【THE MODS】『DRIVE SYNDICATE TOUR』2012年7月28日 at 赤坂BLITZ

    撮影:斉藤ユーリ/取材:石田博嗣

    新作のツアーではないということで、次々と繰り出される新旧さまざまなナンバー。その内容はかなりレアでスペシャルである。「壊れたエンジン」や「激しい雨が」などの人気の高いナンバーを配しつつも、1986年発表のアルバム『CORNER』の収録曲でライヴ初披露となる「WAYS OF THE CHILDREN」や、ドラムのShuがヴォーカルを務めるのも恒例の「RIGHT TIME RIGHT WAY」ではなく、彼が加入する前のナンバー「WAS 17」。さらに今ツアーの会場限定で発売されたチャリティーシングルから、スタンダードとして名高い「what a wonderful world」のカバーもプレイ! その選曲は興味深く、30周年を過ぎても刺激を求め続けている姿がうかがえると同時に、そんなTHE MODSの真摯な姿勢がファンを魅了して止まないことも実感した。キャリアの意味や重さは、実はそういうところにあるのだ。

    セットリスト

    1. BLUE RESISTANCE
    2. 壊れたエンジン
    3. それで満足かい?
    4. 夜のハイウェイ
    5. CIRCUS DRIVE
    6. KISS KISS
    7. HURRY UP
    8. WAYS OF THE CHILDREN
    9. WAS 17
    10. スカでぶっ飛ばせ
    11. WILD SIDE TUMBLING
    12. GOOD FELLOWS
    13. NEED NO MORE
    14. ジャマをするな
    15. 激しい雨が
    16. what a wonderful world
    17. HEY!! TRAVIS
    18. EXCUSE ME, Mr. FUCK
    19. ROCKAWAY
    20. シャレたクツの下に
    21. 不良少年の詩
    22. TWO PUNKS
    23. LONDON NITE
    THE MODS プロフィール

    ザ・モッズ:1981年にアルバム『FIGHT R FLIGHT』でメジャーデビュー。以来、時代に流されることなく、音楽に対する真摯な姿勢を貫き、ファンのみならず多くのアーティストたちにも多大な影響を与え続けてきた。技術や理屈だけでは作り出せないバンド然とした強靭なサウンドと、リーダーである森山の類稀なる歌唱力とカリスマ性が最大の魅力である。 THE MODS オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント