【Mr.Children】『Mr.Children Tour 2011“SENSE”』2011年5月8日 at さいたまスーパーアリーナ

    撮影:石渡憲一/取材:高木智史

    「花 -Mémento Mori-」の“負けないように 枯れないように 笑って咲く花になろう”という一節や、「Prelude」の“信じていれば夢は叶うだなんて口が裂けても言えない だけど信じてなければ成し得ないことが きっと何処かで僕らの訪れを待っている”という一節。こんなに歌詞のひとつひとつが心に入ってくるライヴは今までに体験したことがなかった。それは決して何度も何度も聴き馴染んできた楽曲だからというわけではない。ここがライヴという生の現場だから。だが、ただ楽曲やパフォーマンスを目の前で披露するということではなく、Mr.Childrenの場合、それは訪れた観客との対話になるのだ。ステージ上をくまなく走り回り、1万8800人と、どんなにオーディエンスが多くなろうとひとりひとりに歌を届けようとする桜井和寿(Vo&Gu)。その結果「名もなき詩」の2番のサビ前に桜井が“ここからが大事な言葉!”と言い、マイクを外すと自然と観客の大合唱が起こったり、ほぼ全曲と言っていいほどシンガロングしていた。また、「ロックンロールは生きている」では激しい音像、シャウトを聴かせ、ロックバンドとしての衝動的な姿を見せる。CG映像、アニメーションを駆使した「シーラカンス ~深海」から始まる中盤のパートなど、やはりMr.ChildrenがJ-POPの、ロックバンドの、エンターテイナーとしての王者なのだと強く思えたライヴだった。そして、アンコールの最後には“希望を数えて生きていく強い力”になればと震災後に作られた「かぞえうた」を披露。この楽曲も、前述のような世に出てから長い年月が経った楽曲もMr.Childrenの歌は今を歌っている。感動と生きていく勇気を与えてくれたライヴだった。

    セットリスト

    1. NOT FOUND
    2. HOWL
    3. 名もなき詩
    4. I’m talking about Lovin’
    5. エソラ
    6. HANABI
    7. くるみ
    8. 花 -Mémento Mori- 9.【es】~Theme of es~
    9. シーラカンス ~深海
    10. I
    11. ロザリータ
    12. 365日
    13. ロックンロールは生きている
    14. フェイク
    15. ポケット カスタネット
    16. HERO
    17. 擬態
    18. Prelude
    19. 横断歩道を渡る人たち
    20. fanfare
    21. Forever
    22. かぞえうた
    Mr.Children プロフィール

    純粋なロック・バンドが、いわゆるアイドルや歌謡曲(Jポップ)のアーティストと同様にチャートを賑わせるようになって久しい。ホコ天バンド人気やヴィジュアル系の台頭などと連動してそういった状況が生まれたと思われるが、Mr.Childrenは着実なライヴ活動で叩き上げられ、トップに昇りつめたバンドである。

    89年に桜井和寿(vo&g)、田原健一(g)、中川敬輔(b)、鈴木英哉(dr)の4人によって結成され、92年に第5のメンバーともいえる小林武史プロデュースによるミニ・アルバム『EVERYTHING』でデビュー。93年頃から徐々に注目を集め、ついにシングル「CROSS ROAD」が120万枚以上のセールスを記録した。以後、日本を代表するロック・バンドとして不動の地位を確立しながら、「innnocent world」(第36回日本レコード大賞受賞)「終わりなき旅」「Sign」(日本レコード大賞・金賞)「GIFT」「HANABI」など数々の大ヒット・シングルを発表。オリコン・シングル・チャートにおいては「innocent world」以降の全シングルが初登場1位を獲得しており現在も記録を更新中である。

    壮大なサウンド・アレンジが光るバンド・アンサンブルと、桜井自身の直情ともとれる歌詞——ポップ感あふれるノリのいいナンバーも、アコースティックが冴えわたるバラード調の曲も、真っ向勝負でかます4人の真摯な姿勢には、ロック・バンドとしての自信と新境地へ向かう勇気を垣間見ることができる。Mr.Children オフィシャルHP(アーティスト)
    Mr.Children オフィシャルHP(レーベル)
    Mr.Children オフィシャルfaceFacebook
    Mr.Children オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント