L→R LOVE大石(Dr)、PON(Vo&Gu)、ikoma(Gu&Cho)、たく(Ba)

L→R LOVE大石(Dr)、PON(Vo&Gu)、ikoma(Gu&Cho)、たく(Ba)

【ラックライフ インタビュー】
結成10周年を迎えるラックライフの
新たな挑戦と変わらない想い

ひとつの挑戦だったという恵比寿LIQUIDROOMワンマンライヴをソールドアウトさせ、2018年のスタートダッシュを決めたラックライフから、ニューシングル「僕ら」が到着! ストリングスをフィーチャーしたバラードに込めた想いをPON(Vo&Gu)が語ってくれる。

今年、ラックライフは10周年を迎えるわけですが。

そうなんです。さらに気合いを入れて、『ラックライフpresents GOOD LUCK』という毎年恒例のイベントを東京でも開催することにしました。10周年だからって何かが変わるわけではないんですけど、振り返ってみるとしんどい時期もあったからこそ、この1~2年はしっかりやれているのかな?って、改めて気持ちが引き締まるようなところはありますね。

そんな2018年初っ端のリリースがシングルの「僕ら」。今回は映画版の『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』のエンディング主題歌ということで、ラックライフの大きな武器と言えるバラードであると同時に新しいことにも挑戦している一曲になりましたね。

めっちゃいい曲だと思います(笑)。10周年ということもあって、原作と重ねて自分たちが闘っていくことを歌にしたいと考えていたんですけど、1番の歌詞を書いたところで行き詰まってしまって…。“その先、何を歌えばいいのか、全然、分からん”ってなってしまったんです。そんな時、映画のエンディング主題歌をラックライフが担当しますって発表があって、みんなの反応をエゴサーチしてたら(笑)、思っていた以上にラックライフのファンも『文豪ストレイドッグス』のファンも喜んでくれていて。曲作りしている時ってひとりで闘っているような意識があるんですけど、そうやってみんなの“嬉しい!”とか“楽しみ!”とかって反応を見ていたら、“みんな味方でいてくれている! 期待してくれている! 頑張らなきゃ! ひとりで闘っているんじゃないんだ!”ってすごく感じて、その日のうちに2番以降の歌詞も書き上げてしまいました。もちろんラックライフ自身の歌でもあるんですけど、ラックライフの音楽を受け取ってくれる人も含めて、“僕ら”っていうタイトルにしたんです。

曲を作る上で、映画館の大きなスクリーンで流れることは意識したのですか?

それは意識していないです。ストリングスを派手めに入れてみるというチャレンジはしていますけど、タイアップだろうと何だろうと自分たちがいいと思えるものを作るのが先ですね。でも、今回のストリングス、素敵じゃないですか?(笑) 感動しちゃいました。自分たちが作る音楽にストリングスが入るだけで、こんなにふくよかになるんだって。

その一方では、ストリングスに負けないぐらいバンドの演奏も歌もグッと熱が上がりますね。

そうですね。ただのバラードじゃなくて、ラックライフがやっているってことを出そうってところで、ロックバンドっぽいところは欲しいねとなったんです。たくちゃんなんてベース、スラップしてますからね。最初に聴いた時は“えぇ、そんなことするん!?”ってびっくりしました(笑)。でも、彼は彼なりに新しい扉を開こうとしているんだって思ったら、テンションが上がりました。自分では思い付かないことをやってくれたんで、面白い面白いって。

歌詞の中の《空っぽの手のひら》が《君の手》を握るために空っぽなんだというところがいいですね。

最初、この歌の主人公はお祈りしてたんですよ。手を合わせ、お願いしますって神様に言っていたのを止めにしたから空っぽになったんです、手が。じゃあ、その手は何のためにあるのか? それはやっぱり誰かの手を握るためなんじゃないかと。願っているばかりじゃ何も叶わないから、今、自分の隣にいる人と一緒に闘う力を作るんだよって歌っているんです。

2曲目のタイトルの“ライターライナー”というのは造語ですか?

“ライター”と“ライナー”をつなげただけです(笑)。ライターは歌を作っている自分で、ライナーは定期便です。いつも思っていることを改めてかたちにしたというか、これが聴いてくれる人たちに対して、ずっと思い続けていることだよって。ライナーは野球のライナーでもいいんですけどね。ライナーみたいに真っ直ぐに飛んでいく気持ちで歌っているっていう。たまに思うんですよ。なんで歌ってるのかな?って。今までバンドで歌ってきて、たぶん4万回ぐらい思っているんですよ。こんなにしんどい想いして、なんで歌うんだろうって。でも、何回、自問自答しても、同じ答えに辿り着く。それは、やっぱ面白いからだし、”ライヴに来て良かったです”って言ってもらえたら、ほんとそれだけでいいし。改めて、それを歌にしなきゃいけないなって。聴いてくれる人たちに対して、直接何もできないってもどかしいじゃないですか。でも、どんなにもどかしくても、僕らには“頑張って”って応援することしかできない。しかも、何に対しての応援かも分からない。具体的じゃない、ぼやっとしたものに対して、“頑張れ!”って言うことしかできない。だから、それをやりましたっていう曲ですね(笑)。“それだけで、ごめんな。それが俺らのやり方で、これが今できる全てなんだけど、これを聴いてちょっとでも笑ってくれたら、俺らはそれでまた走れるから”っていう。

4万回、同じ答えが出てきたってことが重要な気がします。その答えが変わってしまう人もいるじゃないですか。

僕も変わるかもしれない。でも、それはその時ですよ。答えがなくなるのが一番怖い。自分の中で答えだと思えるものがある限り歌えると思うんです。

曲調もシンプルですね。

駆け抜けました。

その他、どこか懐かしい曲調がラックライフには珍しい「贅沢病」の計3曲に、今回は昨年7月8日のTSUTAYA O-WEST公演からの5曲を収録したDVDも付くそうで。

ハイライトの5曲を選び抜きました。ライヴと音源が良くも悪くも違うと言われるバンドなので、僕らがライヴハウスでどんなふうに生きているか、ぜひ観ていただきたいです!

取材:山口智男

シングル「僕ら」2018年2月28日発売 Lantis
    • LACM-14734
    • ¥2,100(税抜)
    • ※描き下ろしアニメ版権イラスト長帯仕様

ライヴ情報

『ラックライフ presents GOOD LUCK 2018 東京編』
4/14(土) 東京・TSUTAYA O-EAST
w)ラックライフ、GOOD ON THE REEL、Halo at 四畳半、BARICANG、アルコサイト and more

『ラックライフ presents GOOD LUCK 2018 大阪編』
5/04(金) 大阪・なんばHatch
w)ラックライフ、HEADLAMP、Self-Portrait、あいう、ザ・モアイズユー、CHERRY NADE 169 and more

ラックライフ プロフィール

ラックライフ:2005年、同じ高校のクラスメイトで結成された大阪・北摂出身の4ピースギターロックバンド。前身バンドを経て08年3月にバンド名を現在の“ラックライフ”に改名。大阪、東京を中心に活動を続け、16年3月にはラックライフ8周年記念イベントを大阪なんばHatchにて開催し、800人を動員した。同年5月、シングル「名前を呼ぶよ」でメジャー進出を果たした。ラックライフ オフィシャルHP

L→R LOVE大石(Dr)、PON(Vo&Gu)、ikoma(Gu&Cho)、たく(Ba)
シングル「僕ら」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。