ν[NEU]

ν[NEU]

ν[NEU]、 シドの名曲「妄想日記」を
カバー!

ビジュアル系ロックバンドν[NEU](ニュー)が、シドの名曲「妄想日記」のカバーシングルを12月11日(水)にリリースすることが決定した。
ロックバンド、シドがインディーズ時代に発表した「妄想日記」を、若手ビジュアル系を中心に10組のアーティストがカバーするという企画に、いま勢いに乗るν[NEU]が参戦する。そして12月27日・日本武道館ライブ「Visual BANG! ~SID 10th Anniversary FINAL PARTY~」にも出演が決定!シドの結成10周年を記念して開催するこのライブは、ビジュアル系シーンに一石を投じる一夜限りのスペシャルイベント。 ν[NEU]ファンならずとも、見逃せないライブとなっている。

「妄想日記」は2004年に発表された1stアルバム「憐哀 - レンアイ」の収録曲で、ライブの定番曲として愛されている1曲。異色のカバー企画には、ν[NEU]の他にAYABIE、R指定、アリス十番×スチームガールズ、カメレオ、 ZORO、DIV、DaizyStripper、DOG inThe パラレルワールドオーケストラ、Moranの計10組が参加。それぞれの仕上がりに注目が集まるところだ。

ν[NEU]は、7月31日に発売したシングル「APOLLON / starting over」が、オリコンウィークリーチャート初登場9位を獲得(8/12付)。2月にリリースした「The 25th Century Love」(オリコンウィークリーチャート6位を記録)に引き続き、2作連続のTOP10入りを達成した。 そして、9月からは「APOLLON / starting over」を引っさげた、全国19公演ワンマンツアーがスタートする。来年1月26日には、SHIBUYA-AXにてワンマンライブが決定!リリースにライブと、今後も勢力的に活動を続けるν[NEU]を要チェックだ。

カバーシングル「妄想日記」

2013年12月11日(水)発売

「Visual BANG! ~SID 10th Annivers
ary FINAL PARTY~」

【開催日】12月27日(金)
【会場】東京 日本武道館
【出演】シド / AYABIE / R指定 / アリス十番×スチームガールズ / カメレオ / ZORO / DIV / DaizyStripper / DOG inTheパラレルワールドオーケストラ / ν[NEU] / Moran

「AUTUMN ONEMAN TOUR 2013」

09月07日(土) 渋谷O-WEST
09月08日(日) 渋谷O-WEST
09月14日(土) 大阪MUSE
09月15日(日) 大阪MUSE
09月21日(土) 札幌KRAPS HALL
09月22日(日) 札幌KRAPS HALL
09月28日(土) 福岡DRUM Be-1
09月29日(日) 福岡DRUM Be-1
10月04日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
10月05日(土) 柏PALOOZA
10月12日(土) 名古屋ell.FITS ALL
10月13日(日) 名古屋ell.FITS ALL
10月19日(土) 仙台MACANA
10月20日(日) 仙台MACANA
10月26日(土) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
10月27日(日) 金沢AZ
11月02日(土) 広島NAMIKI JUNCTION
11月03日(日) 神戸VARIT.
11月10日(日) 渋谷O-EAST

「NEW YEAR ONEMAN 2014」

【開催日】2014年1月26日(日)
【会場】東京 SHIBUYA-AX

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」