『写真家、長谷川圭佑が会いに行く』

『写真家、長谷川圭佑が会いに行く』

『写真家、長谷川圭佑が会いに行く』
- 第6回 Maison book girl -

写真家、長谷川圭佑が気になる音楽系アーティストに会いに行く。音楽系アーティスト×写真家のコラボ企画『写真家、長谷川圭佑が会いに行く』。

寒い。寒いですね。
やっと秋ですね、なんて言っていたらもう冬です。今年も残り1ヶ月をきりました。
この連載も6回目、今年最後の記事になります。


今月のアーティストは、11月30日にメジャーデビューシングル「river(cloudy irony)」をリリースしたばかりのMaison book girlから矢川葵さん、和田輪さんです。リリースでお忙しいなか貴重なお時間をいただきました。ありがとうございます。
季節が冬の始まりということもあって、爽やかできらきらした写真というよりは、少し寂しいような乾いたイメージでいこうと思い、多摩川沿いの河川敷で撮影。
今にも雨が降り出しそうな天気で案の定極寒の中の撮影となり、日本の四季を肌で感じたわけです。秋よ短すぎやしないかい。


矢川さんと和田さんは共に個性が光るお二人ですが、個人的にはお二人の相性はとてもよく感じました。お二人で写っても個性を保ったままきちんと絵になる所、すっと風景に溶け込む感じ。シャッターを押しつつ「これだこれ」と思っていました。
僕が撮影を構成していく段階で描いていたイメージに自然となっていくあたりがとても心地良かったです。
僕の中では都会的なイメージのブクガ、あえて乾いた自然と掛け合わせることで、侵食し合う都市と自然のイメージになったのかなと思います。完全に僕の嗜好ですが。
次の記事が載る頃にはもう 新しい年になっているんですね。全然実感が湧きません。
では皆さん、少し早いですが、良いお年を。


長 谷 川 圭 佑
長谷川圭佑 プロフィール

ハセガワケイスケ:1988年生、茨城県在住の写真家。大学在学中から“少女”をテーマに写真を撮り始め、2015年に会社員からプロの写真家に転身。作品発表の場としているTwitterではアカウント開設から約3年でフォロワーが30,000人を超え、女子中高生を中心に大きな人気を集めている。自身の作品集である“少女寫集”シリーズは主にヴィレッジヴァンガードの一部店舗と展示イベントのみでの販売にも関わらず、合計販売冊数が5,000部を突破。現在は多様なジャンルとのコラボレーションなど活動の幅を広げ、今までのかたちに囚われない新鋭写真家として注目を集めている。長谷川圭佑 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • G-NEXT POWER PUSH

ギャラリー

  • Rei / 「Cutting Days」
  • Tsubasa Shimada(PrizmaX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 夜の本気ダンス / 「鈴鹿秋斗の絵とビート!」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • WEBER / 「ハヤトノセカイ」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • フレンズ / 「続・ゾンビ探求日誌」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • ジュリアナの祟り / 「こどもちゃんだっていろいろ」