ヒトリエがwowakaボカロ楽曲「アンノウン・マザーグース」をセルフカバー!配信&サブスクリプション開始!

ヒトリエがwowakaボカロ楽曲「アンノウン・マザーグース」をセルフカバー!配信&サブスクリプション開始!

ヒトリエがwowakaボカロ楽曲「アンノ
ウン・マザーグース」をセルフカバー
!配信&サブスクリプション開始!

ヒトリエのボーカルwowakaが8月に公開し話題を呼んだボーカロイド楽曲「アンノウン・マザーグース」を、wowaka歌唱でヒトリエがセルフカバーし10月22日より、各キャリアおよびサブスクリプションでの配信が開始された。
「アンノウン・マザーグース」の配信が開始

「アンノウン・マザーグース」は、初音ミク10周年を記念したコンピレーション・アルバム「HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album『Re:Start』」(8月30日発売)に収録され、wowakaが約6年振りのボーカロイド楽曲として8月にニコニコ動画、YouTubeで公開。大きな話題を呼び、瞬く間に100万再生を記録した楽曲。公開された動画のクレジットには演奏をヒトリエが担当した事が記載されており、9月11日ヒトリエが主催するツーマン企画『nexUs vol.3』にてライブで披露された事でもヒトリエ楽曲としてセルフカバー化を望む声が多数挙がっていたが、突如として配信がスタートした。
セルフカバーとなるヒトリエver.の「アンノウン・マザーグース」は、初音ミクver.から更にバンド感を増したメンバー個々のプレイをより肉体的に体感できるサウンドと、wowakaのボーカルがメッセージ性をより直接的に訴えかけるヒトリエの新境地とも呼べる楽曲となった。
初音ミクver.にバックボーカルでwowakaが参加した事と同様にヒトリエver.は初音ミクがバックボーカルとして参加しており、wowakaとヒトリエの現在地を指し示す類稀な2曲を改めてチェックして欲しい。
同時公開されたアートワーク
同時公開されたジャケット・アートワークは、初音ミクver.の「アンノウン・マザーグース」際に公開されたサムネイルのアートワークが原色で色付いたインパクトのあるものに仕上がっており、ヒトリエの次なるモードを予感させる。11月からスタートするomote公演・ura公演の2daysで開催され、両日共に通常のリリースツアーとは異なる内容の全国ツアー『HITORI-ESCAPE “2×3”TOUR』でも「アンノウン・マザーグース」が披露されるのか、注目が集まる。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」