デフ・レパード、2018年に『ヒステリ
    ア』全曲プレイ・ツアーを計画

    先週、4枚目のスタジオ・アルバム『Hysteria』(1987年)の30周年記念盤をリリースしたデフ・レパードは、来年、同作をフル・プレイする特別ツアーの開催を計画しているそうだ。
    セックス・ピストルズのギタリスト、スティーヴ・ジョーンズのラジオ番組『Jonesy's Jukebox』にゲスト出演したフィル・コリン(G)は、30周年を記念しツアーはやらないのかと問われるとこう答えた。「やるんだよ。来年になる。ツアー全てを通じ、アルバムをフル・プレイして欲しいってオファーが来てる。ああ、俺らやるつもりだよ」
    デフ・レパード最大のヒット・アルバム『Hysteria』の30周年記念盤は、スーパー・デラックス・エディション、LP2枚、限定盤LP2枚、3CDデラックス、1CDの5フォーマット(日本ではCD5枚/DVD2枚が収められたスーパー・デラックス・エディション)が8月4日にリリースされた。
    彼らはすでに、2018年にはジャーニーとの共同ツアーを計画しているともほのめかしており、ヴィヴィアン・キャンベルは先月、こう話していた。「なにも確定していない。でも、交渉はしている。来年一緒にツアーをやりたいって僕らが話しているバンドの1つは、ひょっとしたらジャーニーかもしれない。でも、計画はそれだけじゃない。僕ら、来年、ビッグ・ツアーをやろうとしているんだ」
    Ako Suzuki

    アーティスト

    BARKS

    BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

    0コメント