新山詩織

    新山詩織

    新山詩織が一夜限りの弾き語りワンマ
    ンライブ開催 新曲MVを手掛けた岩井
    俊二監督との競演も

    歌手の新山詩織さんのPREMIUM弾き語りライブ『しおりだけ~ひとり唄~』が2日、東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された。ワンマンライブでのオール弾き語りは今回が初。そして東京公演のみというプレミアムな一夜となった。ゲストに新曲のミュージックビデオの監督を務めた岩井俊二氏も登場、二人でセッションを行った。。

    今回のライブのコンセプトは「秋の夜」。デビュー以来リリースしてきたシングル、アルバム収録曲の中から、コンセプトに合わせながら、弾き語りだからこそ伝わる、伝えたいという楽曲を本人がセレクトして構成された。
    アコースティックギターを抱えた新山さんが登場し、1stアルバムからの楽曲『たんぽぽ』からライブはスタート。ギター一本だけだからこそ伝わる彼女の切なくも力強い声が会場に一気に響き渡る。
    2曲目の『シャボン玉みたいに』が終わると、「今日はひとりだけのライブということでいつもと違う心地よさを感じています。皆さんも友達の部屋で聴いているような感じで聴いてください」と観客に語りかけた。そして「つながりを大事にしたい」というメッセージに続き演奏されたのは、昨年リリースのアルバム収録曲でもある中島みゆきさんの『糸』のカバー。続いて、昨年本人が出演したフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』の劇中歌『恋の中』(作詞作曲:福山雅治)を披露。初めての経験となったドラマ出演を通して広がった表現力をいかんなく聴かせた。
    今回のステージは“灯り”と“光”でも「秋の夜」を演出。曲ごとに、秋の夜長を過ごす部屋の灯りや秋の清かな月明かり、そして星空のイメージが照明によって表現され、ライブ空間を鮮やかに彩っていた。ライブ中盤には、初めての挑戦として鍵盤での弾き語りも初披露。やわらかな鍵盤の音色とともに『Hello』を歌い、アコースティックギターとはまた違ったひとりだけの弾き語りの魅力を見せた。
    そしてアンコールでは、シークレットゲストとして新曲『さよなら私の恋心』のミュージックビデオの監督を務めた岩井俊二監督が登場。新山さんにとっては初めての体験となったというワンカット撮影によるミュージックビデオ撮影時のエピソード等を語ったあと、岩井さんと共にセッションライブを実施。ヴォーカルとアコースティックギターで新山さん、岩井さんはアコースティックギターを演奏して披露されたのはもちろん『さよなら私の恋心』。
    再びステージは新山さんひとりだけの空間となり、最新シングルのカップリンング曲『らくがきちょう』がライブ初披露された。疾走感あるナンバーで、客席も熱もさらに上がる。ラストは2ndアルバムに収録したバラードナンバー『きらきら』でしっとりと締めくくった。
    最後には2018年2月に東京、大阪、名古屋のライブツアーが開催されることも発表された。
    3コメント
    • New post: 新山詩織が一夜限りの弾き語りワンマンライブ開催 新曲MVを手掛けた岩井俊二監督との競演も
    • RT @GirlsNewsTV: 新山詩織が一夜限りの弾き語りワンマンライブ開催 新曲MVを手掛けた岩井俊二監督との競演も https://t.co/wa1LlTLVpY #新山詩織  @niiyama_shiori
    • 新山詩織が一夜限りの弾き語りワンマンライブ開催 新曲MVを手掛けた岩井俊二監督との競演も https://t.co/wa1LlTLVpY #新山詩織  @niiyama_shiori