ほんとうにあったヤバい5曲。一度聴
    いたら抜け出せない中毒的な邦ロック
    バンド

    はいどーも、見習い店長です。今にも何かが出そうな、身の毛もよだつ場所からこの記事をお送りします。

    皆さんは、イヤーワームという現象を知っていますか?
    イヤーワームとは、曲が頭にこびりついて永遠と離れない現象で、何度も何度も頭の中で同じ曲が再生されてしまいます。

    そんなイヤーワームに感染してしまうのは、「中毒性のある曲」を聴くこと。

    うう、怖い。

    今回は、聴くと謎の中毒性を起こしてしまうという噂の楽曲を紹介してみたいと思います。
    聴けば聴くほどハマっていく中毒性ソング。一度ハマってしまえば、飽きるまでその曲を永遠と聴いてしまう…。

    今回は閲覧注意です。(ホラー音楽を紹介する訳ではありません)
    ハマりたくなければ今から紹介する曲を聴かず、退散することを推奨します。

    う、うぅ……。

    あ、頭の中で勝手に…..

    フレデリックのファンは大体中毒から抜
    けられない

    これは僕が初めてフレデリックの「オドループ」を聴いた時のお話です。
    初めてこの曲を聴いた時に一番思ったのは「ボーカルの声特殊すぎでしょ」ってこと。indigo la End川谷絵音氏のボーカルよりも衝撃的。
    ちなみに、全然ハマらなかったのですぐにこの曲消しました。

    しかしこの曲を聴いてから数日後、

    「トゥルトゥットゥッ トゥットゥッ トゥットゥットゥットゥットゥル」
    (イントロのギターリフのつもり)とか、
    「踊ってない夜を知らない…」「たたたたんたたんたんたたんたん」とか、
    オドループのフレーズが何度も頭の中で鳴りまくり。脳内リピートが止まらない。

    気づいた時には、ダウンロードしていました。

    これがなんとも不思議で、受けつけなかった曲なはずなのに聴きまくってしまったんですよ。
    あれでしょうね、フレデリックのファンって大体中毒から抜けられない人たちです多分。

    そのくらい一度聴いたら中毒性があります。

    サカナクションってカッコ良いってより
    も毒々しい

    レトロな音で鳴る中国っぽいシンセフレーズが冒頭から大胆に使われている!と思いきや、
    四つ打ちと共に、ドリフターズを
    割と雑めなゆれるダンスが。ここで鳴ってるシンセのリフ、この曲で何回聴くはめになるんでしょうか。

    昭和という僕の知らない時代のセットを背景の奇妙な洗脳ビデオを見てしまえばもう終わり。
    サビ中に使われる「テイネ テイネ テイネイニ」という呪文が死ぬまで頭から離れません。

    さらに関連動画にある「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」とか「アルクアラウンド」を再生した瞬間にあなたはもうサカナクション中毒者…。これだからサカナクションは恐ろしい(※筆者体験済み)
    サカナクションはカッコ良いって言われることが多いバンドですが、毒々しいの間違えなんだと思うんですよ。
    たしかにカッコ良いんだけど、その前に中毒性の方がすごい。

    頭に残る系楽曲が多いので、そういうことです。

    「ゆらゆら帝国」Vo.&Gt. 坂本慎太郎氏
    とマンボウやしろ氏がそっくりすぎて話

    若い人でも、知る人は知る伝説のサブカルバンド「ゆらゆら帝国」。
    個人的にVo.&Gt. 坂本慎太郎氏とマンボウやしろ氏がそっくりすぎて話題。
    で、問題なのがこの曲。
    邦楽ロック界隈きっての異端児 神聖かまってちゃん。もうこの曲が話題になってからだいぶ時間が経ちましたが、ファンの中では今なお廃れない名曲。

    この曲、聴けますか?

    他の曲よりは聴きやすいんですが、ボーカルエフェクターとか歌い方がちょっと聴き苦しめ。最近の邦ロック界隈の中ではずば抜けて個性的ですよね。
    それでも最後まで聴けたら恐らく、脳内再生してしまうはずです。ゴクリ。

    Vo.の子氏は奇天烈行動のイメージで世間に浸透されてますけど、この曲聴くとほんの少しの子良いヤツかもって思います。

    120万回再生されている脅威の地獄ソング 八十八ヶ所巡礼 「攻撃的国民的音楽」
    ヤバいのきました。

    何かとYouTubeで関連動画に表示されて目立つバンド 八十八ヶ所巡礼。この曲「攻撃的国民的音楽」は、なんと120万回再生されている脅威の地獄ソングです。

    『新しい』のとこの声がマジで耳から離れません。

    助けて….

    mic

    FOOL MUSICが運営する日本最大級の面白い邦ロック専門メディアです。
    邦楽ロックを中心に、最新の音楽情報、音楽紹介、イベントカレンダー、インタビュー、「〜やってみた」などを掲載しています。

    コンセプトは、「邦楽ロックとリスナーの交差点」。
    音楽好きの溜まり場、そして最良の仲間として、より身近に楽しいコンテンツをお届けしていきます。

    0コメント