「hide MUSEUM 2013 UNIVERSAL STUDIOS JAPAN® ~To The Future~」

「hide MUSEUM 2013 UNIVERSAL STUDIOS JAPAN® ~To The Future~」

hideのソロ活動20周年&生誕50周年を
記念したプロジェクト「hide ROCKET
DIVE 2013-14」展開中!

永眠後15年という歳月が経った今も日本のミュージックシーンに多大なる影響力を与え続ける伝説のロックアーティスト、hide。そんな彼の2013年=ソロ活動20周年、2014年=生誕50周年を記念したプロジェクト「hide ROCKET DIVE 2013-14」が展開中だ。

大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
®にてスケールアップしたhide MUSEUM
2013がOPEN !!

まずは、大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®にスケールアップしたhide MUSEUM 2013が8月7日(水)にオープンした。 2000~2005年にhide生誕の地・横須賀に開館し、45万人が来場した「hide MUSEUM」がダイバーシティ東京 プラザに続き、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®で復活を果たしたのである。ダイバーシティ東京 プラザ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®ともに、アーティストのミュージアムとのコラボレーションは史上初となる。

このミュージアムのコンセプトは「hide機長の宇宙船で、軌跡を辿る未来への旅」。東京会場からさらにパワーアップし、ソロ活動で愛用していた品々が展示されるコンセプトエリアをツアーしながら、宇宙ステーション内で開催されるhideのライヴステージにご招待するというものだ。hideが愛用していた衣装やギター、直筆のメモなどの貴重なアイテムを120mにも及ぶ船内の長い通路に展示。大阪会場で新たに設けられたドレッシングルーム・バックステージエリアでは、hideが大阪でライヴを行なった際の映像と合わせて、楽屋で使用した衣装ケースやステージで使用した機材などを間近で見ることができる。クライマックスであるライヴエリアでは、巨大スクリーンでhideの1stソロツアー初日公演ライヴ映像に加え、1stシングル「EYES LOVE YOU」「50% & 50%」の作詞を担当した森雪之丞が今回特別に書き下ろしたポエムも公開される。

最大の目玉であるリアルヒューマンドールは、特殊メイクアーティストの岩倉知伸が細部にこだわり約240日をかけて製作。その製作費は4,000,000円。眼球は200種類を作成し、その中から厳選したものを使用。毛髪は1ヵ月をかけ、生え際や毛の質にこだわり一本一本植毛。まゆ毛だけでも4日間を要すなど、相当のこだわりをもって作られている(リアルヒューマンドールが着用している衣装とブーツは、1997年に行なわれたフォトセッションで実際にhideが着用していたもの)。

hide MUSEUMの開催は9月8日(日)までの期間限定。夏休みにぜひ出かけてみよう! さらに、8月28日にはトリビュートアルバムとノンストップリミックスアルバムが発売。10月にはライヴドキュメンタリーフィルム『hide ALIVE THE MOVIE -hide Indian Summer Special Limited Edition-』が公開予定と、まだまだ「hide ROCKET DIVE 2013-14」には注目していきたいところだ。

【hide MUSEUM 概要】
『hide MUSEUM 2013 UNIVERSAL STUDIOS JAPAN® ~To The Future~ 』
会場:UNIVERSAL STUDIOS JAPAN® Stage 18 (大阪府此花区桜島2-1-33)
開催期間:2013年8月7日(水)~2013年9月8日(日)
開館時間:10:00~18:00(最終入場 17:00)

音楽のジャンルと世代を越えたhideトリ
ビュートアルバム "SPIRITS" シリーズ
(2013年6作品リリース)第2弾!

『クラシカル』をテーマにhideの楽曲からインスパイアされた気鋭のアーティストが集結し、アコースティックから電子楽器までクロスオーバーしたサウンドでhideの名曲を再構築した、まさにhideだからこそ実現した変幻自在のトリビュートアルバム『hide TRIBUTE IV-Classical SPIRITS-』。そして、hide楽曲の共同プロデューサーでありhide with Spread Beaverのメンバーでもある盟友INAの手による、唯一無二のhideオフィシャルクラブイベント『CLUB PSYENCE』の熱気をラッピングしたノンストップ・リミックスアルバム『hide TRIBUTE V –PSYBORG ROCK SPIRITS- ~CLUB PSYENCE MIX~』。そんな強力なアルバムが2013年8月28日(水)に2枚同時発売される!

■アルバム『hide TRIBUTE IV-Classical SPIRITS-』
2013年8月28日発売
TKCA-73941/¥3,000(税込)
<収録曲>
01.ROCKET DIVE(チェロ三重奏ver.)/村中俊之 feat.エリヤ
02.ピンク スパイダー(ヴァイオリン&ピアノ☆ロックオペラ ver.)/Tin Toy Classica
03.In Motion(現代音楽 ver.)/酒井健治
04.JUNK STORY(ホーミー ver.)/ボルドエルデネ
05.DICE(チル・ラウンジ ver.)/土屋雄作
06.ever free(トリック・ギター ver.)/谷本光
07.TELL ME(クラシカル・ヴァイオリン ver.)/奥村愛
08.MISERY(クラシック・ピアノ ver.)/蔵島由貴
09.Beauty & Stupid(三味線 ver.)/はなわちえ
10.EYES LOVE YOU(ジャズ・ピアノ ver.)/松永貴志
11.HURRY GO ROUND(マリンバ ver.)/SINSKE
12.ever free(ロック&メロウ・ヴァイオリン ver.)/Sword of the Far East
13.GOOD-BYE(テルミン ver.)/佐藤沙恵
14.Hi-Ho(電子鍵盤 ver.)/阿邊葉月
15.ピンク スパイダー(SPIRITS ver.)/大澤誉志幸 with DIE

■アルバム『hide TRIBUTE V –PSYBORG ROCK SPIRITS- ~CLUB PSYENCE MIX~』
2013年8月28日発売
TKCA-73942/¥3,000(税込)
<収録曲>
01.CLUB PSYENCE 20XX
02.PSYENCE
03.PINK SPIDER
04.BACTERIA
05.SCANNER
06.DICE
07.Hi-Ho
08.LEATHER FACE
09.ERASE
10.CELEBRATION
11.POSE
12.FROZEN BUG
13.Squeeze IT!!
14.DOUBT
15.ever free
16.Beauty & Stupid
17.MISCAST
18.OBLAAT

『hide TRIBUTE IV-Classical SPIRITS
-』15秒SPOT

『hide TRIBUTE IV-Classical SPIRITS
-』60秒SPOT

『hide TRIBUTE V-PSYBORG ROCK SPIRI
TS-~CLUB PSYENCE MIX~』15秒SPOT

『hide TRIBUTE V-PSYBORG ROCK SPIRI
TS-~CLUB PSYENCE MIX~』60秒SPOT

野外ロックフェス『氣志團万博2013』に
出演!

hideとしては初となる野外ロックフェスへの出演。hideは9月14日でトリを務める。

『hide ALIVE THE MOVIE -hide Indian
Summer Special Limited Edition-』全
国映画館でロードショー決定!

2013年10月12日(土)より『hide ALIVE THE MOVIE -hide Indian Summer Special Limited Edition-』 の全国映画館でのロードショーが決定した。1996年9月8日、千葉マリンスタジアムで開催されたhideプロデュースによる野外イベント 『LEMONed presents hide Indian Summer Special』でのhideのライヴ映像が、 17年の時を経て遂に全曲初公開となる。数量限定プレス「初全曲収録・ライヴ音源CD」特典付 hideスペシャルチケット発売中!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」