【Plastic Tree】『メジャーデビュー
    15周年樹念「Hide and Seek」-追懐公
    演-』2012年12月28日 at TOKYO DOME
    CITY HALL

    撮影:横井明彦(Deep-End)/取材:土内 昇

     デビュー15周年を締め括る、1stアルバム『Hide and Seek』の追懐公演。ドライな音で尖ったビートを刻むドラム、輪郭がはっきりとした音を弾く存在感のあるベース、時にノイジーな音の壁を作り上げる繊細なギター、そんなサウンドに画を描くように言葉を落としていくヴォーカル…15年前に12色の絵の具で描いていたものを、改めて48色で描き直すようなステージ。隠れていた表情や情景、深みや艶が浮き出てきたと言える。さらに、深海の中を漂うような浮遊感に浸った「水葬。」とパンキッシュでヒステリックな「ねじまきノイローゼ」の振り幅を含め、プラトゥリの可能性の種がここにあったことも実感した。また、UKロックやシューゲイズ、アートロックのDNAだったり、それを受けて生まれたバンドの核が垣間見れたことも特筆すべきところだろう。

    セットリスト

    1. 痛い青(Rebuild)
    2. エーテルノート(Rebuild)
    3. 割れた窓(Rebuild)
    4. クローゼットチャイルド(Rebuild)
    5. スノーフラワー(Rebuild)
    6. トランスオレンジ(Rebuild)
    7. まひるの月(Rebuild)
    8. 水葬。(Rebuild) 
    9. ねじまきノイローゼ(Rebuild)
    10. Hide and Seek
    11. Sink
    12. ロケット
    13. トレモロ
    14. 讃美歌
    15. ツメタイヒカリ
    16. <ENCORE1>
    17. 鳴り響く、鐘
    18. 真っ赤な糸
    19. <ENCORE2>
    20. Ghost
    Plastic Tree プロフィール

    プラスティック・トゥリー:1993年結成、97年に「割れた窓」でメジャーデビュー。攻撃的なギターロックからポップなものまで楽曲は多彩。有村の特徴的な歌声と文学的な歌詞や独特の世界観で、アーティスティックな美意識を貫く唯一無二の存在として、確固たる地位を確立している。LM.Cや氣志團、清春、MUCCら12アーティストが参加したトリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』を2017年9月6日にリリース予定。また、9月9日には同作リリース“樹念”として親交のあるアーティストが出演するサーキットイベントを開催する。Plastic Tree オフィシャルHP
    ビクターエンタテインメント
    スタッフオフィシャルTwitter
    Plastic Tree オフィシャルFacebook
    Plastic Tree オフィシャルYouTube
    Plastic Tree オフィシャルブログ
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント