【JET SET BOYS】この4人ならどんな
    ことをやっても自然と自分たちらしさ
    が導き出せる

    前作より1年、早くも2ndアルバム『BIRD EYE』が到着! 作品発表やツアーを経て、バンドとしてのさらなる結束や信頼感、グルーブや確固たるアイデンティティーが色濃く表れた今作は、“どんなサウンドやビートに挑もうが、この4人で演ればJET SET BOYS!”。そんなアティテュードを感じさせてくれる。

    1stアルバムを出してツアーを経たことによって、今作ではさらに自身の確固たる音楽性に気付き、それを作品化させた印象を受けました。

    椎名
    おっしゃる通り1stアルバムは“この4人で何ができるんだろう?”から始めましたからね。それもあって、正直言うとかなり手さぐりでした。だけど、ツアーを経て、あまり使うのは暑苦しくて好きじゃないんですけど(笑)、“絆”みたいなものが芽生えた感があるんですよね、この4人に。なので、この2ndアルバムにしても、“こんな感じの作品を作ろう!”といった話し合いも特になく。自然とこの4人で作っていった結果というか。あとは、前作と今作で決定的に違うのは、前作はメロディーやサウンドから先に作り、そこにビートを合わせていたものが、今作では先にまこと(高橋)さんにビートを作ってもらい、その上に俺たちが合わせていったところがあって…。

    では、今作はビート先行で?

    椎名
    そうなんです。より前に出てもらいたかったんですよね、まことさんに。もともとまことさんが僕たちを誘ってくれて組んだバンドだったし。
    高橋
    まっ、俺が叩きたかったビートにみんなが乗っかってくれた感じなんだよね。逆に俺から発信しなくちゃならなくて、“こりゃヤベェな…”ってところはあったけど(笑)。
    tatsu
    それもあり、曲作りやそのまとまりに関しては、それらのビートをもとにセッション的に作っていったものばかりで。
    友森
    そのセッションで作っていく手法も、前作を出して、ツアーを回って、よりバンドとしてまとまったり、相手を信頼できるようになったからこそできた方法論であって。なので、今回はほぼ各曲、2回程度合わせただけでレコーディングに突入しましたから。

    意外でした。てっきり、かなり構築したり練られて作られた作品かと思ってました。

    tatsu
    まことさんのアイデアが尽きない限り大丈夫でしょうって、軽い気持ちで提案しましたけど、実際本人のバリエーション出しは大変だったと思いますよ(笑)。
    高橋
    1回使ったドラムパターンは別の曲では使わないって、変な縛りを自分で作っちゃったもんだから、かなり大変だったよ(笑)。だけど、そこはさすがはこの3人だよね。見事に各曲違った感じに仕上げちゃうんだから。
    椎名
    “まことさん、こういったビート叩けるのかな…”と不安があっても、実際は軽々と叩いちゃってましたから。すごいですよ。
    高橋
    下手ながら40年以上叩いてきたからね(笑)。俺にしてもこれまで叩きたかったけど、あえて叩かなかったフレーズやドラミングを盛り込んだところも多々あるし。

    前作以上にビートが多彩な理由が分かりました。

    tatsu
    自由にやらせてもらいましたよ。世代が違う者同士が揃った良い部分…それこそ個々の世代感やバックボーンを上手く取り入れたり融合させたり。それゆえに、普通じゃないところも多々あるかもしれない(笑)。そこに椎名くんの王道ポップスの歌メロが乗るから面白いところもあるし。

    そのわりに散漫に感じさせないのは、やはり真ん中に1本、80年代J-ROCKっぽさが貫かれているからなのでしょうね。

    椎名
    その辺りは僕のせいじゃないかな(笑)。自分がもともと好きな歌謡曲のあのキャッチ-な部分、その辺りの拭い切れないところが自然と歌メロとして表れちゃってるのかもしれない。

    それゆえの不思議な統一感があるのも事実で。

    椎名
    あるんでしょうね、自分のDNA的に。なので、歌もそうひねり出したり、考えることもなく、すごく自然に歌えました。まっ、この方々と一緒にやれば、誰が歌っても自然とその辺りが出てきちゃうのかもしれないけど。曲によっては歌メロの準備が追いついてないものもあったけど、その際もそんなに不安はなかったんですよ。“この4人ならどんなことをやっても、自然と自分たちらしさが導き出せるでしょ!”って。
    友森
    歌メロは大事だし、聴き手にもしっかりと覚えてほしいからね。そこを大切にしてくれた分、それらを引き立てるようなプレイは意識したかな。

    今回はバンドサウンドとしてのまとまりがありつつ、きちんと各人の演奏にアイデンティティーが見受けられるのも特徴かなと。

    椎名
    その辺りは前作から引き継いで、ミックスを担当してくれた小西さんの手腕が大きいかも。あの方も我々同様、前作を経て、ツアーを経て、今作に臨んだので。彼の“このバンドを今回はこうしてやろう”的なところは表れているかもしれませんね。
    tatsu
    そうそう。今回はメンバー全員でミックスにも立ち会ったし、そこで各々が意見を出し合ったり試したりしながら、時間をかけて完成させていったところもありましたからね。

    リリース後は、ツアーも控えてますね。

    高橋
    俺はかなり死ぬだろうな(笑)。全部、ライヴを前提に作ったから叩けるだろうけど、バリエーションは豊富だし、それこそいろいろなことをやってるから。
    椎名
    まっ、まことさんが自ら出してきたビートなので、それは俺らの知ったこっちゃないというところで(笑)。あとは、よりお客さんも一緒に声をあげられる曲やクラップで参加できる曲、ライヴで完成を見せる曲も多々あるので、より楽しめるし参加できるライヴになると思います。

    最後に今後のJET SET BOYSの野望を聞かせてください。

    友森
    挑んだことのない曲を作りたいよね。“えっ、この4人でこんなのやっちゃうんだ!?”みたいな曲を出して驚かせたいよね。
    椎名
    僕個人としてはこれまでライヴバンドにこだわって作品を作っていたところもあるんですが、ライヴを切り離して、いわゆる作品は作品、ライヴはライヴ、みたいなものも作ってみたいですね。同期や打ち込み、他の楽器を取り入れたり。だけど、ライヴではこの4人だけで遜色なく完結させる曲というか。いっそのことEDMとかやっちゃいます?(笑)
    高橋
    おいおい、また新しい分野に挑戦させるなよ(笑)。まっ、その繰り返しで、やったことのないことも含め、これからも進化していくよ、このバンドは。

    取材:池田スカオ和宏

    アルバム『BIRD EYE』2017年6月14日発売 UNIVERSAL GEAR
      • 【初回生産限定盤(DVD付)】
      • POCS-9164 ¥3,996(税込)
      • 【通常盤】
      • POCS-1593 ¥3,240(税込)

    『JET SET BOYS LIVE TOUR 2017』

    6/25(日) 群馬・高崎club FLEEZ
    7/01(土) 千葉・柏DOMe
    7/07(金) 宮城・仙台MACANA
    7/08(土) 福島・郡山Hip Shot Japan
    7/15(土) 福岡・DRUM SON
    7/17(月) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
    7/22(土) 愛知・名古屋APOLLO BASE
    7/29(土) 東京・恵比寿LIQUIDROOM

    JET SET BOYS プロフィール

    ジェットセットボーイズ:元BOØWYのドラム高橋まことを中心に、tatsu(LÄ-PPISCH)、友森昭一(ex.AUTO-MOD、REBECCA)、椎名慶治(ex.SURFACE)という面々によって結成。今やアナログからデジタルに移行しているさまざまな音楽シーンの中、 その時代、時代で活躍してきたメンバーたち。10年、20年、30年と時を経て、あの頃を懐かしむように互いに引き寄せられた運命。あの頃の匂い、あの頃の衝動、あの頃の少年のように、どんなに年を重ねても色褪せない、変わらない。そんな思いを込めたバンドが、このJET SET BOYSである。2016年6月、1stアルバム『JET SET BOYS』を初リリース!JET SET BOYS オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    1コメント
    • インタビュー公開‼️ 【JET SET BOYS】この4人ならどんなことをやっても自然と自分たちらしさが導き出せる | OKMusic -全ての音楽情報がここに https://t.co/k6d9kipwVv @atomicdrum @Shiinastar #jetsetboys