・ジョーンズ
によるコラボアルバムが完成!

ポップなパンクの代名詞であるグリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングと、稀代の歌姫のノラ・ジョーンズによる奇跡のコラボアルバム『フォーエヴァリー』が11月27日にリリースされることがわかった。
この作品は1958年にエヴァリー・ブラザーズが発表したトラディショナルアメリカンソングの数々をカヴァーした作品『ソングズ・アワ・ダディ・トート・アス』に収録されている全12曲を、ビリーとノラの二人によって現在に蘇らせたアルバムだ。9日間で制作された本作はもともとのエヴァリー・ブラザーズが持つ見事なハーモニーはそのままに、アメリカンサウンドのルーツとも言える楽曲をより美しいものへと昇華させた作品となっている。

すでにこのアルバムの予約注文はスタートしており、iTunes Storeで予約すると、今作からのファーストシングル曲「ロング・タイム・ゴーン」をダウンロード/入手することができる。もちろん、この曲のみのダウンロード購入も可能。また、同楽曲はこのプロジェクトのスペシャルサイトで現在ストリーミング公開中だ。

ノラ・ジョーンズとビリー・ジョー・アームストロングはこの作品で「ロヴィング・ギャンブラー」や「悲しみのウィロー・ガーデン」「ロング・タイム・ゴーン」「フーズ・ゴナ・シュー・ユア・プリティ・リトル・フィート」「バーバラ・アレン」といったトラディショナル曲を新たな解釈で表現したほか、ジーン・オートリーとジミー・ロングによる楽曲「ザット・シルヴァー・ヘアード・ダディ・オブ・マイン」やカール・デイヴィスの「ケンタッキー」といったカントリー楽曲も披露している。

今回のプロジェクトに関して、ビリー・ジョー・アームストロングはこう語っている。「子供の頃から俺はエヴァリー・ブラザーズのファンだったんだ。数年前、彼らの『ソングズ・アワ・ダディ・トート・アス』っていうアルバムを初めて手に取ったんだけど、すぐさまこの作品にのめりこんじまった。毎日のようにこのアルバムを聴いてて、ふと、このアルバムをもう一度俺の解釈で作り直してみるのもいい考えかもしれないって思ったんだ。女性シンガーと一緒にね。そこで、ノラの事が頭に浮かんだんだ。彼女はロックからジャズ、そしてブルースまで歌えるシンガーだからね。それに、彼女のハーモニーは絶対に素晴らしいものになるって考えてたんだ。彼女と一緒にやることで、この作品に収録されている楽曲が別の意味を持つものへと発展していくだろうって思ったし、それに彼女はアレンジ力も素晴らしいからね。昔のトラディショナル楽曲、カントリー・ソング、それに讃美歌といったものにすごく関心があった。このアルバムを作り終えた時、ノラは俺を見てこう言ってたよ、“まさか自分がカントリー・アルバムを作るなんて思ってもみなかったはずでしょ?"ってね」

ノラ・ジョーンズもエヴァリー・ブラザーズの長年のファンであり、以前のバンドでは「バード・ドッグ」のカヴァーを披露していたこともあるという。彼女は自分を「ハーモニーとカントリー音楽が好きでたまらない人」とも表現しているほどだ。ノラ・ジョーンズはこのプロジェクトに関してこう語っている。「ビリー・ジョーの楽曲に対する熱中度や、彼の低いキーで歌う音楽へのオープンなアプローチ方法は、とても魅力的だったわ。彼は自分のアイディアに固執するような事はなかったし、私達自身、音楽的にこれが正しいって思える何かをお互いに発見していく過程はとても楽しい経験だった」

ビリー・ジョー・アームストロングと彼のエンジニアであるクリス・ドゥーガンはニューヨークを訪れ、ノラ・ジョーンズと共に、彼女のお気に入りのミュージシャン、ティム・ランツェル(b)とダン・レイサー(ds)を迎えて、マンハッタンにあるマジック・ショップ・スタジオで今作のレコーディングを行なった。ビリー・ジョー・アームストロングとノラ・ジョーンズはギターとピアノを担当し、この4人のほかに、フィドル奏者としてチャーリー・バーンハム、ペダルスティールギターとしてジョニー・ラムがレコーディングに参加している。

ノラ・ジョーンズはこうもコメントしている。「この作業はとても楽しくて、とても実験的だったわ。オリジナルの曲をどんどん簡素化していって、ちょっとだけふんわりとした感じにしていく作業に熱中していたの。簡素化していく事で、そこに私達独自の解釈を再構築していくスペースが、たくさん生まれたの」。

アルバム『フォーエヴァリー』/ビリー
・ジョー+ノラ(ビリー・ジョー・アン
ド・ノラ)

2013年11月27日発売
WPCR-15480/¥2,580(税込)
<収録曲>
01.Roving Gambler / ロヴィング・ギャンブラー
02.Long Time Gone / ロング・タイム・ゴーン
03.Lightning Express / ライトニング・エクスプレス
04.That Silver Haired Daddy Of Mine / ザット・シルヴァー・ヘアード・ダディ・オブ・マイン
05.Down In The Willow Garden / 悲しみのウィロー・ガーデン
06.Who's Gonna Shoe Your Pretty Little Feet / フーズ・ゴナ・シュー・ユア・プリティ・リトル・フィート
07.Oh So Many Years / オー・ソー・メニー・イヤーズ
08.Barbara Allen / バーバラ・アレン
09.Rockin' Alone(In An Old Rockin' Chair) / オールド・ロッキン・チェアー
10.I'm Here To Get My Baby Out Of Jail / マイ・ベイビー・アウト・オブ・ジェイル
11.Kentucky / ケンタッキー
12.Put My Little Shoes Away / プット・マイ・リトル・シューズ・アウェイ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着