「“追いピキラ”とかまったく理解で
    きない」! Kis-My-Ft2新曲「PICK
    IT UP」の購買運動をめぐり、ファン
    真っ二つ

    「平和に行こうぜ……」 6月7日に19枚目のシングル「PICK IT UP」をリリースしたKis-My-Ft2。初動の売り上げがわかる店頭入荷日の6日付オリコンデイリーランキングでは、8.6万枚を売り上げ第1位を獲得。第2位が1.5万枚の売り上げということから、週間ランキングでもこのまま1位を獲得する可能性が高そうだ。
     しかし、この結果に危機感を感じるファンが続出。というのも、キスマイのシングルが初日の売り上げで1ケタを記録するのは、なんと2012年3月にリリースした3枚目のシングル「SHE! HER! HER!」の6.5万枚以来、実に5年ぶり。過去には「Thank youじゃん!」(14年12月)、「Kiss魂」(15年3月)が初日の売り上げだけで20万枚を突破していたこともあり、ここ数年の落ち込みが顕著に現れている。
     この事態を受け、ファンの間ではCDの“追加購入”を呼びかける動きが起こり始めている。このような呼びかけがキスマイファンの間で起こるのはこれが初めてではなく、16年8月にリリースしたシングル「Sha la la☆Summer Time」でも、同じような動きがあった。同シングルは、初日売り上げ14.7万枚と好調な滑り出しを切っていたが、同日にシングルを発売した名古屋発のご当地アイドルグループ「BOYS AND MEN」が、キスマイに約2万枚の差をつけて第1位を獲得。この結果は、キスマイファンのみならずジャニーズファン全体に衝撃を与え、なんとしてでもキスマイを週間ランキングで1位にするべく、TwitterなどのSNSを使って購買の呼びかけが行われていたのだ。
     週間ランキングの集計最終日まで、どちらが1位を取ってもおかしくないという状況の中、すでにCDを購入しているファンが、複数枚追加購入する動きが加速。ファンはこれを「追いシャララ」と名付け、「みんなで“追いシャララ”しましょう!」などと、キスマイファン以外にも購入を呼びかけていた。その結果、週間ランキングでは26.7万枚を売り上げ第1位を獲得。ファンの団結によって、キスマイの連続1位記録を死守する結果となった。

    ジャニーズ研究会

    0コメント