家入レオ

家入レオ

【家入レオ インタビュー】
発信者と受信者、
両方の目線が持てるようになった

どの曲にも“時間”が関係していること、そして“時間の交換は最上級の愛情表現”という想いから“TIME”と名付けられたニューアルバム。彼女が注いだ時間、あなたがそこに浸る時間――つながりを深めるひと時がここに。

メジャーデビュー5周年を経て、1年7カ月振りのオリジナルアルバムですが、今作はどのような姿勢で制作に臨んだのでしょうか?

今回はこれまでと違って最初にスケッチを色濃く描くという、初めてに近いかたちで作っていきました。例えば“ライヴでお客さんにこんな顔になってほしい”とか“こういう驚きを届けたい”とか。で、そのイメージをもとに曲作りをしたり、手持ちのものから選んだり。“いろんな家入レオを届けたい。家入レオで新しい何かがやりたい”という気持ちが大きかったんです。あと、ドラマ(『新宿セブン』)に出演させてもらったことが自分の中ではすごく大きくて。今までは発信者としての目線が強かったんですけど、台本を読んで演技をすると客観的にいろんなことが見えてきて。そうやって発信者と受信者の両方の目線が持てるようになったことで、ふたつの目線でアルバムが作れたんです。だから、自分ひとりというよりはいろんな人のパワーを借りて、その今までの出会いをより音楽にするという感じでした。

客観性を持ったことでの面白さや発見はありましたか?

客観性かどうかは分からないですけど、面白いと思ったことはあります。「TOKYO」とか自分で作詞作曲しているものは自分の中から絞り出しているものだから、歌う時は感覚的に歌うんです。でも、提供してもらった楽曲だと自分のDNAがまったくないから歌唱でどう爪跡を残そうかっていうので、レコーディングの日までかなり自分で練るんですね。それで実際に録ったものを比較して聴いてみると、自分が書いた楽曲よりも提供された楽曲のほうが、むしろ自分らしさが出ているんです。そこが面白かったですね、すごく。

今、お話に出た「TOKYO」はすごく斬新な楽曲でした。

ありがとうございます。この楽曲は一番最後に作ったもので、今の自分のマインドを全て表しています。私の最近の曲作りは日常のアクションからボイスメモにガーッと歌ったものに、あとからコードを付けてアレンジャーさんに渡すので、本当に心の、身体の、魂の奥から出てきた歌なんですよね。でも、みんなの想いも重ねてほしいので、踊れる要素も入れて。サウンド面ではサザンオールスターズの影響とかもありますね。

スカっぽいリズムと歌謡曲的なメロディーの融合、楽しいです! あと、言葉を遊びをすごくしてますよね。“賭博場”とか“江戸の男”とか、今までだったら使わない言葉でしょうし。

ある意味、変化というか。この1年7カ月でひとりのアーティストとしても、ひとりの人間としても、ひとりの女性としてもいろんなことがあって。で、生きている環境が変わってくると、使う言葉も変わってくるんですよね。それをちゃんと残せるというのは大事だなって、今回のアルバムを作ってすごく思いました。そう、“TOKYO”ってタイトルも、なぜ英文字表記にしたかと言うと、東京という街ってアトラクションに近いと思ったからなんです。日々いろんなドラマが起きるし、何か起きたらそこからの加速感が半端ないんで、そういうことも含めて。あと、これも新しい感覚だと思ったんですけど、最近は苦しいことがあるとワクワクするようになっちゃって(笑)。苦しすぎて俯瞰しちゃってるんですよね、“どうこの苦しみを味わい尽くそうか?”じゃないけど。でも、そうすることによって立ち上がれる。前は幸せであることがすごく怖かった…“次、どんな悲しみが来るのかな?”と思ってたんですけど、良いことと悪いことの繰り返しなんだったら目の前のことを味わい尽くせばいいじゃん!って思えるようになって。だからこそ、ちょっとディープなアクションが自分の日常に起こった時も、こういう言葉遊び的な感じで書けるようになったんだと思います。「微熱」の制作過程も面白かったですね。まずプロットを作曲してくださった本間昭光さんに送ったら、それが歌詞だと思ってメロディーを付けて返してくれたんです。いつもはプロットからメロディーに合わせて歌詞にしていく作業だから、削られてしまう想いがあるんですけど、詞先のかたちになったのでそういうのがひとつもこぼれずに入っていて。これは制作の初期のものなんですけど、タイトルを付ける時にちょっと自分の心情の変化もあって…“恋は麻疹”と言うけど、“微熱”って付けました。

今作は尾崎雄貴くんとの出会いも大きかったのでは? 今までにない新しいものを家入レオの世界に持ってきたというか。

そう思います。同世代なんですけど、歌詞と曲が届くたびに悔しくて(笑)。絶妙ですよね。「パパの時計」なんて映画を観ているようだし。尾崎さんはすごく少女的なところがあって、私の歌声には少年性があるから、そこがいい感じにマッチングしたんだろうなと思います。

尾崎くんの楽曲に顕著に表れている気がするのですが、レオさん、声を楽器としても使えるようになっていますよね。

そうなんです。“私”を主張しなくなったというのはすごくあって。「ありきたりですが」も正確さよりも雰囲気重視になっていますし。

言ってしまえば、この曲はフォークソングですよね。歌詞もですます調だったりしますし。

はい。家入レオに《君とのごはんが恋しくて》って書く人なんて、杉山勝彦さん以外にいないと思います(笑)。アレンジに関しては坂本昌之さんに“四畳半をイメージしてください”とお願いしました。

「恋のはじまり」のソロバージョンもポイントですね。

私が純粋に友達として、大原櫻子と藤原さくらのことが大好きで作った楽曲なので、ひとりで歌うのは結構恥かしかったんです。“ここは絶対に櫻子”“ここはさくらに”って歌振りを考えるのが楽しかった作品ですし。でも、“レオちゃんのソロバージョンも聴いてみたい!”という声をいただいたので。

ラストに収められている「大事なものすべて」は、ライヴに集う人たちが一番いい顔をしている画も浮かびます。

そうなんですよ! ほんと、レコーディングのマイクの向こう側にみんなが観えていて。早く会いたい!!

ツアーも決まりましたしね。今までと違うレオさん、それぞれが好きだった今までのレオさん、いろいろなレオさんに会えそう。

あ、その言葉いいですね。そう、それぞれ好きな私があってほしい。「TOKYO」を歌う私、“もう恋なんて、愛なんて”って言ってる私もいれば、「微熱」で“片思いで切ない”って言ってる私もいる…どれも私なので。そして、ちゃんと歌を、この『TIME』を届けたいので…いろんな人の力を借りて、いいライヴにしたいです。

取材:竹内美保

アルバム『TIME』2018年2月21日発売 Colourful Records/ビクターエンタテインメント
    • 【初回限定盤A(DVD付)】
    • VIZL-1311 ¥4,900(税抜)
    • 【初回限定盤B(DVD付)】
    • VIZL-1312 ¥3,500(税抜)
    • 【通常盤】
    • VICL-64927 ¥3,000(税抜)

『家入レオ 6th Live Tour 2018』

5/03(木) 東京・オリンパスホール八王子
5/12(土) 大阪・国際会議場 メインホール
5/13(日) 大阪・国際会議場 メインホール
5/19(土) 広島・上野学園ホール
5/20(日) 香川・サンポートホール高松 大ホール
5/26(土) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
6/01(金) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
6/02(土) 北海道・音更町文化センター
6/09(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
6/16(土) 福岡・サンパレスホテル&ホール
6/22(金) 三重・三重県文化会館 大ホール
7/01(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA

家入レオ プロフィール

イエイリレオ:1994年12月13日生まれ、福岡県出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、15歳の時に完成させた「サブリナ」で12年2月にメジャーデビューを果たす。光と影、希望と不安や葛藤など、精神面での深淵を綴った歌詞と表情豊かなヴォーカルで幅広い支持層を獲得。17年2月にデビュー5周年記念で初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売し、4月には初の日本武道館公演を大成功に収めた。19年2月にはデビュー7周年記念で“Premium Symphonic Night”と題した大阪城ホール公演を開催。家入レオ オフィシャルHP

家入レオ
アルバム『TIME』【初回限定盤A(DVD付)】
アルバム『TIME』【初回限定盤B(DVD付)】
アルバム『TIME』【通常盤】

アルバム『TIME』トレイラー

「春風」Short Film

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。