2o Love to Sweet Bullet (トゥラブ)シングル『Véga』「アイドル/ヲタクカルチャー」を世界へ向けて発信!

2o Love to Sweet Bullet (トゥラブ)シングル『Véga』「アイドル/ヲタクカルチャー」を世界へ向けて発信!

2o Love to Sweet Bullet (トゥラブ
)シングル『Véga』「アイドル/ヲ
タクカルチャー」を世界へ向けて発信
!

2o Love to Sweet Bulletシングル『Véga』「アイドル/ヲタクカルチャ-」世界へ向けて発信!群雄割拠のアイドルシーンに会心の一撃!                      

昨年はリーダーの藤野志穂が「週刊プレイボーイ」の「ナツイチクィーン」となりグラビアを彩れば、アイドル界のクレオパトラ(絶世の美女)と評判の高い山広美保子が「週間ヤングジャンプ」の「サキドルエースグランプリ」に輝き表紙とグラビアへ登場。ヴィジュアルが売りなだけに、トゥラブとしては絶対に負けられない戦いであったが、見事に勝利し2冠を飾る快挙を成し遂げたのも記憶に新しい。
この快挙は、乃木坂46欅坂46という坂道系がグラビア界を席巻する中、新たな予感を感じさせる衝撃として、瞬く間にアイドル界へ広がっていった。そして2018年、トゥラブの快進撃は、さらなる勢いを増して続いてゆく。新年最初のトゥラブは、1月30日(火)のシングルリリースに先駆け、国内のみならず海外へ目を向けた『Véga』のビデオクリップを公開。「日本の歴史伝統とヲタク文化」を全世界に突きつけた。
凄まじい勢いと重低音の効いた高速ダンスビート『Véga』は、ライブでも人気を集める楽曲。絶対直球女子!プレイボールズの制作チームが制作陣に加わったMVでは、いきなり「1185年」「壇の浦」「平家滅亡」の文字を提示。当時の様を描いた様々な絵や、織田、平氏、上杉の紋章を映し出せば、その絵たちと重なるようにトゥラブのメンバーらが登場する。いきなり難解な謎を突き付けられるのだが、「壇の浦の戦い」は、新しい時代への変革を成した戦(いくさ)。これぞ、トゥラブが、今のアイドル界へ討って出た宣戦布告なのか!?
さらに映像には、日本テレビのアイキャラで有名な二次元キャラクター小林咲彩が凄まじいヲタ芸を披露する様が登場。様々なヲタクカルチャーを背負いながら、最先端技術を駆使し時代の変革へと乗り出してゆく想いが、この映像には詰め込まれているのだろう。ライブでは独特なコールや推しメンに向けた推しジャンが繰り広げられ、凄まじい盛り上がりを見せているこの『Véga』。今回のぶっ飛んだMVによりトゥラブの中でもとくに熱狂を描き出す最上級のキラーチューン(打ち曲)になりそうだ。
『Véga』とは、「七夕の織女星(おりひめ)のことを指す、全天の恒星のうち最も明るい星」(Web調べ) とのこと。混沌としたアイドル戦国時代の中、輝くばかりの美少女軍団トゥラブには、とても似合うタイトルである。そして、トゥラブは3-TYPEの発売となるシングル『Véga』の全C/W曲として『Noah』を収録。天変地異(洪水)から逃れるために、人類を形成する様々な子孫を乗せたノアの方舟のように、今回のシングルで、みずからの輝きの元へ集まったアイドルファンたちを、新しい世界へ連れ出していくのだろう。
2018年のトゥラブは、『Véga』を手に、アイドルシーンに会心の一撃を食らわしそうだ。最期に。現在トゥラブは、連日のようにシングル『Véga』のリリースイベントを行っている。気になった方は現場へ足を運び、熱いコールをぶつけてくれ。
『Véga』のビデオクリップ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

0コメント