宝塚歌劇団 月組、美と実力を兼ね揃え
    た歴代トップ娘役。その歴史と魅力を
    、まとめてご紹介します!

    宝塚歌劇団月組、歴代トップ娘役

    あー、テストやばいけど、とりあえず目の保養💕#まさちゃぴ pic.twitter.com/VkAfeRF6AH
    — なつき スカピン3/31 (@Natsuki_64_ob) December 4, 2016

    宝塚歌劇団では、二番目に古い歴史がある月組。
    「芝居の月組」と言われるほど、お芝居に定評のあるスターを数多く輩出し、今では組の特徴となっています。
    そんな、宝塚歌劇団月組の歴代トップ娘役は、美と実力を兼ね揃え。男役スターと並ぶほど、人気を集めた方が沢山いらっしゃいました。
    退団後も幅広く活躍されている、宝塚歌劇団月組歴代トップ娘役の歴史や魅力など、まとめた情報を一覧でご紹介します。

    宝塚歌劇団月組、歴代トップ娘役 一覧 
    その(1)

    雲野かよ子・くものかよこ(1942年退団)

    #べっぴんさん 訂正:調べ直すと「六人姉弟でした」姉の鳥居栄子さんは「天津乙女」で宝塚歌劇団の理事へ。若き当時は「宝塚の至宝」と呼ばれ、2014年に宝塚100周年で「殿堂入り」(1980年74歳没)妹は「雲野かよ子」で娘役のスターだった。義妹・悦子さまも、宝塚系の演技だったのね‼ pic.twitter.com/C48CCyeNVq

    — わび@さび (@think_literacy) February 24, 2017

    淡島千景・あわしまちかげ(1947年~1950年)

    淡島千景さんが娘役してた宝塚時代を生きたかった pic.twitter.com/lvB8r47fjt

    — てとらっぽっと (@ononarisandgs) October 29, 2016
    『リボンの騎士』のサファイアのモデルは、月組娘トップ時代の淡島千景さんだと、手塚先生が生前に明言してらして、今またその月組で、娘トップとしても破格の「わざの1号」的な立場にあるように見える愛希さんが、『All for One』のルイ14世の役をやることには、いろいろ交々感慨ある

    — 鷲谷花 (@HWAshitani) September 24, 2017

    初風諄・はつかぜじゅん(1970年12月31日~1976年8月31日)

    初風諄さんがマリーアントワネットの初演で、やはりマリーアントワネットと言えば皆さんがおっしゃる赤のドレス!👗
    と宝塚&ベルばら好きの母が言っていました。
    初演の方はやはり伝説?みたいになるので、初風諄さんのを参考にされると良いかもしれません。 pic.twitter.com/KL1yUeG0zZ
    — なえちゃん@10階のラ/ス/ボ/ス (@tmyfeb6latte) July 4, 2017


    74年初演ベルばらより、パレード。初風諄さん(アントワネット)&榛名由梨さん(オスカル)&大滝子さん(フェルゼン)です。今見ても華やかな舞台。当時この舞台を観た人には、さぞ新鮮に、鮮やかに写ったことでしょうね! https://t.co/RjSf5b8AyE
    — 宝塚動画bot (@zukadouga) October 6, 2017

    宝塚歌劇団月組、歴代トップ娘役 一覧 
    その(2)

    黒木瞳・くろきひとみ(1982年8月1日~1985年9月1日)

    凄いブロマイド出て来ました(^^)#黒木瞳#宝塚少女歌劇#タカラヅカ#宝塚歌劇団 #宝塚 #宝塚歌劇 #草葉達也#オスカル草葉#タカラヅカスカイステージ#花組#月組#雪組#星組#宙組 pic.twitter.com/XKpYpTuqbp

    — 草葉達也の宝塚歌劇研究会 (@oscar4kusaba) September 18, 2017
    あのドラマで糸ちゃんが1番かわいそう…😭
    ちなみにわいが1番好きなのカホコのお父さん🙋笑
    黒木瞳宝塚出身だもんね!自然な演技が凄いよね(´∀`)

    — もぐたそ (@2daime_mogu) August 21, 2017

    こだま愛・こだまあい(1985年9月2日~1990年12月26日)

    #NowPlaying パレード – 月組 '87「ME AND MY GIRL」 by 宝塚歌劇団・剣幸 & こだま愛 on ミュージック pic.twitter.com/l9IrQZSkwx

    — ばう(ナボナ大使) (@rookie616) July 22, 2016
    ラインダンス、こだま愛さん分かった!かわゆい〜

    — おりこ (@hai_122591) October 1, 2017

    麻乃佳世・あさのかよ(1990年12月27日~1995年12月26日)

    宝塚で一番シンデレラストーリーを歩んだのはよしこちゃん(麻乃佳世)だと思う。かなめさん(涼風真世)のファンクラブの一員だった女の子が相手役になり、そのあとゆりちゃん(天海祐希)と組んでゴールデンコンビと言われ、作品にも役にも恵まれた人だった。 pic.twitter.com/HnpcV1pbWM
    — みつき (@Kkket0601) June 17, 2017


    95年麻乃佳世さんサヨナラショー。可憐で、王道の宝塚の娘役にはまりながらも、血の通った芝居をする人でしたよね。 https://t.co/oXug0TwzeQ
    — 宝塚動画bot (@zukadouga) October 5, 2017

    宝塚歌劇団月組、歴代トップ娘役 一覧 
    その(3)

    風花舞・かざはなまい(1995年12月27日~1999年2月7日)

    部屋の整理してたら昔の宝塚グラフ出てきた。

    1996年月組「ミー・アンド・マイガール」 #風花舞 さんめっちゃ可愛いっ♡
    #久世星佳 #宝塚 pic.twitter.com/pAPukMFyBT

    — *nanaco* (@nanaco1006) March 21, 2015
    tangoさんも行かれてるんですか?
    風花舞先生すごく綺麗~っ

    ウルルン本編がみたくなりましたっ。 微笑
    でも
    『セレブレーション100!宝塚』舞台ダイジェスト
    ってと動画みたんですけど…風花舞先生
    みつけられませんでしたっ 汗
    出演はされているみたいですが…汗

    — You (@utau_tanosisa) August 1, 2017

    檀れい・だんれい(1999年2月8日~2001年7月2日)

    宝塚好きの彼女に釣られて見てたらうっかり宝塚時代の檀れいがウルトラ可愛くて惚れた pic.twitter.com/sAhFaIbuZi
    — 山田 (@hide96606403) August 23, 2016


    記憶にある最初の宝塚公演は真琴つばささんだなぁ。檀れいさんが相手役時代の。訳もわからず華美して連れて行かれた、訳がわからないほど素敵な世界だったなぁ。でも子供過ぎて内容とか全然覚えてないんだよね。今思えば子供には勿体なすぎる良席だった。
    — のく太 (@Nock_tan) October 5, 2017

    宝塚歌劇団月組、歴代トップ娘役 一覧 
    その(4)

    映美くらら・えみくらら(2001年7月3日~2004年10月10日)

    映美くらら 紫吹淳 pic.twitter.com/RBIv2CPe8a

    — 90-'00年代の宝塚 (@btkrzouk) May 8, 2016
    02年「長い春の果てに」より、‘世界で一番好きな人’。紫吹淳さん、映美くららさん、大空祐飛さん。 https://t.co/s6ArLPziXD

    — 宝塚動画bot (@zukadouga) October 10, 2017

    彩乃かなみ・あやのかなみ(2005年5月23日~2008年7月6日)

    懐かしい…。彩乃かなみさんの宝塚現役時代✨SoundHorizon Märchenのシスターちゃんですね pic.twitter.com/feujAFOh6O
    — 瑠華@軌跡10/13,27,28 (@ruka6567) March 26, 2017


    マリーアントワネットも見たい〜〜🌹彩乃かなみさん、好き。どうしてこうも日本人なのにフランス革命モノに惹かれるかねぇ(((o(*゚▽゚*)o)))♡
    — 遥@EXCITER (@Can8ari7a) October 5, 2017

    現在の宝塚歌劇団花組トップ娘役・愛希
    れいかにも注目!

    #宝塚 #月組 #珠城りょう #愛希れいか pic.twitter.com/hb44frdP4t

    — 宝塚 月組🌛 応援アカウント (@takaratuki_f) May 20, 2017
    2009年宝塚歌劇団に入団され、月組に配属。
    入団当初は、男役でありましたが2011年に周囲からの勧めもあり、娘役へ転向されました。
    可愛らしい容姿と、なんでも器用にこなす実力から、新人公演やバウホール公演でヒロインを演じられます。

    その後2014年、元宝塚歌劇団月組トップ男役(龍真咲・りゅうまさき)さんの相手役に就任。
    様々な役を演じられ、今では芝居・歌・ダンスと三拍子揃った宝塚を代表するトップ娘役として、月組をまとめ牽引されているのです。
    龍真咲さんの退団後、現在の宝塚歌劇団月組トップ男役(珠城りょう・たまきりょう)さんの相手役を務められています。

    「鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-」「CRYSTAL TAKARAZUKA -イメージの結晶-」

    ちゃぴこたんの女帝感がすごすぎてもうちゃぴじゃなく、愛希れいか様とお呼びしないと失礼なんじゃないかと言う気がしてきた。スキ…(*´꒳`*) pic.twitter.com/JHGaG8g5Sm

    — felicita (@felicitabambina) August 25, 2017
    次回、愛希れいかさんは全国ツアー公演「鳳凰伝-カラフとトゥーランドット- 」「CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」に出演されます。

    「鳳凰伝」は、2002年に宝塚歌劇団宙組で上演され好評を得た作品の再演です。
    愛希れいかさんは、美しい女王トゥーランドットを演じられます。
    当時、(花總まり・はなふさまり)さんが演じられたトゥーランドットが美しすぎると、再演が懸念されていました。
    ですが今回、月組により再演が決定し、愛希れいかさんのトゥーランドットに期待が集まっています。

    【あらすじ】


    「鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-」

    「トゥーランドット」は18世紀の劇作家カルロ・ゴッツィ作の寓話劇であり、宝塚歌劇においては白井鐵造が1934年に作品化、1952年には春日野八千代による再演で話題を呼びました。2002年には、和央ようかと花總まりを中心とした宙組が21世紀版と銘打ち『鳳凰伝』—カラフとトゥーランドット—を上演。脚本・演出を担当した木村信司が、第12回社団法人日本演劇協会賞を受賞するなど、好評を博しました。それから15年の時を経て、珠城りょうと愛希れいかを中心とした月組全国ツアーメンバーが、高らかに愛の力を謳いあげる、壮麗でドラマティックな物語に挑みます。

    (出典:TAKARAZUKA REVU)


    「CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」

    「ショーはイメージの結晶」というコンセプトのもと、“情熱の結晶”“虹の結晶”“夢の結晶”などのシーンで構成した、ダンスを中心にしたエネルギッシュなショー。宝塚歌劇が100周年を迎えた2014年に上演された、明るく躍動感溢れるこの作品を、珠城りょうを中心とした月組が全国ツアーバージョンとしてお届け致します。

    (出典:TAKARAZUKA REVU)
    【公演期間】

    全国ツアー公演:2017年11月17日(金)~2017年 12月10日(日)

    宝塚歌劇団月組、歴代トップ娘役 -まと
    め-

    まさちゃぴデュエットと同じポーズとか悪意を感じるよねw pic.twitter.com/yHkxhMEoFj

    — mïsάσ (@moonprincess_mr) January 2, 2017
    宝塚歌劇団月組歴代トップ娘役の方々は、確かな存在感と娘役としての地位を確立してこられました。
    さらに娘役が中心となる作品や、トップ娘役単独のサヨナラショーなど男役を陰で支えるだけでなく、娘役自身が活躍する幅を広げられたのが、月組歴代トップ娘役の方々ではないでしょうか。

    今回は、宝塚歌劇団月組歴代トップ娘役で活躍された方の歴史や魅力を、まとめて一覧でご紹介しました。
    カリスマ性のある月組から、今後どのような娘役スターが現れるのか、今後も注目したいです。

    宝塚歌劇団月組、歴代トップ娘役の関連記事はこちら

    宝塚歌劇倶楽部

    宝塚歌劇倶楽部は宝塚歌劇の最新情報、公演レビューをお届け

    1コメント
    • 宝塚歌劇団 月組、美と実力を兼ね揃えた歴代トップ娘役。その歴史と魅力を、まとめてご紹介します! #月組 #トップ娘役 https://t.co/sTLokBSGLU https://t.co/gZqOoNLfXG