人生を音楽に捧げた泥だらけのミューズバンドCREA、新作発売記念/メンバー生誕祭を兼ねた無料ワンマン公演の場を通し、満員の観客たちへ宣言!!!!

    人生を音楽に捧げた泥だらけのミューズバンドCREA、新作発売記念/メンバー生誕祭を兼ねた無料ワンマン公演の場を通し、満員の観客たちへ宣言!!!!

    人生を音楽に捧げた泥だらけのミュー
    ズバンドCREA、新作発売記念/メンバ
    ー生誕祭を兼ねた無料ワンマン公演の
    場を通し、満員の観客たちへ宣言!!!
    !

    「革命を起こせ」「切り開け未来を」。CREA、新作「FAKE/One&Only」発売記念無料ワンマン公演!

    11月11日(土)と言えばポッキーの日…だけど、そこじゃないでしょ。11月11日はCREAのギタリストであり、心は乙女、舞台上ではWILD WOMANなAikoの誕生日。しかもこの日は、激/優2つの表情を形にしたCREAの最新シングル『FAKE/One&Only』の発売日。Wで幸せが重なったことから、CREAは下北沢ReGを舞台に、「CREA無料ワンマンLive!!~レコ発&Aiko祭りだヨ!全員集合~」と題した無料ワンマン公演を行った。当日は、いろはがオープニングアクトとして登場。熱気あふれたライブの模様を、ここへお届けしたい。
    ザクザクとしたAikoのギターの音が合図だった。ド頭から感情を熱く掻き立てるようにCREA流開放的なロックンロールナンバー『LOCK ON BEACH』が飛び出した。「弾けろ!!」と歌いながらヴォーカルのNakiが手にしたタオルを振りまわすと同時に、フロアーに詰めかけた満員の観客たちもタオルを頭上高く掲げ一斉にブンブン振りまわす。早くも場内へ熱した風が広がりだした。
    唸りを上げ届いたHirokaのベースへ歪みを上げて絡むAikoのギター。そこへMikuの疾走するドラムビートが重なると同時に、演奏は『Last Dance』へ。唸るヘヴィグルーヴの上で朗々と歌うNaki。演奏は、次第に熱を孕む大きな塊へと変貌。黒い衝撃を持った演奏に乗せ、Nakiは観客たちをけしかけるように歌う。その姿に触発されないわけがない…。
    「一緒に繋がってくよ」、開放的な音を放つ『LINK』へ飛び乗り、Nakiと一緒に拳を突き上げ、熱い声を張り上げる観客たち。「君は君の旗を掲げあの空へ」、誰もがCREAの掲げた拳という旗へ集うように想いをぶつけていた。序盤にして早くも気持ちを一つに繋ぎ合わせた熱狂の風が、突き上がる拳の旗を大きくはためかせていた。

    「これだけの人たちがCREAのために集まってくれたんだと思うと、素直に嬉しいです。目頭が熱くなっちゃうね」。感謝の言葉に続きぶつけたのが、この夏にリリースしたシングル盤に収録した『Time Walk』。触れた人たちの心に沸き上がる高揚を与える、激しさと勇壮さを重ねあわせた楽曲だ。雄大な演奏の上でNakiは雄々しく歌いながら、観客たちをその歌声で懐深く抱きしめていた。Nakiの伸ばした歌声の手を、誰もが心の手でしっかりとつかんでいた。
    サイケデリックなAikoのギターが熱く泣きだした。『悪女なあの子』を通し、CREAは魔性な女としての姿を投影。フリーキーでグルーヴィなロックンロールへ意識が侵されてゆく。何時しか大勢の人たちが、CREAの魅惑的で魔性な歌や演奏に魅了され、熱狂にとろけていた。
    「もっともっとアゲていける?楽しもう!!」、重く唸る演奏が炸裂。込み上げる感情のままに『リフレイン』を歌うNaki。沸き立つ衝動をぶつけなきゃ、この身が壊れそう。黒く唸る演奏の上で、妖しく乱れたい。Nakiは、みずからへ言い聞かせるように「前へ進むしかない、やるしかない、わかってるんでしょ」と連呼してゆく。その叫びは、CREAの元へ集った仲間たちの胸にもぶつけていた。

    激しく揺れる想いを音に。
    激しく揺れる感情をダイレクトに投影したAikoのギターが炸裂。何時しか演奏は、哀愁味を帯びた旋律へ。さらに攻撃性を増した重厚な音へと変化。そのまま演奏は、荒ぶったロックンロールナンバー『AR』へ。今宵はAikoの誕生日、彼女のワイルドなギターを大胆にフィーチャーした『AR』が心を開放するように吠えだした。普段はとてもシャイなAikoだが、彼女の心の奥底では、こんなにも荒くれたロックな魂が熱を持って吠えている。
    Hirokaのファンキーなディスコビートを合図に、跳ねたロックンロールナンバーの『こぐまのうた』が飛び出した。歌いながらNakiは、手にしたバッグの中から小熊のぬいぐるみを出しては客席へ放り投げてゆく。小熊のぬいぐるみを片手に歌うNaki、サビで起きた「こぐま」コール。跳ねたロックロンールが気持ちをウキウキと弾ませる。
    光をつかむように駆けだした『ダリア』に飛び乗り、Nakiが、ファンたちが手にしたタオルを頭上高く振りまわした。明日をしっかり見据え高らかに歌うNakiへ、熱いエールをぶつける観客たち。ダリアのように咲き誇る希望を、誰もが熱い絶叫に変え舞台上へぶつけていた。

    ここで、ギターのAikoの誕生日を祝うコーナーへ。超クールを気取っていたはずのAikoだが、客席から無数に上がったAikoの写真を見て、顔をにやけていたのも印象的な一場面。
    スラップが炸裂。
    CREAのライブをつねに熱狂で支えてきた高揚ナンバー『REASON』が始まると同時に、会場中が沸きだした。「叫べ」「強く」と、Nakiと一緒に熱した想いのままに叫ぶ人たち。気持ちを熱く揺さぶる楽曲に触発され、無数の拳と荒ぶる声が飛び交う場内。沸き上がる衝動のままに叫び続けたい。まさに、そんな心境だ。
    Hirokaのスラップベースが炸裂。演奏は黒いグルーブを巻き起こす『Flap×Slap!』へ。黒くヘヴィにうねる演奏へ飛び乗り、フロアー中の人たちが大きく右手を掲げ跳ねだした。CREA流のワイルドなダンスロックは、激しく踊らずにいれない高揚と衝撃を与えてゆく。落ちサビでは、Nakiと一緒に「フッフーウウ」とハミングしてゆく場面も。「飛び立てるはずさ」、Nakiの歌うその声が、さらに感情を大きく跳ね上げさせた。スリリングな演奏の上で、Nakiが『君のそばで生きていくこと』を歌いだした。「君の側で泣いて 君の側で笑い 君の側で生きていく想い届け」。その生きざまを大勢の「君」が熱く胸の内で受け止めては、舞台上へ真っ直ぐに手を伸ばしていた。
    「もっともっと飛ばしていけますか、一つになろう」。Nakiと観客たちとの絶叫にも似た煽りの風景。昂った感情を一気にバーストさせようと、CREAは『ReBORN』を突き付けた。吹き出したマグマのごとく荒ぶる熱い感情、突き上がる拳を下げるなんて考えられない。つかみかかるように歌い煽るNaki、戦いを挑む姿勢には、同じく野生な感情をぶつけなきゃ失礼だ。何時しか互いに剥き出しの感情をぶつけあい、一緒に熱狂の拳を交わしていた。触れた人の本性を剥き出しにしてゆく興奮こそ、CREAのライブに似合うエンブレムだ。『GO+ON』が流れ出すと同時に、大勢の観客たちが頭を激しく振り出した。負けじと頭を振り、立ち向かうメンバーたち。ほとばしる熱を吐き出さなきゃ身が持たない。ともに拳と絶叫に乗せ魂を燃やし尽くさなきゃ、本気で熱くなんかなれやしない!!。

    「今年からCREAはフリーになり、「自分たちのやりたいように動こう」とメンバー主体で動いてきました。去年まではステージへ立つのがつらくなることもありました。でも、音楽が好きで集まったんだし、自分たちなりに本気で格好いい音楽を目指していきます。最新シングルの『FAKE』は、自分をさらけだし、とにかく前へ突き進もうぜという曲です。『One&Only』は、CREAを支えてくれるファンやメンバーに向けて書きました。だからこそライブの場で、来てくれた一人一人に感謝の気持ちに変えて届けたいなと思います」
    場内に飛び交うAikoコール。
    フロアー中に充満した凄まじい熱狂を優しく包み込むように、CREAは最後に最新ナンバーの『One&Only』を届けてくれた。ストリングスの音色が優しく広がる、美しくロマンチックな香りと愛しい心模様が滲み出る楽曲を背に、Nakiは想いを告白するように歌いかけた。場内には、演奏に合わせゆっくり右手を揺らす人たちの姿も。「生きる力が沸く場所でありたい、喜びあいたい」。ライブという「君」と触れ合う場が自分たちの生きる力や糧となっているからこそ、その想いを大好きな人たちへ、大好きな場を通し直接届けたかった。「かけがえない大切な人よ これから先も側にいて」。その想いを、大勢の人たちが「うん」と頷きながら心の両手で抱きしめていた。
    アンコールの変わりにAikoコールが飛び交う場内。「いろんな方々に支えられて我々はいるんだなぁと思うと嬉しくて」と答えたのは、Aiko。「みんなのいい顔がたくさん見れて、私は幸せです」と語ったNaki。

    アンコールでCREAは、最新シングルの『FAKE』をプレゼント。たくさんの光を集めるように演奏が駆けだした。伸ばした手のその先には、きっと眩しい明日が待っていると願うように、Nakiは「切り開け未来を」と叫んでいた。ふたたび熱を発したフロアーへ、CREAは興奮呼び起こす爆弾を投下。ワイルドでタフな演奏に乗せ、CREAは『GO+AHEAD』を突き付けた。「革命を起こせ ちっぽけな僕が未来を変えてく あきらめるのはまだ早すぎる」、その言葉を彼女たちが突き続ける限り、僕らもまたそその想いの旗のもとに集っていける。
    「オーオーオー!!!」、フロアー中にこだました絶叫。最後の最後に、CREAは『GO MY WAY!』を突き付けた。走り続ける彼女たちを何時も支えてきた楽曲だ。この歌と一緒にCREAはこれまでも走り続けてきたし、これからだって走り続けてゆく。
    「みんなの笑顔に包まれて、最高の日になりました」。何時だってCREAは「自分の道を走り」続けてきた。自分たちの選んだ道を信じ、沸き上がる想いのままに走り続けている。その姿が眩しいからこそ、大勢の人たちがCREAの切り開いた道へ追随してゆく。最後の最後まで「オーオーオー」と共に叫んだその声が、ずっとずっと胸の中にこだまし続けていた。
    音楽へ人生を費やすのは、けっして簡単なことではない。でも彼女たちは、その道を選択し、生きる喜びのすべてを今、そこへ注いでいる。彼女たちの本気を真っ直ぐに受け止め、日々の糧にしてゆく人たちがいる限り、CREAは存在し続ける。その誓いを、この日4人は改めて示してくれた。

    UtaTen

    歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

    0コメント