新作が絶好調のマーズ・ヴォルタは忍
者がお好き!?

“理解するのではない、美しくも残酷なこのカオスにおぼれてしまえばいいんだ!”という強烈なキャッチが印象を残す、実に4枚目のオリジナル・アルバムとなる新作『ゴリアテの混乱』を発売したばかりのマーズ・ヴォルタ。
今週日本先行発売となった今作だが、初動は絶好調で1/22付けのオリコン・デイリー・チャートでは並み居る邦楽の強豪のなか総合14位! 洋楽では2位というチャート・アクションを見せている。特に話題の高音質CD“SHM-CD”とライヴやPVなどの映像が入ったDVD付きで発売された限定盤に人気が集中しており、欲張りなマーズ・ヴォルタ・ファンを狂喜乱舞させている模様。
このSHM-CDは、特別に専用のデッキなどを買う必要もなく、通常のCDプレーヤで再生するだけで高音質を体験できるという優れたシロモノ。特にマーズ・ヴォルタのように楽器の音数も多く混沌とした音も、高音域から低音域まで、よりクリアに、より鮮明に、よりラウドに再現できている。ちなみに、ローリング・ストーンズやエリック・クラプトン、スティーリー・ダン、スティーヴィー・ワンダー、カーペンターズなど、人気旧譜中心に50タイトルを同じく1月23日(水)に発売しているのでコチラも要チェックです。

また、サウンドはもちろん、タイトル、ジャケット、歌詞、キャラクターなど、いつもナゾの多いマーズ・ヴォルタだが、今作の制作のテーマは“ボード・ゲーム”なんだとか。セドリック(vo)によると「オマー(g)がエルサレムに行った時に、骨董品でお土産を買ってきてくれたんだ。そのお土産がボード・ゲームで、ストーリーは恋愛の三角関係をテーマにしたものだったんだけど、三角関係に巻き込まれてしまうと実際の世界でも悪いことがたくさん起きて…。ゲームの中に精神や心が囚われてしまい、まるでバンドが巨大なモンスターにとり憑かれてしまったような状況になってしまったんだ。それがこのアルバムのタイトルの由来になっているんだよ。(ゴリアテとは旧約聖書に出てくる巨人で、西欧では巨大なものという意味の比喩としてよく使われる)その御祓いとして、僕らがこのボード・ゲームの音楽版を作るしかないと思ったんだ。ゲームにはたくさんの詩篇が書かれたりしていて、それも歌詞のように思えて、アルバムの曲中にも登場しているよ」とのこと。
ちなみに、このアルバムのテーマとなったボード・ゲームのマーズ・ヴォルタ・ヴァージョンなのか、海外のアマゾンのサイトではPCでプレイできるナゾのゲームがWebで公開されているので気になる方はコチラも要チェックです。

しかし、アルバムの音は制作の背景とは打って変わってパワフルかつアグレッシヴな仕上がり!! レーベル・サイトでは、地域や局によっては放送禁止になったというイワクつきの最新PVも公開されているのでお見逃しなく!
そんな神秘的なマーズ・ヴォルタだが、大の忍者ファンとのこと。来日時には忍者が出るお店に行き、一緒に写真を撮って大満足だったとか…。やはり、ナゾだらけな彼らなのだ。

アーティスト

タグ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」