【メンバープロフィール】キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)

    待望の再結成を果たしたキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)!

    14年ぶりに復活!KICK THE CAN CREW @KTCC_official @akalittle_ @MCU @KREVA_DrK_dj908 の『 千% 』MV。#Music #KICKTHECANCREW #KTCChttps://t.co/69SLm8TkNT pic.twitter.com/FFDIL4Xrlg — YouTube Japan (@YouTubeJapan) June 20, 2017

    3MCからなるキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の圧倒的な個性とスキルで、ヒップホップシーンに留まらず、日本全国を巻き込む社会現象とまでなりました。
    2001年5月23日にシングル「スーパーオリジナル」でメジャーデビューから2004年6月20日の活動休止までメディアへの出演や記録的なセールスで、日本の音楽シーンに革命を起こしたキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)のKREVA,MCU,LITTLEの3人のメンバーのプロフィールをまとめて紹介していきます。

    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)とは?

    [TV情報]#KICKTHECANCREW 完全復活を受け、ライブ2本OA緊急決定! 25日(日) BSスカパー! 17:00- LIVE 旅人〜STEP IN THE DAY〜 20:15-『908FES.SPECIAL‼︎「カウントダウン大阪」』より、#KTCC ライブOA pic.twitter.com/Fk68Ndbsko — KICK THE CAN CREW_公式 (@KTCC_official) June 19, 2017

    CUE ZEROとともにBY PHAR THE DOPESTで活動しており、国内最大級のヒップホップイベント・B-BOY PARKのMCバトルで前人未到の3連覇を成し遂げたKREVA、アンダーグラウンド・シーンでもその名を轟かせるRADICAL FREAKSのMCU、そしてサポートDJとしてキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)を支えるDJ SHUHOと共にソロMCとして東京を中心にスキルフルなラップで支持を得ていたLITTLEのまるで「ドリームチーム」のような3MCで1997年にキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)を結成します。
    結成のきっかけは初めて3人がコラボレーションした楽曲「カンケリ」で共演したことから始まり、グループ名は「缶を蹴る奴ら」という意味です。
    結成後すぐに「タカオニ/カンケリ」でインディーズデビューすると完成度の高い楽曲と、「キャラ立ち3本マイク」と称される3MC共がキャラ立ち、存在感凄まじいパフォーマンスで話題となります。
    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)としてのメジャーデビューアルバム「VITALIZER」はオリコンウィークリーチャート初登場3位、2003年11月に発売したベストアルバム「BEST ALBUM 2001-2003」はオリコンウィークリーチャート初登場1位、さらに2002年12月31日には、第53回NHK紅白歌合戦に「マルシェ」で初出場、私服での出演も話題になりました。
    さらに国内だけに留まらず、台湾から台湾親善大使を任命、招聘されたり、ニューヨークで開催されているヒップホップ界の最高峰アワード「THE SOURCE HIP HOP MUSIC AWARDS 2003」に日本人初ノミネートされ、アルバム「magic number」がフランス、カナダ、イギリス、キューバのアーティストらの作品とともに「International Album of the Year」を受賞するなど、正に伝説のグループと言っても過言ではありません。

    メンバープロフィール:KREVA

    【#KREVA】6/18(日)TOKYO DOME CITY HALL 一般発売で売切れのため、現在当日券の販売予定なし。 8/19(土)大阪&9/8(金)東京で908FESTIVAL 2017開催!共演:三浦大知 他 先行受付中⇒https://t.co/a3eBPgvuTM pic.twitter.com/1juzDZQIjd — ディスクガレージ (@diskgarage_web) June 16, 2017

    本名:畠山 貴志(はたけやま たかし)
    生年月日:1976年6月18日
    血液型:O型
    身長:178㎝
    出身地:青森県弘前市(東京都江戸川区育ち)
    学歴:慶應義塾大学環境情報学部(SFC)
    所属:KICK THE CAN CREW,FUNKY GRAMMAR UNIT,神輿ロッカーズ
    備考:DJネームは908
    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の大中小の大、グループにおける「頭脳」的な存在であり、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)ほとんどの曲の制作、プロデュースを担当しています。
    MCネームの由来はずる賢いという意味のcleverから取っています。
    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)結成以前は、小学校からの幼馴染であるCUE ZEROと共にBY PHAR THE DOPESTとして活動し、国内最大級のヒップホップ・イベントであった「B-BOY PARK」のMCバトルに1999年から2001年まで3連覇を達成し、殿堂入りを果たしています。
    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)活動休止後、すぐにソロ活動を開始し、セカンドアルバム「愛・自分博」で邦楽ヒップホップ・ソロアーティスト初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得、「愛・自分博」を引き下げたツアー「KREVA TOUR 2006 愛・自分博 〜国民的行事〜」の千秋楽でも、邦楽ヒップホップ“ソロアーティスト”初となる日本武道館公演を果たすなど、様々な金字塔を打ち立ててきました。

    メンバープロフィール:MCU

    昨日の8bit cafeにて@pwei とパシャリ📷 楽しかった💁‍♂️ pic.twitter.com/uoCm28l48a — MCU (@MCU) June 11, 2017

    本名:小泉 雄志(こいずみ ゆうし)
    生年月日:1973年8月1日
    身長:167㎝
    出身地:東京都豊島区巣鴨
    学歴:文京区立第十中学校
    所属:KICK THE CAN CREW,UL,マツリカ,FUNKY GRAMMAR UNIT,神輿ロッカーズ,TRIBAL FRUITS CAFE
    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の大中小の中、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の切り込み隊長がMCUです。
    RUN D.M.C.の大ヒット曲「WALK THIS WAY」のミュージックビデオを見たことがきっかけとなり、MCを志します。
    MCネームはBEASTIE BOYSのMCAと本名である雄志が由来となっている。
    最も影響を受けたラッパーはいとうせいこうで、ラッパ我リヤのQは中学時代の後輩です。
    また、元々はロック好きであり、イカ天世代、THE BOOMFLYING KIDSの大ファンでもあります。
    2002年から開始したソロ活動では、ヒップホップ以外の多数のアーティストとのコラボレーションをしています。
    音楽活動の他、2006年には映画「2番目の彼女」で俳優デビューもしています。

    メンバープロフィール:LITTLE

    今日は誕生日!!お祝いの言葉ありがとうございます。新しいマーチンでスタジオへ! 今日はいい曲が出来そうです。#ドクターマーチン #drmartens pic.twitter.com/lRFdMXssLy — little (@akalittle_) May 7, 2017

    本名:小島 健司(こじま けんじ)
    生年月日:1976年5月7日
    身長:156㎝
    出身地:東京都八王子市
    所属:KICK THE CAN CREW,UL,FUNKY GRAMMAR UNIT,神輿ロッカーズ,GAKUDAN
    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の大中小の小、自称「東京一小さなMC」であり、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)をまとめるリーダーです。
    MCネームは小さいということからRIP SLYMEのPESによって名づけられました。
    元レゲエのDeejay(歌い手)ということを生かしたリズミカルなライミングと固い韻が最大の武器です。
    キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)結成以前、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)のサポートDJのDJ SHUHOとソロ活動をしていました。
    ZINGIおFAMILYであった経歴があり、童子-Tを兄貴として慕っている。
    現在のその優しいルックスから想像しがたいですが、不良キャラ担当でもあります。

    まとめ

    (出典:
    より)
    今回は
    の3人のメンバー、KREVA,MCU,LITTLEのプロフィールをまとめて紹介しました。
    伝説として語られていたキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)が遂に復活ということで、ヒップホップのファンだけでなく日本中の音楽ファンの期待も高まっています。
    新曲や14年ぶりのニューアルバムも楽しみですが、やはりライブに行って生でキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の音に触れてみたいですよね!

    LiveFreak

    ライブフリークはJ-POP、J-ROCKの最新ライブ情報を毎日配信中

    0コメント