【水樹奈々】『NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 KING’S NIGHT』2011年12月4日 at 東京ドーム

    撮影:上飯坂一/取材:榑林史章

     東京ドーム2デイズの2日目『KING’S NIGHT』は、王冠をかぶりマントをはおった水樹奈々が、城をかたどったセットのてっぺんから空中浮遊で登場する、アクロバティックな演出で幕を開けた。1曲目は「NEXT ARCADIA」。《ようこそ楽園に》や《まさに今始まるストーム》という歌詞が、オープニングにぴったり。“KING’S NIGHTは攻め曲多いよ~みんなついて来てね”。その言葉通り「Silent Blue」「MASSIVE WONDERS」など、前日の『QUEEN’S NIGHT』にはなかったアッパーのナンバーを次々と繰り出す。そんな攻めにファンは休む間もなく手を降り続け、客席は青やオレンジ等さまざまな色のサイリウムで隙間なく埋め尽くされた。ベストアルバム『THE MUSEUM II』収録ナンバーをはじめ、新曲「Synchrogazer」をいち早く披露した他、ラストにはアルパの上松美香をゲストに迎え「SUPER GENERATION-MUSEUM STYLE-」を再現。ベストを超えた最強の選曲に、ファンもきっと唸ったはず。冒頭、気球に乗って会場を回った水樹。そうした演出の各所からは、少しでもファンの近くへとの想いも感じて取れた。実際前半で「深愛」を歌った際は深い表現力で、彼女が差し伸べる手が届きそうで届かない、何とももどかしい錯覚を覚えたほど。また、バックを務める北島健二らのギターから炎が噴き出す演出など、バンドやダンサー陣をフィーチャーしたコーナーもあり、チーム水樹の絆の強さも実感した。“人と人の出会いは運命で、奇跡のようなもの。このライヴは、何年前でも後でもきっと叶わなかった。みんながいる、この時代に生まれて本当に良かった”。2日間で8万人を動員、約8時間、各日26曲ずつ計52曲を歌い切った水樹。この瞬間、新たな伝説が始まりを告げた。

    セットリスト

    1. NEXT ARCADIA
    2. Stay Gold
    3. Silent Bible
    4. MASSIVE WONDERS
    5. 深愛
    6. POWER GATE
    7. アオイイロ
    8. POP MASTER
    9. 7COLORS
    10. PRIDE OF GLORY
    11. Gimmick Game
    12. 迷宮バタフライ ―diverse―
    13. 純潔パラドックス
    14. SCARLET KNIGHT
    15. PHANTOM MINDS
    16. Synchrogazer
    17. ETERNAL BLAZE
    18. Don't be long
    19. ROMANCERS’ NEO
    20. UNCHAIN∞WORLD
    21. Orchestral Fantasia
    22. innocent starter
    23. アノネ~まみむめ☆もがちょ~
    24. Song Communication
    25. Astrogation
    26. SUPER GENERATION-MUSEUM STYLE-
    水樹奈々 プロフィール

    ミズキナナ:声優、歌手として高い人気を誇る。声優としてのデビュー作は1997年のプレイステーション用ゲーム『NOёL〜La neige〜』門倉千紗都役。歌手としては2000年12月にシングル「想い」でデビュー。09年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム『ULTIMATE DIAMOND』で声優として初のオリコンチャート1位を獲得し、11年12月と16年4月には東京ドーム2デイズライヴも大成功に収める。また、NHK『紅白歌合戦』に6年連続で出場するなど、声優アーティストとして名実ともにトップを走り続けている。水樹奈々 オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント