【インタビュー】新世代のクリエイタ
ーは歌って踊る── MADKID、メジャ
ーデビュー

2014年からインディで活動してきたダンスヴォーカル・グループ“MADKID”が1月31日にシングル「Never going back」でメジャーデビューを果たす。これを記念してBARKSでは彼らへのインタビューを実施し、5人が考えるダンスヴォーカル・グループ像や、彼らの表現する音楽について訊いた。MADKIDは、歌って踊る、新しいタイプのクリエイターだ。このフレッシュな感性に是非とも触れてみてほしい。
◆MADKID 画像ページへ
  ◆  ◆  ◆
■ MADKIDはこの5人以外考えられない
── MADKIDはどのようにして結成されたのですか?
KAZUKI:もともとは、みんなそれぞれが音楽活動や芸能活動をしていたんです。高校の同級生だったり、オーディションとかで知り合ったりして、僕とYOU-TA、LIN、YUKIが繋がり意気投合して結成しました。
YOU-TA:最初は、まだSHINではない別のヴォーカリストを入れた5人組のダンスヴォーカル・グループだったんです。僕は高校まで野球一筋で生きてきたんですが、カラオケで友達が僕の歌で泣いてくれたことがきっかけで、高校を卒業してから音楽の道に進みました。その中でMADKIDのプロデュースをしている北浦正尚さんと知り合いまして、ちょこちょこ歌のお仕事をいただいていたんですね。で、MADKIDを結成したタイミングで「プロデュースしてほしい」とお願いしにいきました。
── SHINさんはどんな経緯で加入したんですか?
YOU-TA:SHINは別のグループで活動していて、その頃から存在は知っていました。そのグループが解散しちゃって、僕らもメンバーの脱退があったから、1年くらいずっとSHINをMADKIDに誘い続けてたんですよ。でもなかなかいい返事ももらえなくて。
SHIN:タイミングが合わなかったんですよ。でもたまたま観たMADKIDのライブがあまりにカッコよくて。それで「一緒にやらせてほしい」と僕からお願いしたんです。YOU-TAは本当に男らしいやつで快諾してくれました。今は5人で少しでも高いところに行きたいと思っています。僕は別のグループにいた時に、4人がすごく頑張ってて苦労してきたのを見てたから、余計にそう思う。
── 4人での活動はどんなところが大変でしたか?
YOU-TA:5人でのパフォーマンスを前提に振り付けを作っていたから、1人抜けてしまうとその構成を全部作り変えなきゃいけないんです。僕らはダンスありきのグループなので、メンバーが脱退するたびの降り出しに戻る感覚でした。歌もダンスもパフォーマンスも、やる人によって全然違う。だから僕はメンバーが簡単に脱退してしまう感覚がわからないんですよ。MADKIDはこの5人以外に考えられないですね。
KAZUKI:僕もSHINちゃんがダメなら4人でいいと思ってました。
SHIN:自分で言うのもアレなんですが、僕はちょっとアイドルっぽい雰囲気があるんですよ(笑)。でもそういうのが嫌で。MADKIDはみんなが僕と正反対のキャラクターを持っているので、僕が素のままでいてもちゃんと成立する。本当に理想的なグループだと思います。
YUKI:ダンスヴォーカル・グループというと、どうしてもアイドル的なイメージを持たれてしまうんですけど、僕たちは作詞作曲も自分たちでしているし、この5人でしかできない表現をしていきたいんです。
LIN:そうだね。ダンスヴォーカル・グループなんて、昨今は誰でも簡単に組めちゃいますから。J-POPやK-POPの人気アーティストの感じをパクればいいんですもん。
SHIN:とはいえ僕らがアイドルなのか、アーティストなのかは、最終的に観ている人たちが決めることだから、僕らは自分たちの音楽を追求していくだけです。僕は途中で加入しているからこそ、みんなの人生を背負う覚悟でやってます。

▲左からSHIN、LIN、YOU-TA、YUKI、KAZUKI
── みなさんはどんな曲を聴いてるんですか?
SHIN:最近だと、僕はサム・スミスをめちゃめちゃ聴いてますね。
YOU-TA:僕はDJもするので、いろんな音楽を聴きます。ヴォーカルという部分に関して言うと、ブライアン・マックナイトとかジェイピー・クーパーとかが好きです。日本人だったら玉置浩二さん。歌い回しのテクニックを少しでも吸収したくて。移動の時はEDMが多いですね。
KAZUKI:僕はK-POPが多いですね。あとはジャンルを決めずに好きなものを聴いてます。
YUKI:僕はマイケル・ジャクソンが好きで、彼に影響を受けたアッシャーとかを聴きます。80〜90年代のダンスヴォーカル・グループの曲も好きだな。
LIN:俺はインストものが多いですけど、特に好きなのはtofubeatsさんやseihoさんです。でもラップをはじめたきっかけはPSGなんですよ。
SHIN:みんな違う感性で違う音楽を聴いているので、メンバー同士で音楽の話をすると常に発見がありますね。深まっていくというか。
──楽曲制作はどのように行なっているんですか?
YUKI:制作の時は俺とLINの2人が頭を抱えながらやってます(笑)。
LIN:でも曲によりけりですね。北浦さんがベースを作ってくれることもあるし。そこから全員で煮詰めていきます。
──プロデューサーの北浦さんはどのように制作に関わっているんですか? 彼は東方神起をはじめとするさまざまなアーティストの楽曲制作に携わっていますね。
YUKI:俺らがやりたいことを聞いて、形にしてくれるんです。荒削りなアイディアを整えてくれるというか。
YOU-TA:とにかく仕事が早い。僕らがとまどうスピード感でいろんなことが進んでいきます(笑)。
◆インタビュー(2)へ
■ もちろん世界にも進出しますよ
──メジャーデビュー曲「Never going back」はどのように制作したのですか?
YUKI:この形になるまではかなりいろいろな試行錯誤がありましたね。最初は今の自分たちを表現しようとしすぎて、USのトレンド取り入れた複雑でわかりづらい曲でした。
LIN:そこを北浦さんが軌道修正してくれて。MADKIDのカラーを消さずに尖った部分を丸くしてくれました。客観的に聴いても今の形がちょうどいいと思いますね。
──歌詞にはどんな気持ちが込められていますか?
YUKI:やはりメジャーデビュー曲なので、自然と「前を向いて進んで行こう」という内容になりました。過去にもそういう曲は作ってきましたが、まさに今の気持ちがそのまま歌詞になっていますね。
YOU-TA:僕はメインヴォーカルなので、歌に芯を持たせることを意識しました。あとKAZUKIとSHINとの調和も大事にしていますね。
KAZUKI:僕は細い声質なんですが、YOU-TAの声との相性がすごくいいんですよ。レコーディングエンジニアの方も驚いていました。お互いちょうど喧嘩しない音域なので、自然なハーモニーが作れる。ほとんどの曲で高音部のコーラスを歌っているので、曲により厚みを出すことを意識してます。
── 2人がそこまで完璧なハーモニーを作れると、後から入ったSHINさんは苦労が多かったんじゃないですか?
SHIN:悩んだ部分は多かったです。僕は前に所属してたグループでアイドルっぽい曲をたくさん歌ってたから、どうしてもJ-POPっぽくなっちゃうんですよ。でもMADKIDの曲を歌うんだったら、もっと声を太くしなきゃいけないと思ったし、もっと曲に合わせた声の出し方をしなきゃいけなかった。いまもまだ修行中です。でもこの「Never going back」はしっかり思いを込めて歌うことができたと思います。
YOU-TA:そこは本当に大事で。僕もうまく歌うことより、聴いてる人にメッセージが伝わるような歌い方を常に意識しています。
──曲作りの段階で、YUKIさんとLINさんがヴォーカルチームにディレクションすることはありますか?
LIN:ディレクションという感じではないかな。
YUKI:そうだね。作った時にイメージしてたグルーヴを伝えたりしますけど。ただヴォーカルチームもそれぞれ考えてきてると思うから、そのアイディアを尊重しつつ、北浦さんも含めた全員がチームになって少しずつ1曲を組み立てていく感じです。
YOU-TA:例えば「Stuck on U」ではYUKIとLINがまっすぐな歌詞を書いてくれたので、ヴォーカルはあえてエッジの効かせたり。サビで切なさが際立つようにBメロをシンプルしたりしました。
YUKI:逆に「Rain」は僕がサビを作ってるし。この曲はラップが難しかったな。
LIN:「Rain」は「Never going back」とBPMが同じだからね。
YUKI:だからちょっと工夫しないと、代わり映えしないラップになっちゃう。LINちゃんはいつもはサクッと歌詞を書くタイプなのに「Rain」は珍しくすごく悩んでたよね。リズムの取り方やフロウをかなり工夫しました。
──最後にみなさんの目標を教えてください。
LIN:俺はラッパーとして「割といいラップしてんじゃん」って思われるようになりたいですね。
KAZUKI:僕らは日本コロムビアが初めてリリースする本格的なダンスヴォーカル・グループなんです。東方神起に憧れてダンスヴォーカル・グループを始めた僕からしたら、夢みたいな気持ちです。でも今後はその夢が現実になるように努力して、いずれは日本コロムビアの看板アーティストになりたいです。
YOU-TA:そうだね。でもMADKIDのスタイルは崩したくない。今回メジャーデビューしましたけど、あくまで自分たちの音楽をやっていきたいです。
YUKI:ダンスヴォーカル・グループっていう枠組みにとらわれずに表現したいよね。俺らのステージを観に来たいって思われるような存在というか。でもそれは俺1人の力では実現できない。だからチームとして一丸となって、みんなとどこまでも前に進んでいきたい。
SHIN:目標はたくさんあるんですよ。5人で音楽番組に出たいとか、武道館でやりたい、東京ドームのステージに立ちたいとか。とにかくたくさんの人にMADKIDの音楽を届けたいんです。もちろん、世界にも進出しますよ(笑)。
取材・文◎宮崎敬太
  ◆  ◆  ◆

▲SINGLE「Never going back」Type-A(CD+DVD)

▲SINGLE「Never going back」Type-B(CD)
MADKID MAJOR 1st SINGLE「Never going back」


2018年1月31日(水)発売

Type-A【CD+DVD】 ¥1620(tax in)

Type-B【CD】 ¥1300(tax in)
【CD収録内容】

1.Never going back

2.Stuck on U

3.Rain

4.Never going back(Instrumental)

5.Stuck on U(Instrumental)

6.Rain(Instrumental)
【DVD収録内容】

1.Never going back(Music Video)

2.Making of Music Video
MADKID LIVE2018 <Never going back>


2018年4月30日(月・祝)16時30分開場 / 17時30分開演

会場:新宿ReNY

チケット価格:前売り3500円(1D別)

問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12時~19時)

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

13コメント
  • RT @barks_news: 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID
  • RT @barks_news: 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID
  • RT @barks_news: 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID
  • RT @barks_news: 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID
  • RT @barks_news: 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID
  • 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー - BARKS 日本 https://t.co/KSlSEWjK5g
  • 【BARKS】【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/qtYnRmdqGZ
  • RT @barks_news: 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID
  • 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID
  • 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/0ggvBpmXaj
  • 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー  https://t.co/CQJvpQewez
  • 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/6BjNyjW5fo
  • RT @barks_news: 【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー https://t.co/MZ1ooQhUbO #MADKID