【→Pia-no-jaC← ライヴレポート】
『BEST OF →PJ← TOUR 2017』
2017年11月5日 at
東京国際フォーラム ホールC

 デビュー10周年を記念した全国ツアーも、いよいよファイナル。前半の第1部のセットリストは、最新作『EAT A CLASSIC 6』の収録曲も含むクラシックのカバーで構成されていた。スタイリッシュなスーツに身を包んだHAYATO(Piano)とHIRO(Cajon)が最初に届けたのはシューベルト「アヴェ・マリア」。遊び心に満ちたサウンドが、明るい手拍子と掛け声を誘っていた。鍵盤〜“3Dピアノ”に蛍光色が映える演出のリムスキー・コルサコフ「熊蜂の飛行」なども届けられ、片時も目も耳も離せない。そして、グランドピアノで温かい音色を奏でたベートーヴェン「悲愴」で第1部は締め括られた。

 組曲『  』からスタートした第2部は、代表曲の数々をたっぷりと聴かせてくれた。“ライヴ前にいつも手を重ねてハイタッチするんだけど、HAYATOの手が柔らかいんです”というHIROの発言が爆笑を巻き起こすなど、時折挟まれるMCも絶好調。“デビューして10周年。言うても10周年。これからもみんなと楽しんでいけたらなと思っています”というHAYATOの言葉が感動的だった。アンコールではHAYATOのソロアルバム『Fine』に収録されている「幻奏」も披露。ラストを飾った「PEACE」は、笑顔を浮かべた観客がいっせいに手拍子。エンディングを迎えた時、会場全体で掲げられたたくさんのピースサインは、→Pia-no-jaC←の10周年を祝福していたと同時に、今後の活動への大きな期待も示しているのを感じた。

撮影:山口比佐夫/取材:田中 大


セットリスト

  1. 【第1部】
  2. 1.シューベルト/アヴェ・マリア
  3. 2.シューベルト/シューベルトの子守歌
  4. 3.モーツアルト/アイネクライネ
  5. 4.リムスキー=サルコフ/熊蜂の飛行
  6. 5.モーツアルト/「フィガロの結婚」序曲〜ヨハン・シュトラウス/美しき青きドナウ
  7. 6.ベートーベン/交響曲 第9番 二短調 作品125「合唱」第4楽章
  8. 7.J.S.バッハ/主よ、人の望みの喜びよ
  9. 8.ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲「四季」より「冬」
  10. 9.エリック・サティ/ジムノペディ 第1番
  11. 10.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」第2楽章
  12. 【第2部】
  13. 11.組曲『  』
  14. 12.台風
  15. 13.残月
  16. 14.花音 〜カノン〜
  17. 15.TASOGARE
  18. 16.花火 〜HANABI〜
  19. 17.ミッキーマウス・マーチ(ミッキーマウス・クラブ)&星に願いを(ピノキオ)
  20. 18.うさぎDASH
  21. 19.Paradiso
  22. 20.「クロノ・トリガー」より“風の憧憬〜FINAL FANTASY「ビッグブリッヂの死闘〜妖星乱舞〜片翼の天使」〜ドヴォルザーク/交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」第4楽章
  23. 21.風雅
  24. 22.METROPOLIS
  25. <ENCORE>
  26. 1.幻奏(HAYATOソロ曲)
  27. 2. Jack
  28. 3.PEACE
→Pia-no-jaC← プロフィール

ピアノジャック:ピアノ担当のHAYATOとカホン担当のHIROによるインストゥルメンタルユニット。グループ名はふたりがそれぞれ担当する楽器、ピアノとカホンを組み合わせたもの。2005年に結成し、08年9月に1stアルバム『First Contact』をリリース。ピアノと打楽器というシンプルな構成ながら、ジャズとクラシックを融合させた音楽性、重厚な力強さと跳ねるような繊細さを併せ持った楽曲で注目を集めている。→Pia-no-jaC← オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。