Salley&野村雅夫

Salley&野村雅夫

Salley、うららの地元・大阪での初ラ
イブ大成功&うららヒストリー映像公
開!

5月1日集計の有線放送「週間 USEN HIT J-POPランキング」で9位にチャートインするなど、デビュー前から話題となっている男女2人組ユニット・Salley。大阪初となるライブが5月3日行われ、大成功に終わった。
Salleyが出演したのはFM802が主催となり、ゴールデンウィークに大阪府吹田市の万博記念公園で行う「FUNKY MARKET」。毎年約3万人の動員があるフリーマーケットとライブのイベントである。

ボーカルであるうららの地元が大阪府吹田市ということもあり、ライブのMCでは「Salleyの初ライブが、子供の頃からよく遊びにきていたこの万博記念公園ということで非常に緊張してます」とコメント。この日は5月29日に発売となるデビューシングル表題曲やカップリング曲などを織り交ぜながら、「green」「call」「Down by the Salley Gardens」「赤い靴」の4曲をアコースティックセットでパフォーマンスした。

ライブパフォーマンス後は、FM802万博記念公園内特設サテライトブースより、DJ野村雅夫氏が務める番組「Ciao! MUSICA」に生放送ゲスト出演。関西初ラジオ出演がFM802ということもあり、うららは生放送内にて「いつも聴いていたFM802に自分が出演しているなんて、信じられなく、非常に緊張してます」とコメント。番組終了後、DJ野村氏と取り囲むファンと記念撮影を行った。

うららは、この日のライブの感想を「まだまだ課題がたくさん残ったライブとなりましたが、天気もよく、地元大阪の万博記念公園でのライブ非常に楽しめました」とコメントした。

また本日5月4日、ボーカル・うららのヒストリー映像がYouTubeで公開。子供の頃から歌うことが大好きだったうららは、いつしか音楽の道を志していた。大阪の大学在学中、2011年東日本大震災が起こったときは、「今自分に出来ることは音楽しかない」と、両親の反対を押し切り、家出同然で大学を中退。震災1か月後には東京に来て、一人音楽活動を開始した。

ところが、音楽活動は順風満帆とはいかず、まわりの友達が大学を卒業し就職し、一人前の人生を歩んでいく中で、「自分は音楽の道を歩んでいくんだ」と強がっていたものの、気付いたら独り取り残されたような気分で苦しい状況だった。その後、上口浩平との出会いがありSalleyを結成。当時の「孤独な状況の中でも音楽をやめることが出来ないという焦燥感」を、アンデルセンの童話「赤い靴」のストーリーからインスピレーションを得て書いた曲が「赤い靴」だ。

“強がりの中にある、孤独と焦燥”が表現された「赤い靴」を制作した、うららという人物のヒストリーが分かる映像が公開され、Salleyはデビューへ向けて今後ますます話題となりそうだ。

「Salley(サリー)/赤い靴(うらら
ヒストリー1)」

Salley&野村雅夫
Salley

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着