舞台挨拶に登壇した「銀魂」真選組キャストのみなさんと藤田陽一監督

舞台挨拶に登壇した「銀魂」真選組キャストのみなさんと藤田陽一監督

『劇場版銀魂 完結篇』こうのすシネ
マ舞台挨拶公式レポ

単行本発行部数4,400万部を超える、週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」の映画化第2弾として全国公開中の『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の舞台挨拶が、2013年7月13日(土)埼玉・こうのすシネマにて開催された。
そこで今回は、千葉進歩(近藤勲 役)、中井和哉(土方十四郎 役)、鈴村健一(沖田総悟 役)、太田哲治(山崎退 役)、藤田陽一監督が登壇し、終始アットホームな雰囲気の中で行われたという舞台挨拶の公式レポートをお届けする。なお、映画の公式サイト(http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/)では、レギュラー声優陣による映像コメント集が公開中。気になる人は今すぐにアクセスしよう。

--------------------------------------------------------

■『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』舞台挨拶

日時:7月13日(土)12:00~
会場:こうのすシネマ(埼玉県鴻巣市本町1-2-1エルミこうのすアネックス3F)

<登壇者>
千葉進歩(近藤勲 役)、中井和哉(土方十四郎 役)、鈴村健一(沖田総悟 役)、太田哲治(山崎退 役)、藤田陽一監督

7月6日~7月7日の2日間で281,859,900円という興行成績で、劇場版前作『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』(興行収入10.6億円)の140%以上のオープニング興行成績を記録し、好調な滑り出しのまま公開2週目を迎えたこの日、千葉進歩(近藤勲役)、中井和哉(土方十四郎役)、鈴村健一(沖田総悟役)、太田哲治(山崎退役)ら真選組メンバーと藤田監督による舞台挨拶を行った。大人気の真選組メンバーとあって、大きな拍手で迎えいれられ、司会も太田が務めるなど終始アットホームな雰囲気の中行われた。

本作での真選組の描き方について、「それぞれ見せ場があってちゃんと責務を果たせたかなという気持ち。いいところで全員がからめたかな」と藤田監督。未来のシーンではビジュアルが変化していることについて、太田から「檻の中のゴリラ役」と言われた千葉は「そう言われるのも慣れてきた(笑)」と返し、中井は「中身は何も変わらずいつも通り。土方十四郎本人がどうというよりエリザベス役で登場した、ある大御所声優さんと一緒に戦えたのは男の子の夢なので、心躍りました」と豪華キャストとの共演について語った。

藤田監督は原作者の空知先生との作品作りについて「大体飲んでました(笑)」とおどけつつも「大きなストーリーの流れは基本的におまかせして、ギミックや映画ならではのスケールなど、できることはこちらから投げかけたりした」と言い、さらに「戦闘シーンは先生からのネームに「激闘」と2コマ程書いてあるだけだった」と暴露。これにはキャスト陣も驚きを隠せない様子だった。その戦闘シーンについて、千葉が「今どきらしい戦い。戦闘シーンが俯瞰から入ったりとスピード感も壮大だった」と語り、中井も「本気を出すと実はすごいんですよね」と冗談交じりに褒めると、監督が「追い詰められないとできないタイプ。ギリギリまで時間を使って作りました」と答えると鈴村が「夏休みの宿題みたいな?もう本当に間に合ってよかったです」と和気あいあいの様子だった。
2006年のテレビアニメ開始から7年、真選組メンバーが出演しない回もあったとしつつ、鈴村は「『アニメが再開します』と言われてから全然呼ばれなくて本当に再開したのか疑っていた」と言い、中井は「(出番が少なくても)われわれ真選組メンバーだけは団結しよう、と言っていたら近藤局長(千葉)だけが呼ばれていて疑心暗鬼になったことも」と話し、太田も「あまり7年経ったという気がしない」と思い思いに語るも、最後には全員で「長いことやってるんだねぇ」としみじみ振り返った。

最後に、太田が、監督にアニメ「銀魂」は本当に終わるのかと問いかけると「今回の映画はけっこう出し尽くしたし、いろいろ詰め込んできれいに締めたつもり。でも僕らが終わると思っていても、映画がヒットしてくれたら大人たちがだまっていないはず(笑)」と含みながらいうと、観客からは今日一番の大きな拍手が。これには鈴村も「とってもいい映画だったでしょ?銀魂らしいというか、集大成の映画だなと。これからも続いてほしいなというのが大人たちと僕たちの願い」とあいさつ。スタッフ・キャスト、かけつけたファン全員の「銀魂」愛であふれる舞台挨拶となった。

----

■劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ

7月6日(土)全国ロードショー

<イントロダクション>                             
その手で未来をー
原作者描き下ろし完全新作で贈る、アニメ「銀魂」堂々の幕引き!
単行本4400万部を超える、週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」。抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメントである。
テレビアニメ開始から7年、劇場版として2作目となる本作は「完結篇」と銘打たれ、満を持して原作者・空知英秋が自らストーリーとキャラクター原案を担当。完結の名に相応しい、過去、現在、そして未来を巡る壮大な大団円(フィナーレ)を描きあげた。
大ヒットを記録した前作「新訳紅桜篇」から約3年、これまで一切語られることのなかった真実が明かされる。“完結篇”というタイトルが示す、アニメ銀魂のラストとは!? 原作者全編描き下ろしの完全新作エピソードで贈る映画化第2弾!

<ストーリー>
―時代は移り、世界は変わっても、“変わらないもの”が、きっとある。
“ある力”によって、唐突に自分のいない未来の世界に投げ出された銀時は、崩壊した江戸の町並みを目の当たりにする。荒れ果てた地球に残されたのは、貧しい者、これを機に政府を潰そうとする攘夷志士、法の緩みを利用するゴロツキども、そして、ケツまくって逃げるのが性に合わない頑固者だけ。さまよう銀時は、ふたりの若者に出会う。腰に差す洞爺湖の木刀で颯爽とゴロツキを蹴散らすメガネの青年。そして、巨大な犬を引き連れ、銀時の着流し模様をあしらったチャイナ服の美女。それは、成長した新八と神楽の姿だった。やがて銀時は、次々と変わり果てた未来の姿と、衝撃の事実を目の当たりにする。

<STAFF>
原作:空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:藤田陽一
監修:高松信司
脚本:大和屋 暁
キャラクターデザイン/総作画監督:竹内進二
主題歌:SPYAIR「現状ディストラクション」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
アニメーション制作:サンライズ

<キャスト>
杉田智和
阪口大助
釘宮理恵
千葉進歩
中井和哉
鈴村健一
石田 彰
山寺宏一

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト⇒www.gintama-movie.com
Twitter⇒http://twitter.com/gintamamovie
Facebookページ⇒http://www.facebook.com/gintamamovie2


(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会


関連リンク:

『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着