L→R Kiara(Ba)、Ryosuke(Vo&Gu)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gu&Scream&Programming)

L→R Kiara(Ba)、Ryosuke(Vo&Gu)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gu&Scream&Programming)

【NoisyCell インタビュー】
曲のテーマ性を
大事にするようになった

前作「Letter」に続く、配信シングル第二弾「時間飛行」。表題曲は初の日本語タイトルで、出会いと別れを意識した壮大なバラードに仕上がっている。バンド感を高めつつ自由度も増している音楽性について、メンバー4人に直撃した。

今回は配信シングル第二弾になりますね。

Ryo
アルバムを作ることが決まった中で、先に「Letter」のシングルリリースが昨年12月に決まって、その次はしばらくバラードでリードを切ってなかったので以前に出した「Innocence」を超える曲を作りたくて。当時はかなり振り切ったから、今回もそこを攻めようと。
Ryosuke
「Innocence」は今もやってる曲だけど、もうひとつレギュラーになれるバラードを作りたくて。

「時間飛行」は初の日本語タイトルですよね?

Ryosuke
俺の中では大きなことで違和感はあったけど、他のメンバーに訊いたら、これだけ日本語で歌ってるからいいんじゃないかって。歌詞の内容をどういうテーマにするのか、そこもチーム全体で詰めました。春を意識したり、いつも暗いので明るい気持ちで歌詞を書こうと。少しでも聴いた人の気持ちをプラスにできたらいいなって。
Tatsuya
前はフレーズを作ることに特化していたけど、どうしたらさらに歌が映えるかなとRyoと話し合って。
Kiara
曲調が渋めだったので、それは挑戦でしたね。

「時間飛行」は歌を主軸に聴かせるスケール感のある曲調で、イントロのドラムから新鮮でした。

Ryo
そうですね。今回は話し合いの時間のほうが長かったんですよ。なので、みんなのポテンシャルも引き出せたし、それが雄大さにもつながってると思います。Ryosukeの声も広いし、それを活かすために引き算を意識しました。結果、声がバーン!と出てるから前よりも広がりが増したかなと。この曲は個人でやりたいことは一度置いて、曲が求めているものを目指そうと。だから、バンドがよりひとつになれました。

バンドで今一番大事にしている部分というのは?

Ryo
メロディーとそれに乗る歌ですかね。やっぱり曲のテーマ性を大事にするようになりました。アルバム作りの課程でも“この曲のテーマは何?”と話すようになったから。

「時間飛行」はセピア色の曲調で、《僕らが主役の漫画を 夢中で読んできたような》という歌詞もありますが。

Ryosuke
自分の作詞は変わらなくて、ノスタルジーみたいなものが好きなんでしょうね(笑)。春をイメージした時、隣に住んでいた友達を思い出して。

《変わってもちゃんと君だ そう言える僕がいること》の歌詞にはどんな思いを込めているんですか?

Ryosuke
高校に上がる時に過度に大人になろうとしていて、僕は“なぜ背伸びするんだろう?”と思ったんですよ。彼は別の何かに変わろうとしているけど、俺は変わらない君を知ってるよって。そういう僕がいたんだよって、あいつに知ってもらいたくて。自分だったら、そういう友達や家族がいたら生きていく上で大切だなと思ったんですよね。

中盤にはギターソロもあり、ドラムも効果的ですね。

Ryo
年代的には1995年から2005年ぐらいのロックを意識しました。BOØWY、AEROSMITHとか、とことんでかい雰囲気にしたかったからギターソロも欲しいなと。そしたらどんどんドラマチックになって。あと、アコギにもコーラスをかけて、昔っぽさも遊び心で入れました。
Kiara
ベースは出すぎず、かと言って目立たないのも良くないから、自分のフレーズもバランスを考えました。

対して、「Fire」は激しいロックナンバーで、この曲もすごくカッコ良くて。アレンジも凝ってますよね。

Ryo
この曲は実験しかしてないですね(笑)。コーラスを一切なくして、リードヴォーカルを2本重ねてダブリングしようと。ギターの本数も極力減らして、ライヴでよりパワーを発揮するような曲にしたかったんですよ。
Tatsuya
好きにやったら、そのまんまでオーケーでした。
Ryosuke
僕はガーッといく歌は得意じゃないので、ダブリングのアイデアも面白かったし、楽しめました。

「We've Known -2018ver.」に関しては?

Ryosuke
2011年に出たインディーズ時代のアルバムの1曲で、前作で「COSMOS」をリメイクしたので今回も昔の曲を入れようと。この曲は作詞作曲がRyoなんですよ。

もの悲しさが漂う曲調だし、歌詞もダークですね。

Ryo
当時Ryosukeと大喧嘩したことがあって(笑)、ネガティブだった気持ちとかを詰め込みつつ、それから仲直りして録音した曲なんですよ。その頃はSAOSINとか洋楽が好きだったので、ああいうふうになりたくて。今回はよりバンド感が出るようにアレンジは考えました。
Ryosuke
僕にとっては聴いてて泣きそうになる曲なんですよね。でも、リード曲を超えるくらい個人的には気に入ってます。

SAOSINの影響なのか、スクリームも入っているという。

Ryo
こいつ(Kiara)が初めて叫び声をやったんですよ。それも初挑戦というか、実験的な要素を入れてます(笑)。
Kiara
ははは。そうなんです。魂込めてやりました!
Tatsuya
昔からある曲なので、自分のドラムがちゃんと入っている印象を付けたくて。結果、自分らしく叩けたなと。
Ryo
Tatsuyaの柔軟なドラムを引き出せたかなって。

では、次のニューアルバムを楽しみにしてます!

Ryo
今、神経をすり減らしてます(笑)。「Letter」「時間飛行」とか、ああいう方向性で固めていこうと思ってます。その中で振り幅のある面白い作品にしたいですね。各曲のテーマが色濃く出た曲が揃うと思います。ジャンルにとらわれずに、いろんな曲を入れたいですね。

取材:荒金良介

配信シングル「時間飛行」2018年3月28日配信開始 VAP

『NoisyCell presents LIGHTSHIP CRUISE 2』

3/28(水) 東京・代官山UNIT

NoisyCell プロフィール

ノイジーセル:圧倒的な声量と超絶ハイトーンボイスのヴォーカルRyosuke、エモーショナルで多彩なメロディーを紡ぐギターRyoを中心に結成。2014年にVAPよりデビューして以来、さまざまなアーティスト遺伝子を継承したハイブリッドサウンドで唯一無二の存在感を放っている。NoisyCell オフィシャルHP

L→R Kiara(Ba)、Ryosuke(Vo&Gu)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gu&Scream&Programming)
配信シングル「時間飛行」

「時間飛行」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。