サザン・桑田佳祐の名曲「いとしのエ
    リー」のモデルは姉だった!?

    日本ポップス界の巨匠!桑田佳祐の名曲
    「いとしのエリー」にまつわるウワサを
    調査!

    しばらく前に中古レコード店で購入したサザンオールスターズ「いとしのエリー」を聴了。1979年リリースの3枚目のシングル。バラードの名曲。今までに何度も耳にしてきてるのに、改めて聴いてもやっぱり素晴らしい。当時の世相を反映した若者ドラマの主題歌に使われたのもヒットした大きな要因。 pic.twitter.com/zA25x5lzY4
    — バイナルテック@プロレスファン (@binaltech0123) October 26, 2017

    大学時代に結成したバンド『サザンオールスターズ』のボーカルとしてデビューした、桑田佳祐さん。独特なハスキーボイスが特徴的で、これまでに数々の名曲を制作してきました。
    今回はそんな桑田佳祐さんの名曲から、1989年に発表された名曲「いとしのエリー」にまつわる、ウワサについて検証!桑田佳祐さんの音楽人生で影響を受けた人物の1人、姉の岩本えり子さんと名曲「いとしのエリー」との関係性を歌詞や動画、ファンの声とともにご紹介します。

    桑田佳祐の姉「岩本えり子」とは?

    桑田佳祐と姉の岩本えり子#ちびまる子ちゃん pic.twitter.com/TWPwlHaaXo
    — くろちゃん✛⃝ (@KUROCKS69) October 1, 2017

    桑田佳祐さんが音楽を始めたきっかけでもあり、影響された人の1人に、姉である「岩本えり子」さんがいます。
    サザンオールスターズの英語補作詞を手掛けていた、姉の岩本えり子さん。12歳でイギリスのロックバンド『ビートルズ』のファンになった岩本えり子さんは、両親不在の家の中で大音量でレコードを聴いており、桑田佳祐さんの音楽人生に影響を与えました。
    岩本えり子さんは1975年からアメリカに移住し、結婚・出産を通じて息子の子育て後、1996年に地元の神奈川県茅ケ崎市に帰国。桑田佳祐さんの音楽活動にも参加していましたが、2008年に末期ガンと申告され、10月19日に死去しています。

    サザンの名曲「いとしのエリー」のモデ
    ルは桑田佳祐の姉だった!?

    『勝手にシンドバッド』、『気分しだいで責めないで』に続く、サザンオールスターズの3曲目のシングル。
    サザンがただのコミックバンドではないことを世に知らしめた名曲。
    レイ・チャールズもカバーしている。
    ふぞろいの林檎たち‥。

    『いとしのエリー』(1979年) pic.twitter.com/xWJGL22vYJ

    — Junya モダマ (@modama360) November 8, 2016
    1979年にTBS系で放送されたドラマ『ふぞろいの林檎たち』の主題歌として起用された、桑田佳祐さん作詞作曲の「いとしのエリー」。桑田佳祐さん自身の結婚式で歌ったことでも知られるラブソングですが、姉の岩本えり子さんも関係していたのでは?とのウワサがあります。

    「エリー」は姉の名前に由来?

    この「いとしのエリー」のモデルが姉の岩本えり子さんではないのか?というウワサあり、ファンの間では伝説的なエピソードとなっています。その理由として、タイトルでも書かれている人物「エリー」の名前が姉の岩本えり子さんの名前をもじったものなのではないか?との説が最も有力です。

    歌詞は感謝の想いを込めたもの?

    「いとしのエリー」の内容はラブソングとなっていますが恋人に向けたものではなく、忙しい両親に代わって幼い頃に自分を育ててくれた岩本えり子さんに向けた家族愛を表現しているのではないか、とも考察されているようですね。また一説では桑田佳祐さんが敬愛するアーティスト『エリック・クラプトン』の名前を略したものではないか、夫人でサザンオールスターズのメンバーの原由子さんに向けたのではないか、などとさまざまな憶測が飛んでいます。

    自身の著書にも「エリー」が登場

    桑田佳祐さん自身は明確なモデルはいないと答えているようですが、姉の岩本えり子さんが2008年に出版した著書のタイトルは「エリー 茅ケ崎の海が好き。」。弟の桑田佳祐さんとの間柄や、その後の人生をつづった自叙伝であるこの本のタイトルに「エリー」が書かれているということは、本人も自身がモチーフになったことを知っているからこそでは?と考察する方も多いようです。

    桑田佳祐の姉がモデル?の名曲「いとし
    のエリー」歌詞や動画をチェック!

    1979年のサザン!「いとしのエリー」がヒットした頃かな!?
    いや~若い!!#サザンオールスターズ pic.twitter.com/EqEJCGWSDy

    — ガンバかずくん (@Kzhryntk01Ida02) September 20, 2016
    桑田佳祐さんの姉がモチーフになったとウワサされる名曲「いとしのエリー」。1度は聞いたこともある有名な1曲ですが、姉の岩本えり子さんへの想いを考察した上で聞きなおしてみると、新たな発見ができるかもしれません!

    歌詞をチェック

    愛する『エリー』に向けたラブソングの「いとしのエリー」。「辛い想いをさせてきたけれど、それでも唯一愛する女性はエリーだけ」というような内容の歌詞は、恋人にも家族へ向けた歌詞にも捉えられますね。

    動画をチェック

    歌詞もメロディーも素敵😌✨ #サザンオールスターズ #桑田佳祐 #いとしのエリー pic.twitter.com/SioKz1MwPr
    — はるちゃん@東京ドーム参戦 (@skbm0815) November 4, 2017

    TBSの人気音楽番組『ザ・ベストテン』に出演した際の「いとしのエリー」の映像です。当時の桑田佳祐さんの姿も初々しいですね!

    桑田佳祐の姉がモデル?の「いとしのエ
    リー」に対するファンの声!

    『ふぞろいの林檎たち』TBS系列で 1980年代から放送。 主題歌はサザンの「いとしのエリー」架空の四流大学を舞台に、問題となっていた学歴差別を背景にして作られた。ふぞろいの林檎は規格に当てはまらない落ちこぼれの登場人物たちを指す! pic.twitter.com/ZK6Zvf3VC1

    — 天神森 (@chanfuruyoko) February 28, 2016
    桑田佳祐さんが姉に向けて作ったのでは?との声もある名曲「いとしのエリー」。実際に曲を聞いたファンの反応を、SNSからピックアップしてみました!

    曲の印象が変わった!

    「いとしのエリー」は弟(桑田佳祐)が姉に捧げた曲らしい。それを意識しながら聴くと明らかに鳴りが違うと思う

    — 蛭子汗塩 (@76elitesolt39) May 5, 2017
    姉の岩本えり子さんに対する曲として聞くと「鳴りが違う」との声がありました。ラブソングとして固定概念にとらわれることなく聞くと、また別の角度で曲の良さに気づけるのかもしれません。

    姉弟を持つ人には気持ちが分かる!

    いとしのエリーは名曲!でも、これはお姉さんのえりさんに歌った曲ってあまり知られて無いんだよな……兄妹、姉弟の居る人はそう思って聴くと何となく気持ちが分かるかも知れない……
    — ユウタ@1/27ユニゾンNHKホール (@yutamizunoytmzn) September 23, 2015

    実際に姉弟を持つ人が聞くと、歌詞の想いにさらに共感できるとの声も。多感な時期を過ごしてきた唯一の姉弟に対して、直接的な愛とは言えないけれど、似た感情を持つという方は多いのではないでしょうか?

    桑田佳祐の姉に対する想いが描かれた?
    名曲「いとしのエリー」

    (出典:Photo ACより)

    サザンオールスターズのボーカリストで、ソロでも活躍する、歌手の桑田佳祐さん。今回は桑田佳祐さんが制作した楽曲の中から、姉の岩本えり子さんがモデルになったのでは?とウワサされる名曲「いとしのエリー」について、ご紹介しました。

    桑田佳祐さんの音楽人生に影響を与えた人物であり、楽曲制作にも参加していた姉の岩本えり子さん。病に倒れ今は亡き人になってしまいましたが、「いとしのエリー」を聞くと、彼女を思い起こさせてくれる曲でもありますね。

    桑田佳祐のおすすめ記事はコチラ!

    LiveFreak

    ライブフリークはJ-POP、J-ROCKの最新ライブ情報を毎日配信中

    1コメント
    • サザン・桑田佳祐の名曲「いとしのエリー」のモデルは姉だった!? #桑田佳祐 #サザン #いとしのエリー https://t.co/RK3llKJl60 https://t.co/nBlwgAtgcj