M!LK 山﨑悠稀の音の世界
    - 第6回 「メンヘラ」/ミオヤマザキ
    -

    M!LKの山﨑悠稀が、自分の好きな曲から感じたイメージを絵と言葉で描いていきます。

    今回は、ミオヤマザキさんの「メンヘラ」という歌について書きました。
    付き合ってる人にもてあそばれて病んでしまっている人の歌です。

    「あなたが私の事愛してくれてないんだったら 私、もう生きてる意味ないよね いつもいつもあなたを見ててあなたを感じてた 私はあなたと一緒なら死んでもいいって思ってたのに 私を愛してくれないなら…死んで。」っていう所が狂っていて、でも癖になってしまうような曲です。
    「私と別れたあとにあなたが他の誰かと笑ってるなんて絶対に許さない」とか、自分以外となら絶対に許せないって思ってしまうほど好きがいきすぎていて、普通の好きだとありえない「好きだから嫌い」という感情になってしまってるところに魅力を感じました。

    僕は相手がこれくらいメンヘラになるまで愛してくれると萌えるし、「他の人といたら許さない」ってくらい束縛されたら、もっといじめてみたくもなるし、すきーーー!ってなります(笑)。

    実際ここまで愛せる人っているのかな???
    M!LK プロフィール

    ミ!ルク:2014年結成。スターダストプロモーションが手掛ける若手アーティスト集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から選ばれた若手俳優による5人組ヴォーカルダンスユニット。いろいろなものに混ざりやすく、さまざまな形状に変化することのできる“変幻自在”のユニットを目指し活動中。M!LK オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント