INFINITEソンヨル、「大きな作品の主
    人公、責任重大」

    INFINITEのソンヨルがKBSの連続ドラマの主役を演じた感想を明らかにした。ソンヨルはKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』の製作発表会で「このように大きな作品の主人公をすることになって責任重大だ。熱心にしないといけないと感じている」と話した。引き続き彼は「6年前にソン・オクスクさんが自分の母親役で共演させていただきましたが、今回はお義母様になられました。お母さん(ソン・オクスク)のおかげで気楽に撮影している」と話した。パク・ギホプロデューサーは「連続ドラマを通じて新たにスターになる方々が多い。ソンヨルさんが持っている魅力や雰囲気を見た時、私たちのドラマを通じて跳躍できると判断してキャスティングすることになった」と話した。

    韓流エンターテインメント

    1コメント
    • INFINITEソンヨル、「大きな作品の主人公、責任重大」 https://t.co/AjSfPROcDS