【Plastic Tree】『Plastic Tree 「ゆくプラ くるプラ」振替公演「ゆくプラ きたプラ」』2011年6月22日 at TOKYO DOME CITY HALL

    取材:ジャガー

    始まりはとても静かに訪れた。妖しく、わずかに舞台中央を照らす光の中で繊細な旋律と憂いを含んだ歌声がこだまする。鮮明ではない視界で聴覚を研ぎ澄ますことによって表れる歌の世界観…何気なく触れた途端に跡形もなく消えてしまいそうに脆く感じ、慎重に一音一音を慈しんだ。そんな独自の音楽性で観客をもてなすと、「無人駅」「涙腺回路」では躍動的なバンドサウンドでオーディエンスを煽り、高ぶる感情のままにインスト曲「―――暗転。」へとたたみかける。懐かしい曲と宣言して「エーテルノート」からの後半戦。熱量の高い楽曲に、冒頭の儚さや繊細さは微塵も感じられない。それだけ曲ごとに振り切ることで自己を表現しているのだ。しかし、欠片は各々違う色でもひとつの集合体になった時のパワーは力強い。ライヴを観終えた後のこの充実とした気持ちがそれを物語っている。

    セットリスト

    1. 眠れる森
    2. サナトリウム
    3. 真っ赤な糸
    4. 冬の海は遊泳禁止で
    5. 無人駅
    6. 涙腺回路
    7. メルト
    8. 空中ブランコ
    9. ―――暗転。
    10. ※幕間「土曜プラトゥリ劇場」
    11. エーテルノート
    12. オレンジ
    13. ムーンライト―――。
    14. Ghost
    15. ガガジ
    16. みらいいろ
    17. メランコリック
    18. ツメタイヒカリ
    19. クリーム
    20. 本日は晴天なり
    21. リセット
    Plastic Tree プロフィール

    プラスティック・トゥリー:1993年結成、97年に「割れた窓」でメジャーデビュー。攻撃的なギターロックからポップなものまで楽曲は多彩。有村の特徴的な歌声と文学的な歌詞や独特の世界観で、アーティスティックな美意識を貫く唯一無二の存在として、確固たる地位を確立している。LM.Cや氣志團、清春、MUCCら12アーティストが参加したトリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』を2017年9月6日にリリース予定。また、9月9日には同作リリース“樹念”として親交のあるアーティストが出演するサーキットイベントを開催する。Plastic Tree オフィシャルHP
    ビクターエンタテインメント
    スタッフオフィシャルTwitter
    Plastic Tree オフィシャルFacebook
    Plastic Tree オフィシャルYouTube
    Plastic Tree オフィシャルブログ
    Wikipedia

    0コメント