Plastic Treeの関連情報

メジャーデビュー20周年“樹念”第2弾作品『雨中遊泳』が完成。
偶然出会えただけ。でも、今いる世界に意味がある――。Plastic Treeが奏でる雨の歌。

2017年、メジャーデビュー20周年を迎えたPlastic Treeが、“樹念”シングル第2弾『雨中遊泳』をリリースする。シングル作品として通算40枚目となる今作の表題曲は、これまでに多くの雨にまつわる楽曲を生み出してきた彼らによる2017年版“雨ソング”であり、バンドの真骨頂とも言える幻想的な世界観のミディアムナンバー。今作リリース直後の6月25日には横浜Bay Hallにてメジャーデビュー日“樹念”再現公演、7月29日にはパシフィコ横浜にて二十周年“樹念”特別公演、さらに9月9日には都内近郊4ヵ所のライブハウスを巡る主催公演が控えるなど、怒涛の2017年下半期をスタートさせるPlastic Tree有村竜太朗(Vo)&長谷川正(B)に話を聞いた。

20周年の一番おめでたいことは継続できたこと(有村竜太朗)

――全20公演の「念力発生」ツアー(3月9日~5月6日)はいかがでしたか?
有村竜太朗(以下、竜太朗):
割と毎年春にツアーをやらせていただいていて、1年の中で一番長く回るツアーという意識もあります。20周年の一番おめでたいことは継続できたことだと思うので、ツアーが今年も継続できたというのは、すごく嬉しいことだなと思います。「念力」という曲が、ライブでまた違う側面を、しかもどっちかというと暴れるというか、楽しく踊れる、エモーショナルな一面を作ってくれた曲だったので、キャリアを積んでも、また新しい時間が作れたということが嬉しいです。


長谷川正(以下、正):
今回軸になった「念力」で、こういうふうになったらいいなと自分の中で思い描いていた景色をファンの人が見せてくれたので、それがまず皆さんに感謝だなという気持ちです。このバンドをやっていて良かったなと思う瞬間がたくさんあったので、非常に良いツアーでしたね。
――東京公演は約15年ぶりだという中野サンプラザでした
竜太朗:
僕らも歴史の長いバンドなので、当然何度もやったことはある会場なんですけど、昭和生まれのバンドなので、あの昭和感が僕は大好きで。自分が立つ前から大好きな会場の一つなので、久々に立って、やっぱり好きだなと思いました。またやりたいですね。

正:
今回のツアーの中で唯一のホールだったので、ライブハウスのカオスな熱気とは違ったものを見せられて、このツアーの集大成のようなライブにできたんじゃないかなと思います。
――来場者に配布された“20周年樹念品”のライトも良かったですよね。
正:「念力発光器」ですね(笑)。スタッフから出たアイディアだったんですけど、結果的に良かったですね。ああいう試みも今までにやったことがなかったし、お客さんがすごく楽しそうに扱ってくれたのが何よりでし

アーティスト

0コメント