【Mr.Children】『Mr.Children DOME
    TOUR 2009~SUPERMARKET FANTASY~
    』2009年12月27日 at 東京ドーム

    撮影:石渡憲一 渡部 伸/取材:編集部

    ふと、思う…。結成20周年。Mr.Childrenというバンドが歌い奏でてきた思いに心救われた人って、どのくらいいるんだろう?

     実に4年振りとなるドームツアーも最終日。今ツアーは、HP上に異例と思えるステージセットの大枠をイメージ画付きで公表していた。初のセンター花道が設けられ、その周りがスタンディングブロックである、と。屋内最大級施設のドームでツアーということは、単純に最高峰に位置するアーティストということであり、愛し愛される存在ということでもある。だけど、遠く感じさせない。それが、ミスチルが織りなし紡いできた想いだ。

     心拍音がシンクロしたCG映像と同時に暗転。大歓声を尻目に、アニメ映像に切り替わりスーパーマーケットの中をカゴが走り抜ける。そして、EXITを強行突破。瞬間の静寂、注がれた幾筋ものピンライトの先には花道にひとり佇む桜井和寿(Vo)。割れんばかりの歓声と吐息は、同時に桜井の第一“声”を聞き逃すまいとする緊張感を含み、「声」のメロウなイントロに溶け込む。ある意味静かに立ち上がったが、間奏後に左右100メートル、花道35メートルの広さを無邪気にはしゃぎ突っ走りまくる爽快な姿は、うれしさとともにド派手なステージの全貌を意識させる。“ファンキーに! 最高の夜にするよ”と煽るセリフも勢い余る感じだ。前半戦をこれでもか!と走り続け、「ニシエヒガシエ」では、照明、ビジョンも一段と派手さを増したところで、特効で花火を打ち放つ。そして、解放された心に染み入る「CANDY」で優しくも切なく抱きしめてくれる。

     直後のMCで、ドームの前が後楽園遊園地であることに触れ、“乗り物ついでに見る、なんとかショーみたいに…。シンプルに近くで歌いたい”と、花道に集まりメンバー紹介を交え「Simple」をはじめ3曲を観客と一緒に歌い奏でた。

     終盤戦突入は「fanfare」~「箒星」~走る走る…。観客もゴールを肌で感じて負けじと突っ走る。当然6曲30分ほどは、あっという間に過ぎ去り「終わりなき旅」で本編が幕を閉じた。観客は当然のアンコール待ちで、息を整える。ビジョンが光り映し出される数字の数々。世界の人口~生死~男女比~HIV感染者等々。数字という妙な現実感が身体の動きを押さえていく。だが、最後に救ってくれた数字は、人々が1年間で愛し合える日数「365日」。新曲のタイトルだ。ニクいとしかいえない演出。緊張が解かれた心は、素直に歌声を吸収する。「and I love you」と続き、ラストソングには「GIFT」。愛情、感謝、そして自分と向き合う勇気を贈りドームツアーを締め括った。

    セットリスト

    1. ラヴ コネクション
    2. Dance Dance Dance
    3. World end
    4. HANABI
    5. ロードムービー
    6. 風と星とメビウスの輪8.ALIVE
    7. LOVEはじめました
    8. Monster
    9. ニシエヒガシエ
    10. CANDY
    11. simple
    12. Drawing
    13. 彩り
    14. fanfare
    15. 箒星18.名もなき詩
    16. エソラ
    17. 終わりなき旅
    18. 365日
    19. and I love you
    20. GIFT
    Mr.Children プロフィール

    純粋なロック・バンドが、いわゆるアイドルや歌謡曲(Jポップ)のアーティストと同様にチャートを賑わせるようになって久しい。ホコ天バンド人気やヴィジュアル系の台頭などと連動してそういった状況が生まれたと思われるが、Mr.Childrenは着実なライヴ活動で叩き上げられ、トップに昇りつめたバンドである。

    89年に桜井和寿(vo&g)、田原健一(g)、中川敬輔(b)、鈴木英哉(dr)の4人によって結成され、92年に第5のメンバーともいえる小林武史プロデュースによるミニ・アルバム『EVERYTHING』でデビュー。93年頃から徐々に注目を集め、ついにシングル「CROSS ROAD」が120万枚以上のセールスを記録した。以後、日本を代表するロック・バンドとして不動の地位を確立しながら、「innnocent world」(第36回日本レコード大賞受賞)「終わりなき旅」「Sign」(日本レコード大賞・金賞)「GIFT」「HANABI」など数々の大ヒット・シングルを発表。オリコン・シングル・チャートにおいては「innocent world」以降の全シングルが初登場1位を獲得しており現在も記録を更新中である。

    壮大なサウンド・アレンジが光るバンド・アンサンブルと、桜井自身の直情ともとれる歌詞——ポップ感あふれるノリのいいナンバーも、アコースティックが冴えわたるバラード調の曲も、真っ向勝負でかます4人の真摯な姿勢には、ロック・バンドとしての自信と新境地へ向かう勇気を垣間見ることができる。Mr.Children オフィシャルHP(アーティスト)
    Mr.Children オフィシャルHP(レーベル)
    Mr.Children オフィシャルfaceFacebook
    Mr.Children オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント